2017/11/10

炬燵掛け

炬燵掛け 1

二つに分けてしつけをしたキルトをキルティング
中央をトップ、キルト綿、バックとそれぞれ繋ぎ
その部分をキルティング
ボーダー部分を繋ぎ、キルト綿も繋ぎ、残りのキルティング
と、計画通りに進め、順調に出来上がりました (^^♪
ただし、あくまでも計画通りということで
仕上がりは う~~ん、ちょっと満足という訳には行きません。
小物以外では数年振りのミシンキルティングで 針目はヨレヨレ、ガタガタ。
今の私の実力ということで 勘弁していただきましょう。

3畳用のホットカーペットに広げると ほぼ一回り小さい大きさです。
出来上がり 220x165cm です。
これが全部在庫で出来てしまったことに 我ながら驚きです。
それほど減ったとは思えませんが 減ったと思うことにしましょう。

炬燵掛け2

>>続きを読む
ショー&テル (タペストリー) | Comments(2)
2017/10/30

一挙両得

炬燵掛け

まだ炬燵布団を出している頃だったので 今年の春先だったでしょうか?
友人が我が家に来たとき 炬燵の上掛けを見て「家にも作って」
(これは在庫整理にちょうどいい♫)と快諾。
「家のは大きいわよ」
確か、長方形だったのは覚えていますが大きさまでは・・・

そこで 後日炬燵布団のサイズを聞くと、なんと 240x190!
これは ダブルベッドのカバーとほぼ同じサイズです。
ドームのパートナーシップキルトの大きさが240x200なので 
大体想像がつくと思います。
上掛けなので 一回り小さくていいと思うのですが それでも お・お・き・い。

正直、困りました。
こんな大きなキルトをミシンキルティングしたことがありません。
我が家のミシンは家庭用で アーム部分が狭いのです。
一番薄いキルト綿を使い、分割もし、、、、
と言って あまり分割すると その後が面倒だし、、、、
あれこれ悩んで 2分割にしました。

炬燵掛け 2

この状態でそれぞれにキルティングを始めました。
エ? キルト綿が足りない?  裏布が大きすぎる?
はい、中心部をおおむねキルティングしてから 繋ぎ、
キルト綿を足し、ボーダーを付けて、キルティングをするつもりです。
出来るだけ 嵩張らず、そして面倒でない程度にと 考えました。

実は 始めは違うデザインを考えていました。
え~と、縫い代を付けて あ~してこ~して・・・と考えているうちに
「あ! もっと楽に作れるじゃない!」と思いついて 
必要量の布をカットし、ブロックを縫い始めたら 最初のデザインと違っていました!
でも、始めてしまったので 得意の 『マ、いいかっ!』



>>続きを読む
ショー&テル (タペストリー) | Comments(4)
2016/08/15

みんな夢があった

みんな夢があった 1

昨日、今日と少しは凌ぎやすいお盆休みです。
連日新聞の一面はオリンピックで
やれ誰が金だの、銅だの、メダルの数を数えたり・・・
勝ち負けは時の運、成績は本人の努力の結果というのは
全く運動には縁のない人間だから言えることなのかもしれません。
銀や銅をとっても 喜べず、金を取ることが至上命題だなんて お気の毒。
それに金を取るのが当たり前ということは ほかの国の選手に対して失礼と思うのですが
マ、ほとんど興味のない私が言うのも 失礼なので
関係者の方々、聞き流して 読み飛ばしてくださいませ。

オリンピックより楽しみだったのが もちろん甲子園!
われらが神奈川代表は強豪横浜高校!
1回戦は難なく勝ち進み、数日後、さて2回戦はいつかなぁ~~と速報を見ると、
ナ、ナ、ナント! その日に終わっておりました。 それも負けて。
何たる不覚。  私の夏は終わりました。

TVでは Uターンラッシュを 一般道と高速とどちらが早く目的地に着くか?なんて
毎年同じことを。
その企画をしなければ 少なくとも数台は減ると思うのですが、、、。
はい、これも読み飛ばしてくださいませ。

去年の今頃から作り始めたキルトです。
一度UPしたのはこちらで。 
完成作品は ドームで展示して頂きましたので ご覧になった方もいらっしゃるかと思います。

キルトを作ると、完成してからタイトルを考える方が多いかもしれませんが
私の場合は 作り始める時にはタイトルはほぼ決まっているということが多々あります。
これもしつけをした段階では タイトルが決まっていました。
藍染の大風呂敷は中央に薄く紋が残っているので 店先の日よけだったのかもしれません。
学童疎開の時に使われた物なので 
親元から離れ、寂しさやひもじさに耐えていた子供たちもきっと 家に帰れたら、
戦争が終わったらと、、、 「みんな夢があった」。
なので一見、花火のようですが これは子供たちそれぞれの夢の積りです。
18日からアメリカ東海岸で開かれる”World Quilt New England" で展示されます。

みんな夢があった 2

拙い英語で上記のことをコメントにしました。
本土を攻撃されたことがない国、絶えることなくどこかで戦争をしている国の人たちは
どんな感想を持たれるのでしょうか。

今日は終戦記念日。

ショー&テル (タペストリー) | Comments(2)
2016/08/07

お蔵入り?

スタンドフープ

数年前に作り始めたタペストリーはボーダーで肩が凝ったので中断していました。
今年、急にその気になってボーダーの続きを作り、トップは完成!
裏生地を用意し、キルト綿を重ねてしつけをし、キルティングをスタート。
ここまでも 順調という訳でもなく
数えきれない位に作ってきたキルトなのに
今まで何気なくしていた手順を忘れて 後になって縫い直したり・・・。
手の痛みも良くならず、ネット友も心配して ラベンダー軟膏を送ってくれましたが
キルティングをすると 右手の親指、人差し指の関節が痛むので
少しは前進したということで クロゼットに戻っていただくことにしました。
う~~~ん、このところ視力もグ~~ンと落ちたようだし、これが 加齢?

マ、気を取り直してほかの事でもしましょうか。

>>続きを読む
ショー&テル (タペストリー) | Comments(6)
2016/07/26

お初!

MIRO

梅雨明け間近と言われる関東地方ですが この数日は涼しい毎日です。
今日も午後から雨模様でしたが 涼しい。
ず~~っと この気温だといいのですが そうは行かないでしょうね。

下で「腱鞘炎か?」と思われた親指の痛みは
経験した方から 「それは腱鞘炎です」と断言されてしまいました。
数日湿布をして手を休めるといいとのアドバイスだったので
家にある湿布があるだけ毎日貼り、う~~ん、少しは良くなったかしら?

30分針を持っては 30分手を休めて本を読むつもりでしたが
1時間、2時間と本を読む時間ばかりが増え、読書だけが捗りました。
遅々として進まないものの 何とか自分の中での段取り通りには進んでいます。

作っているのは数年前にトップの中央部分だけ出来て途中になっていたもののボーダーです。
肩が凝って放り出していたのですが 作りかけを片付けようと。
途中で糸が残り少なくなり 近所のミシン屋さんに買いに行くと 色が合うのはこの糸だけでした。
「MIRO」と言われても ねぇ~ 見たことがございません。
#60や#90はよく使いますが この糸は#80で初めてです。
ショー&テル (タペストリー) | Comments(4)
2015/08/19

70年前・・・

70年前 1

お盆休みも終わり、日常の生活に戻りましたね。
とはいいながら、、、我が家はいつもと変わらず 行くところもなく、来る人もなく。
労働者諸君は電車が空いてるといいながら出勤。
私はといえば お盆前に食糧の買い出しを済ませ、 後は籠城の日々でした。

今年は敗戦後70年で メディアでは例年に増して 終戦特集が目立ちました。
そこで私も 数年前、義兄が実家の蔵を整理した時にくれた大風呂敷を思い出し、
今年こそ キルトにしようと。

70年前、義兄の弟さんが学童疎開するときに使った物のようです。
義兄は学徒動員で家にはいなかったので詳しい事は聞けませんでした。
あちこち傷んでいたので つぎを当て、
そちらを上にして キルティングしようかと迷う程でした。

70年前 2

つぎ当てには古いカタン糸を、
裏もテーブルクロスで使い古したシーチングとよれよれの大風呂敷を利用。
しつけを終え、ボチボチと高校野球を見ながら 刺しています。

>>続きを読む
ショー&テル (タペストリー) | Comments(2)
2013/12/01

♪ もみの木 ♪

もみの木 1

12月に入ると 毎年のことですが気持ちはなぜか焦り始めますね。
暮れもお正月も時間が経過して一日過ぎるだけなのに 
一年の区切りと気負ってしまうのでしょうね。

さて、、、、
前回UPしたコタツ掛けで 切り落とした50cm。
どうするのかとお考えのことでしょうね。
ハイ、捨てたりはいたしません。

玄関の下駄箱の上が40x80の大きさ。
グリーンと赤があると ちょうどクリスマスカラーのイメージなので
この季節にちょうど良いかもと。
そこで 両端のピースを一列づつ取り、ボーダーも取り、角も取り、
キルティングとパイピングをして ハイ、出来上がり!

クリスマスならもみの木とトナカイだとばかりに
あちこちにキルティングで入れましたが 
これはトナカイではなくてヘラジカと間違いに気が付いたのは後の祭り。
エエ~~ィ! トナカイのいない国ではきっとヘラジカだわと勝手に解釈することに。

もみの木 2

ツリーも出して、 ワンコとニャンコも並んで クリスマスの準備完了!



>>続きを読む
ショー&テル (タペストリー) | Comments(4)
2013/11/28

目的外使用

目的外使用1

エ、エェ~~ッ!  キルトを切ってるの!
ハイ!  切っちゃいましたぁ!
じぇ、じぇ、じぇ~~っ!

と言ったところでしょうか?

アメリカ人の友人から1mにもならないキルトトップを貰ったのは10年以上前のこと。
手持ちの布を足して大きく、170x220 のベッドカバーサイズにしてからも10年。
ついにキルティングすることにしてしつけをしたのが '11の9月のこと。
そのとき、少しキルティングをして腰を痛め ピンを付けたままお蔵入り。

今回出してきて、 中央部を50cmほど切り落としました。
中央部にしたのは キルティングしてあるところを避けたため。
また両端部を繋いで キルティングして 170x170に。

家族のベッドカバーは足りているし、
締め切りも目的もないものは 作る意欲が湧いてこないので
思い切って 使用目的変更です。

コタツ掛け

ハイ、コタツ掛けに化けました。
とりあえず、未完成作品が1つ減ったことを喜ぶことにします。


ショー&テル (タペストリー) | Comments(4)
2013/05/28

撤去作業

撤去1

昨日で三軌展も終了しました。
ご来場くださった皆さま、本当にありがとうございました。

最終日は3時まで公開で その後は撤去作業です。
今年は撤去要員だったので お昼頃には六本木に行き、
サントリー美術館の「もののあわれと日本の美」をさらっと見て、
国立新美術館の「カルフォルニア・デザイン」を楽しく見て
会場で閉場を待っていました。

私達の仕事はキャプションをとり、フックとワイヤーを取り外して 数を確認。
それだけ。
あとは業者の人達の仕事なのですが 
大量の洋画から始まるのでなかなか捗りません。
ただひたすら ボーッと待っているのも疲れます。
最後に何もなくなった会場の広いこと!

撤去

火曜日は美術館は休館日で 本来は搬出の日なのですが
今年は京都展に選ばれたので 受け取りに行く必要はありません。
ただ、展示しているうちに重みで糸が伸びてしまい ゆがんだので
手直しに行って来ました。

午前中は地元の水彩画教室です。
駅の東口と西口を結ぶ地下道に展示スペースがあるのですが
明日から1週間展示されるので 今日は先生に最終チェックをしていただきました。
その荷物を駅のロッカーに入れ、2時間かけて 六本木へ。
途中の乗換駅で一人ランチをし、美術館の地下倉庫でこちょこちょと手直し。
30分もしないで終わり、また2時間かけて帰宅しました。 
あぁ~~ 疲れたけど これですっきり!
さて、明日から何を作りましょうか?
今は開放感一杯です。
ショー&テル (タペストリー) | Comments(4)
2013/05/21

『明日の朝は』

before & after 1


六本木の国立新美術館での三軌展もスタートして1週間になります。
初日、2日目は日光に行き、3日目の17日は一日お当番でした。
去年の展示のとき、気になる展示のされ方だったので
今年も心配で メンバーになったのを幸い、「展示の手伝い」を申し出ました。
そうすれば 希望の展示が出来ると目論んだのですが
こちらの意は通じず、「展示は人手が足りているから 撤去のときにお願い」と。

17日の朝、ドキドキしながら見に行くと アッチャ~~~!
壁のピクチャーレールから直に掛けられているのは我慢するにしても
上の画像のように本来離して欲しいところが詰まっています。
これじゃ、やだぁ~~~!  と叫びたいところを我慢して・・・・
会場内の事務所に行き、きょろきょろ
何をしていたかというと 何か長い棒を、、、と。
柄の長いほうきを見つけて それでズ、ズ、ズズ~~ッとずらしました。

上の画像は図録からで 初日の前に撮影するらしく、しっかりついています。

昨日はネット友たちが見に来てくださるというので 
夕方に出向き、その後近くの居酒屋で夕食を。
冷酒を頂き、うにの土鍋ご飯等々、、、、とても美味しい食事でした。
(デジしたのですが 暗いテーブルだったのでどれもボツでした)

昨日は雨にも関わらず 何人かの知人が来てくださったようです。
皆さま、改めてありがとうございます。

明日の朝は

追記
京都で開かれる「関西展」に展示されることになりました。
7月30日(火)~8月4日(日) 京都市美術館 別館
暑い最中ですが お近くの方はお出掛けいただけると嬉しいです。


>>続きを読む
ショー&テル (タペストリー) | Comments(0)
 | HOME | Next »