2009/11/02

買い物は・・・・

もう11月になってしまいましたね。
先週は「友情確認週間?」
パスポート更新に行きながら 友人に頼まれた買い物を渡したり、
針仕事つながりの久し振りの友人とは あの話、この話と尽きず地元の刺繍店をハシゴ。
他の日にも別の友人と何時間もおしゃべりを。
こんな時間が一番楽しいですね。

今は円高で海外で買い物をするには良いチャンス!
でも、あちこちのブースを歩いても あまり欲しい!という物が見つかりません。
密かに「あれがあったら買っておこう」と思う物は見つからないし・・・・
という訳で買ってきたものは 主に日本ではまだ売っていない?ものを重点に。

買い物

1. フープでキルティングしていると、方向を変えるのに 「エイッ」とフープを回します。
   これはフープを回さずに キルティングできる 「親指用シンブル」
   右の絵で使い方が判りますが、中指にはいつものシンブルもすると便利と。
2. ハンド・キルティングの時、針をキルトから抜くのに指先がすべり取りにくい時があります。
   そんな時用の 「ニードル・プラー」
3. ボビン状に巻かれている 下糸用糸の新色。
   いちいち下糸を巻かないでいいので便利です。
4. 以前ご紹介したミシン「フェザー・ウェイト」用ボビンケース (予備として)
   そのボビン (これはmimiさんにいただきました。 ありがとうございました)
6. オーガンジーなどに両面接着紙を貼ると 表面に透けてしまいますが
   極薄の表に透けない両面接着紙
   布を下においてみると その薄さが判ると思います。
7. ミシンで刺繍やサテンステッチをする時に 安定紙を使い、後で剥がしたり
   水で溶かしたりしますが、そのままに出来る安定紙。 
8. 一緒に行った知人に買おうかしら?というと大笑いされた「マルチ・フレーム・キット」
   普通のミシンで簡単にロングアームのような使い方が出来るパーツです。
   いいんだもぉ~~ん!  これ、’01に行った時にも見ていいなと思っていたんだから。
   彼女によると、このおじさんはあちらでは有名な作家なので 信頼は出来ると。
   いつか、これを使ってキルティングした作品を見せてやるぅ~~~~~!

以前 ご紹介したこのミシン、日本ではパーツが手に入りません。
ヒューストンで伺った日本のキルト作家さんのお宅で このミシンの話になると、、、、
彼女もお持ちとか。
それも生まれた歳に製造された物を手に入れられたのだとか。 
私のは53年製。  これからは歳をサバ読んじゃおうかしら?
見せていただくと 綺麗なケースで取説も新品同様。 
私のアメリカ→インド→日本と渡って酷使されたものと大違いです。
ボビンも手に入らないとお話すると、何処でも売っているからと彼女は手持ちをくださいました。
そこで、会場でも見つかるかもしれないと気をつけて見て歩くと、、、
そのミシンもあちこちのブースでデモの為に立派に働いているし、
ミシンやパーツを売っているブースもあり 
「ボビンケースを探しているんだけど」というと 「ああ、あるよ」と簡単に。
日本ではミシンも毎年新機能の高価なものが売り出され、
次々と新型に買い替えていく多くのキルターが居ると聞きます。
でも、1930年代に作られ始めたこのミシンがアメリカで現役で生きていることに驚き、
古いものでも大切に使う人たちに 文化の奥深さを感じました。
これが 今回の一番の収穫でしょうか?
>>続きを読む
Houston 2009 | Comments(6)
2009/10/30

追っかけ! ヒューストン4

お宅訪問1

さて、今度は地元のキルト・ギルドの議長さんだった方のお宅訪問です。
前の方の輪を掛けて立派なお宅で ダイニングだけでも我が家の1階より広いかも?
床は大理石でわざわざボーダー状に大理石をデザインした拘りよう。
ご自分でもキルトをなさるし、赤ちゃんを産んだばかりのお嬢さんもなさいます。
アーティストとしてのキルト製作ではなくて、アメリカのキルターの多くがそうであるように
家族のためのキルト作りを熱心になさっています。

ご主人のお母様、お婆様の作られたキルト、亡くなられた方の家を片付けるときに買った物、
勿論、ご本人が作られた物、お嬢さんが作られた物と。。。。
広い寝室で クィーンサイズのベッドが小さく見えます。

お宅訪問2

まだまだ・・・・・・・・・・・・まだまだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・まだまだ・・・・・・・・・・ありました。

一体何枚くらいお持ちか伺うと 「70枚くらいかしら?」
まるで トラディショナルキルトの本を見ているようです。
お作りになったキルトの中には キルティングは頼んだ物も何枚かあるそうですが
それにしても 精力的に作られています。
広々としたキルトの部屋、クロゼットの中も綺麗に片付き・・・・・はぁ~~~~~~

リビングのあちこちにもキルトがあり、猫ちゃんの寝床にもキルトが・・・・・・
もう、見せていただくのも疲れて 写し疲れました。
Houston 2009 | Comments(6)
2009/10/27

追っかけ!ヒューストン 3

かぼちゃ

キルトの集まりでは 自分の作ったキルトを見せながら 作ったいきさつや感想を話す
「Show & Tell」というプログラムがあります。
このブログのカテゴリーに 「Show & Tell」を設けたのも そのそういった意味合いから。

今回はミシンキルトで有名なアーティストのお宅、地元のキルト・ギルドの議長をなさった方の
お宅を訪問し、ステキなキルトを見せていただきました。

ショー&テル1

キルト好きな方なら 一番下の作品やご本人でどなたかはお判りになりますね。
彼女は何処を見てもいいわよ、とご夫婦の寝室のクロゼットの中まで見せてくださいました。
初めて作ったキルトから ミシンを買って初めての作品、マイケル・ジェームスのクラスで
作った物等々、楽しい解説を混ぜながら未発表の作品まで!

その上、彼女は整理整頓好き。
という事で 家の中のあちこちはまるで インテリア雑誌のようで・・・・
>>続きを読む
Houston 2009 | Comments(6)
2009/10/23

追っかけ! ヒューストン 2

お待ちかね!
はよ、展示作品を見せて!とおっしゃる方に。。。

家に戻って写真の整理をしてみると、満遍なく写そうと思っていたのに 
写っていたのは 目に付いた好みの作品ばかり・・・・
っと言うわけで トラディショナルは殆どなく、日本の方の作品もなく、
独断と偏見の作品紹介となってしまいました。
(トラディショナルのハンドの部門は入選者の8割方が日本の方でした。)

作品1

詳しくご覧になりたい方はこちらの「Special Exhibits」をクリックし、
黄色い文字の部分をそれぞれクリックなさると 各部門の入賞作品等がご覧になれます。

おまけ・・・・・マ、展示された証拠ということで。
作品2
一番下の作品は 撮影×のブースでしたが、自分の作品なのでと了解を得て、、、、
どれも ボケていますね。
Houston 2009 | Comments(2)
2009/10/19

追っかけ! ヒューストン 1

キルトフェスティバル

テロのあった2001年の秋、急にヒューストンに行くことになりました。
現地3泊。 と云っても夜遅く着き、早朝発ったので、正味2日の弾丸トリップ!
その割には精力的に動き、吸収し、その後のキルト人生が変った記念の旅でした。

その翌年からほぼ毎年入選して展示されているのに行った事は無く、
今年は珍しく3点が展示されることになったので この春はホテルをチェックしたり、、、、、
でも、ロンドンに行くことになったので 諦めていました。

ロンドンから帰って1週間ほどしたころ、、、
知人から 「ヒューストン行かない?」 「う~~~~~~~ん、、、、、、いいよぉ」
先立つ物をなんとか工面して、イザ成田へ~~~~

知人の予定に合わせて オープン数日前には到着。
現地にお住まいの日本人アーティストのお宅をお訪ねして 
スタディオや素晴らしい作品の数々を拝見し 感動。
簡単に「感動」などと言う言葉は日頃は使わないのですが、
その見事さは後日 ミニチュアキルト部門の一位になったことでも納得です。
表彰式では 現地のキルトギルドの仲間達が大歓声、私も歓声をあげてしまいました。

ミニチュア 1位
 クリックして ご覧ください。 
 30x30cmの大きさにこの緻密なミシン!
 私とは対極の作品です。
 これを拝見しただけでも 
 行った甲斐があったというものです。


>>続きを読む
Houston 2009 | Comments(14)
2009/10/16

グランプリ

1255658164-P2009_1014_195909.JPG
ファラートさんの作品です。
何人もの日本人が受賞なさいました。
今夜はキルトに絡んだ家族の歴史をテーマにした音楽劇をみにきています。
英語がわからなくても何となく想像です。
Houston 2009 | Comments(4)
2009/10/12

マーケット

1255347787-P2009_1012_063108.JPG
一般公開の前に業者向けに公開され商談があちこちで。
そのカタログに見たことあるものが、、、、
ネットがどこで使えるかまだわからないのでコメントを頂いてもレスができません。
ごめんなさい。
Houston 2009 | Comments(5)
2009/10/12

ヒューストンへ

1255275842-P2009_1011_094729.JPG
ダラスの空港のトイレです。
これをみると アメリカに来たと実感。
これからヒューストンに行きます。
ショーは15日からですが、その前に色々と。
未体験ゾーンを覗きます。
Houston 2009 | Comments(0)
 | HOME |