2017/09/02

断捨離の余禄 2

ジーンズ 1

9月に入り、秋の気配が色濃くなりました。
と言っても まだまだ暑さはぶり返すのでしょうねぇ~。

娘の断捨離、成長の記録がサイズでよくわかります。
一番細いのは学生時代、一番大きいのはつい最近の物です。
今回は一番大きなダメージジーンズをリメイク!
あちこち穴が空いた物をわざわざ買わなくてもと思うのはすでに年寄り?
ベルト通しが取れたとき、直してと言われたので
ついでに継ぎも当てておいてあげると親切に言ったのに断れました。 アハッ
中袋を付けるのだからそのままでも・・・と思いましたが 一応塞ぎました。

ジーンズ 2

ジーンズの形そのままに、と思うとあちこち縫い目を解かなければいけません。
さすが 丈夫が信条で解くのもなかなか骨が折れます。
ファスナーはシンガポールで買ったジャンポファスナーをやっと使いました。
でもよく見たら YKKでした。

娘の断捨離も形を変えて残れば これは断捨離と言えるのかしら?
まだ何かが作れると 残ったジーンズも捨てられないし・・・フ~~ム?
>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(4)
2017/08/25

断捨離の余禄

ジーンズ リフォーム

娘2の断捨離もいよいよクローゼットの奥、古い服の処分となったようです。
学生時代のジーンズ、就活のスーツ・・・ そんな物をまだ取ってあったの?
ゴミ袋に入ったものを漁って使えそうな物を拾っておきます。
これではまるでホームレスのおじさんと同じ?
それに 使えるかも?と拾っては置き場所が変わるだけで家の中の総量は変わりませんね。
とりあえず 形を変えてみました。

ジーンズリフォーム 1

あまり私の作った物に興味を示さない娘2が 「可愛い!」
「使う?」 「うんッ!」 
喜んで使ってくれるならうれしいことです。

でもこれではジーンズの生地を使ったというだけで 面白くありません。
そこで・・・・・


>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(0)
2016/08/21

コインケース

コインケース 1

お盆も過ぎたのですが 暑い毎日ですね。
毎年のことですが どこにも行かず家籠りなので 食品が尽きてしまいます。
乾物を整理するいい機会と、缶詰や乾物をあれこれと利用して 生き延びました。

キルトのレシピや本の整理をしていると ファイルの奥にしわになったコピーが。
何年も前に友人がくれたレシピで、その時に見本も見せてもらったことを思い出しました。
私は小物は苦手ですが 5x3,5 の見本生地もあったので
のんびりとちくちくと 手で作ってみました。
何時もなら じれったくてすぐミシンで縫ってしまうのですが 何しろ「時間つぶし」?

いつも感心するのですが レシピを書く皆さんはとても丁寧で手取り足取り。
つくづく 私には向いていないと知らされます。

レシピ道り作ってみましたが こういうコインケースは使い勝手はどうなのでしょう?
 
コインケース 2

蓋に「ヘリ止め半月マグネット」というのを付けようと思っていますが
これはとりあえずピンでとめた状態です。


>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(2)
2016/05/25

空き家対策

いと

長い間ご無沙汰しました。
体調を壊したわけではありませんが 雑事で忙しくしてPCを開かない日も。
心配して遠方の友人からメールがあったりして 
あ、これは私の生存証明なんだわ! なんて気付かされました。
もう止めようかな?と思うときも時々ありますが
これからは ご迷惑とも思いますが
そこそこ生きていることをたまに発信していこうと思います。

そんなころ、ネットの友人からお声を掛けていただきました。
その方のお知り合いが空き家になっているご実家でカフェを開くとか。
そこで小物を置きたいというお話で カフェの名前が 「いと
まぁ、なんてステキな名前なんでしょう!
「人と人を繋ぐ糸」をイメージされたそうです。
織り、編み、縫う、繕う、、、、、と糸へん大好きの私と赤い糸?

時間がなかったので ほとんどは手持ちの小物ですが
置かせていただくことにしました。
私以外にも何人かの方の作品を置かれるようです。

昨日24日がオープンでした。

カフェ いと
東京都世田谷区宮坂3-6-1
営業日   火・水・木・金
営業時間 11時~15時


お近くの方 お時間がありましたら覗いてくださいませ。

私も姉の住んでいた空き家に時々風を入れに行っていますが
正直な処、だれも住むあてのない家が悩みの種でもあります。
うまく活用できるアイディアがあるといいのですが。


ショー&テル(小物) | Comments(6)
2016/05/05

3連?

三連ー1

もう少しマットを作って裁ち落としを整理しようとしたら
15年も前、ヒューストンに行ったときに飛び込んだWSで作ったトップが出てきました。
気に入らなかったのでそのまま形にしなかったのでしょうね。

3つのパートを繋げてタペストリーの積りだったようですが
それをばらして 3枚のマットにしました。
一枚の大きさはちょうどランチョンマット!
このまま 壁に掛けてもいいし、ランチョンマットにしてもいいし、
繋げて足ふきマット?
マ、とりあえずのキルティング

matto

壁にピンで留めてみましたが 一見、花札のようにも見えますね。
雑にキルティングしたのでちょっと周りがたわんでいますが
これは後で手直し・・・・。
余り使わない糸も使って、僅かですがあれこれ減ったと思うことにしましょう。



ショー&テル(小物) | Comments(2)
2016/05/02

365連休

ランチョンマット

GWも今日は中休み。
カレンダー通りの我が家の労働者諸君はブツブツ言いながらのご出勤です。
世間では有給をとれば10連休とか言われていますが
時給や、日給で働く人には恨めしい連休ではないでしょうか?
私は?といえば 毎日が日曜日、365連休でございます。

混雑しているときに外出するほど大事な用事もないので
久し振りに端切れの整理をしました。
裁ち落とし用の引き出しには10cm、7㎝四方に切ったもの、
3㎝、5㎝幅の短冊状に切ったもの、そのままのもので一杯です。

そこで7㎝の四角を4㎝に切り、2パッチに、 残りで3パッチに、
細かいピースで4パッチにして ランチョンマットを一組。

ランチョンマット2

これはあの時に買ったもの、これはあれを作った時の布とどれも思い出します。

え? 上の画像の一枚がない?
はい、あまりに安直なので取りやめ、また何かに使おうと引き出しに戻しました。
僅かですが 少しは、ほんの少しは減ったと思うことにします。





>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(2)
2016/04/19

亀田縞

亀田縞1

亀田縞というのをご存じでしょうか?
新潟に元禄年間に生まれたそうですが 戦後の洋装で衰退し、
10年ほど前に復活したそうです。
手縫いにするには少し硬いような木綿ですが
作業着として着るには丈夫で 何度も水を通るうちに馴染むのだと思います。
その亀田縞をいただいたので バッグを作ってみました。
 
清張が好きだった私には 「砂の器」に出てくる”カメダ”が印象に強く
ア、ここだったのか!と少々感動してしまいました。

亀田縞2
>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(6)
2016/03/30

骨董市

骨董市 1

数日前、北区にお住まいの友人のご案内で 
赤羽近辺、浦和の骨董市を探索してきました。
若い頃、品川まで通勤するのに京浜東北線を利用していましたが
その終点が 赤羽、浦和、大宮・・・。
なので とても遠い印象を持っていましたが 
今では 湘南新宿ラインで1時間強の日帰り旅行気分?

赤羽のイタリアンでランチ、ぶらぶら散歩のあと
浦和の調(つきのみや)神社境内で開かれていた骨董市へ。
日の出から開かれているので ランチ後にのんびり行ったのでは
店じまいの時間帯!

地元の龍口寺でも毎月骨董市がありますが
在庫整理の毎日では 目の毒。
ということで ここしばらくはご無沙汰でした。

今回も イカン、イカンと思いながら 買ったのは上の3点。

骨董市 2

半幅の帯がまだ何本もあるというのに、、、、。
さて、この片口は何をいれましょうか?    ワクワク
ショー&テル(小物) | Comments(2)
2016/03/10

帯でトート

帯でトート 1

去年の秋、母の博多帯でトートを作りました。
それを見たキルトの先輩のKさんが「もっと簡単に作れるわよ」と。
それは パッチワークでは四角繋ぎを斜めにしたバッグのバリエーション。
ふ~~む、これなら作れるかな?

半幅の帯が沢山あるので 試してみました。
つまりこれは まねっこバッグとでもいいましょうか?

帯でトート 2

左の2点はポケットを付けましたが 
グレーの博多帯のバッグは 残布でポーチを作りました。
どれも 帯1本を使い切り、 すっきり ♬
まだ 独鈷の帯が何本かあるので そのうちに・・・・。
そんなに作ってどうするの? 


>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(2)
2015/10/20

母の帯

博多帯

20年近く前に亡くなった母は献上博多帯が大好きでした。
近くの呉服店の売り出しや、九州旅行に行くとそのたびに買っていました。
自分の物だけではなく、娘や婿殿にまで。
母というと いつも半巾の博多帯を貝ノ口に結んだ姿を思い出します。
実家を整理した時に姉たちに着物と一緒に分けようと思ったら
声を揃えて 「要らない」。

そのうちに何か形にしようと思いながら 月日が過ぎ
今週姉3がランチをご馳走してくれるというので 急いで作りました。

博多帯 2

芯に帯芯を利用、ついでにポーチも作りました。
中袋も古い着物で赤味で少し若さ(?)を。

キルト教室をしていた頃、サンプルのバッグが貯まると 姉たちに進呈。。
ところが、、、、、後がうるさい!
持ち手が長いとか、短いとか、中のポケットの位置が、、、とか、
ショルダーがいいというので付けてあげたら
「主人がひったくりにあった時 大けがをするっていうのよ」
皮の持ち手を付けたら 夏は汗をかくから皮はダメ! (夏に使うな!)
友達にも作って!

半世紀以上の付き合いなので 何を言われても反論せずに馬耳東風に徹しています。
何しろ、反論すればその反論は倍になるし 引き下がりませんから。
心の内では(二度とあげない!)
でも、これは母の帯なので仕方がないと思っていたら 
今朝、ランチはドタキャンされました。  
チャン、チャン・・・・・。
ショー&テル(小物) | Comments(3)
 | HOME | Next »