2017/08/06

ワイワイ・北海道 2

北海道 3

切干大根が大好きです。
味の染みた大根の煮物も好きですが 切干しには敵いません。
出先で美味しそうな切干大根を見つけるとまず買います。
右の2つは数年前に札幌に行ったときに 
札幌駅のどさんこプラザで見つけたものです。
甘くてコクがあり、生の大根とは別物でした。
その頃、ネットで探したのですが見つからず、
札幌の友人にお願いして送っていただいたこともあります。

今回、友人に久し振りに会うのも目的でしたが
密かに これを見つけるのも大きな目的でした。
札幌駅のどさんこプラザに行くと、
ほかのお土産物など目もくれずに乾物のコーナーに。
本当は駆け出したい気分でしたが そこはさりげなく・・・・。
ありました!

でも記憶にあるラベル(右)と売り場のは(左)違うのです!
あらら、、、前のは「厚岸産」だったのに・・・・。
これは見た処は同じようだけどおいしいのだろうか?
見つけたら買い占めようと企んでいたのにィ。
取り敢えず数個に留めておきました。

北海道から帰宅し、早速煮てみると 美味しい!
あ~~ぁ、やはりもっと買ってくれば良かった。
数日してキッチンの引き出しを捜すと 
出てきたラベルには「厚岸」ではなくて 「厚沢部」と。
あちゃ~~! 得意の記憶違い!
行く前にこのラベルを見つけておけば良かった。
何しろ、帰って来てからガイドブックを読むような性格なので。
でも、いいのです!
今度はサイトを見つけました♪
いつでもネット注文出来ます、 イェーイ✌
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(0)
2017/08/03

ワイワイ・北海道 Ⅰ

北海道 1

カナダから帰宅して10日あまり・・・北海道に行ってきました。
お昼頃、新潟からフェリーに乗り、小樽には翌日早朝4時半に着き、
札幌、小樽と温泉に二泊、ちょこっとWSをし、また小樽から船中泊で新潟へと
暇だけはある年金生活者でなければ取れないコースでした。

地中海クルーズとはいきませんが 3月に就航したばかりのフェリーは
中はホテルのよう、大浴場や露天風呂もあり、飽きさせない工夫も様々に。
小樽では地元の人が行く市場でまず朝食、
20年前に行ったことのある鰊大尽の別邸、水族館と行き、
札幌で友人と待ち合わせて 友人の地元の温泉に。

北海道 2

東京、新潟、札幌の友人ですが いつもネットで繋がっているので
久し振りの感じがしません。
ペンギンの遠足を見て、いくらたっぷりの小樽丼を食べ、
ブラブラ運河を歩き、遠い記憶にあったランプのカフェを見つけ。
鰊御殿のしゃちほこはしゃちではなくて船の帆なんですよ。
針の合間に・・・ | Comments(2)
2017/06/09

高齢者の生活

藍染展

いよいよ関東地方も梅雨入りしたようですね。
昨日のはっきりしない日に多摩川を超えて お江戸まで行ってきました。
目的は 以前藍染を教えていただいていた先生から展示会の案内を頂いたので。
場所は虎ノ門、なんと1,2年前に姪が東京勤務だった時に住んでいた処の隣?
5人の作家さんのそれぞれ個性のある作品が魅力的でした。
皆さん、すでに結構なご高齢とか・・・・。
もちろん、私の先生も。
ちょうど同じ時間にいらした方もご主人を「老々介護」だとかで
朝食を食べさせて急いで来られて そそくさとお帰りになりました。

その後は恵比寿に映画を観に。
主役のシャーリー・マックレーンが好きなのです。
今ではイギリスのTVドラマで 伯爵夫人の実家のお母さん役で時々登場。
いかにも、といったアメリカの成金の奥様を演じています。

永年先生をしていた女性がご主人を亡くされ
5万ドルだったはずの保険金が保険会社のミスで「500万ドル!」
親友とカナリア諸島に豪華な旅行をするのですが・・・

先日の映画も、今回も高齢者を元気な高齢の俳優さんが演じています。
超高齢社会の日本だけのテーマではなくて 世界が抱えているのだと思いますが
この頃は高齢者を主人公にした映画をとても目にするような気がします。
それにしても日米の高齢者の元気度の違い?をまざまざと見せられました。
この映画、関東地方では恵比寿でしか上映していないようで
わざわざ見に行くのも、、、と思っていましたが いいタイミングでした。
お昼にガーデンプレイスで食べたかき揚げ、10cm近くあって(@_@)
もちろん、食べきれませんでした。

藍染展 (6/7~13) ・・・ アトリエヤマガタ 虎ノ門3-21-5
針の合間に・・・ | Comments(4)
2017/06/07

リベンジ成る

横浜美術館

先月 休館日と知らずに無駄足を踏んでしまった横浜美術館にもう一度行きました。
JRはしばしば人身事故などで遅れるので早めに待ち合わせ場所に行きましたが
友人たちの姿は見えません。
こういうのが一番不安なんですよね。
日にちを間違えた? 時間を間違えた? 昨日確認のメールをすればよかったかしら?
友人たちとは時間ぴったりに出会え めでたく美術館に。

明治初期に西欧から入った洋式の生活、服装、
また欧米に行った日本の風俗。
特に服装はコルセットでぎゅうぎゅうに締め付けられた欧米の人たちにとって
緩やかに体に巻き付けた着物、アンシンメトリーなバランスが新鮮だったようで
横浜の商店から多量の絹地、豪華な刺繍が施され仕立てられた服が輸出されたそうです。
また日本の図柄に影響されて作られた欧米の服やカラトリーなど
とても見ごたえがありました。

今回はモンサンミシェルのスフレ・オムレツがランチです。
オムレツは草鞋ほどの大きさがあったので 恐れをなし
半分ほどの大きさのオムライス・プレートにしました。
オムレツは半熟どころか ほとんど「アワ.。o○」
口の中で溶け これならあの大きいのでも行けたかな? と内心。
いやいや、歳を考え、コレステロール値を考え 自重せねば、、、。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2017/05/19

お土産

ベトナム・バッグ

アメリカを拠点にして仕事をしている姪が東京出張だったので 先週末に会いました。
先日作ったこぎんのペンケースを渡し 彼女からはベトナムのお土産を受け取ることに。
まるで お土産交換会?
上がそのお土産ですが 仕立ての丁寧さに驚きました。
外の布は持ち手でも分かるように目の粗い木綿ですが 中袋は帆布でしっかりしています。
それだけではなく、 ファスナーの付け方です。
ポーチのように付けると バッグの口にファスナー金具が見えてしまいますが
これは少し下にファスナーを付け、
むき出しになるファスナー布部分は綿テープで押さえ、隠してあります。
認識不足かもしれませんが このように仕立ててあるものを見たことがなく 感心しました。

アジアのお土産というとちょっと粗雑?なものが多いようなイメージですが
中々どうして。

お土産2

土曜日は雨の中、銀座であちこちとショッピング。
街はとある国の方々の多いこと!
爆買いは収まったと聞いていましたが 聞こえてくるのは〇国語ばかり。
ゆりかもめで豊洲まで足を延ばしましたが 目的の物はなくこの日の予定は終了。
翌日は六本木方面!
またあっち・こっちと歩き廻り、 食べて、飲んで、買い物をして
一日目は15,000歩、二日目は12,000歩でした。
月曜日はもちろん、グッタリでした。

画像はアメリカのアーティストが作ったブロンズのシンブル。
姪は私の好みを良く知っているので つい「おばちゃんに・・」と思ってしまうのだとか。
いい傾向です (^_-)-☆
六本木でエネルギー補給をしたあれこれ。
針の合間に・・・ | Comments(2)
2017/03/20

食べ合わせは?

お彼岸

この3連休は毎日好天気であちこち花は咲き、お出掛けには最良の日でした。
今日も日中は18℃と コートも暑いくらい。
娘たちと護国寺、麹町とお墓参りのハシゴをして、楽しみはその後の食事!
今日は四谷三丁目の鰻屋さんへ~
ここはいつも法事の時に仕出しを頼む店なのですが 店には初めて。
子供の頃は 道の反対側にあった鰻屋さんに行ったのですが
先日の法事の時にご住職に伺うともうないとか。
ウフフ… 美味しかったでぇ~~す。

その後はすぐ近くのたい焼き屋さんへ。
行きに路地を覗いたときも行列でしたが 食事の後に行っても やはり行列!
1時間近く並んだでしょうか?
一つは店であつあつをいただき、あとは持ち帰り~。
皮がとても薄くて香ばしく、しつこくない餡が尾まで 『びっしり!』
並んだ甲斐がありました。
マ、おはぎの代わり?
針の合間に・・・ | Comments(2)
2017/03/13

はとバスに乗って

はとバス 1

袋田の滝です。
素晴らしいですね、マイナスイオンがたっぷりですね。
ゴーッという音が聞こえてきそうですね。
でも、これはネットから借用した画像で・・・・・昨日はこんな感じでした。

はとバス 2

素晴らしいですね、謙虚で奥ゆかしくて、チョロチョロという音が聞こえてきそうですね。
嫌じゃ、いやじゃ、こんなの嫌じゃ! と言ったところで 
このところ続いている乾燥注意報では仕方がありません。
雪解け水も期待するほどではなかったのでしょう。 
こんなお姿が見られて ラッキーと思うことにしましょう。

例年、この時期は逼塞状態なのですが
今年は1月中頃から外出を控えていたので 点眼薬が朝晩だけになったのを幸い、
ムズムズとして 娘を誘ってはとバスに。
45年振りでしたが 期待していたバスは黄色ではなく、がっかり。
8時に池袋を出発して最初に着いたのがこの滝。
日本三名瀑の一つで 冬には氷瀑も有名です。


>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2017/03/11

油壷へ

横須賀駅

久し振りの横須賀駅です。
駅舎は立派ですが ホームは1本、それも片側は車止めがあり、
上下線とも片側で併用と、立派なローカル駅です。
どこにも階段がなく、ホームの柱はレールで珍しいのだとか。
20年以上前に姉1が来た時、「昔(戦前のこと)と変わらないわ」と言いましたが
今もあまり変わっていません。
駅舎を出るとすぐ脇が海で 左は自衛隊総監部、右は米軍基地で
右も左も見えるのは 灰色の軍艦、潜水艦です。

どうしてここに来たのかというと・・・
友人とのランチにお迎えを頼んだのです。
手術後の点眼薬もやっと朝晩だけになり、外出もできるようになりました。
でも、視力が落ち着くまで新しい眼鏡を作ることも出来ないので
運転ができないのです。

油壷

マリーナが目の前の絶好のロケーションです。
レストランのほか、陶芸、吹きガラス、染色の工房もあり
それらの展示即売もされています。
三浦半島は右も左もキャベツ畑。
即売所でキャベツを買って また横須賀駅まで送ってもらおうと思ったら
なんと家まで送り届けていただきました。 
暖かい日差しの中で 久しぶりに思い切りお喋りをして 楽しい一日でした。
その上、手術のお見舞いと「ゴチ」になってしまいました。


>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2017/02/07

二度・・・目

二度目

先週 右目の手術が済みました。
白内障の手術をしたというと ほとんどの方が
「綺麗に見えるようになったでしょう?」
経験をされた方からは
「顔のシミやしわがよく見えて すぐにパックを買いに行ったわ」とか
「家の汚れがよく見える」とか聞きました。
でも、、、幸いにも手術後もシミ、しわはよく見えないし、家も。。。(^_-)-☆

手術前の医師の説明によると・・・
白内障は50代から始まるが 目の周りから白濁していく人は
自覚するまでに長い年月が掛かり、気が付いた時には進んでいる。
そういう人は 手術後は著しい変化があるが
瞳から白濁していく人は 早い段階で自覚し、
その時期に手術をすると あまり変化は感じられない、とのことです。
私は後者の方なので 今急いで手術をする必要もないが
延ばしたからと言って好転することはない と言われました。

1年ほど前から 煩わしく、視力が急に落ちたことから 眼科に行ったので
それを改善するために手術に踏み切りました。
そういえば、母は「文庫本が読めるようになった」と喜んでいましたが
姉1は「あまり変わらないわ~」と首を捻っていました。
そういうことだったのかと 医師の説明で納得しました。
 
手術前に 靴下を編み始めたのですが
苦手な踵で躓いてしまい、中断です。
去年、友人から輪針で 両方一緒に編めると聞いて 一度試してみようと。

このところ、時代小説を読んでいましたが 佐伯様も、上田様もほとんど読んで
じっくりともう一度読んでみたいとこの本を読みました。
学生時代 この方の作品ばかり読んで 
もちろんこれも読んで一番印象に残った作品です。
作品に登場する少女の名前が気に入って 
『将来結婚して女の子が生まれたら この名前にしよう』と。
10年程経ち、女児を授かって 夫に「この名前を」と言いましたが 即、拒否!
今となれば
「名は体を表す」というか、「この親にして・・・」というか 付けなくてよかった。




針の合間に・・・ | Comments(8)
2017/01/20

手術

手術

スワッ! 丹下左膳か政宗か?
いいえ、 こんな太った剣豪はいないと思いますよ。
パンパンですね、ハッハッハ。
昨日 白内障の手術を受けました。
手術と名の付くものは4年生の盲腸手術以来です。
今日の術後の診察で目隠しは取れました。
昨年の春ごろから 左目が煩わしくなり、視力が落ちていました。
眼鏡を変える前にと眼科の診察を受けると 何と! 白内障と!

しばらくは人混みに行ってはいけないとのことで 
昨日から始まったドームでのキルトショーも今年はパス。
本も針仕事もお休みということで
刺しかけていた「紋入り亀甲」も途中です。
これは去年か一昨年に発売されたグラデーションの糸ですが
クロスステッチでグラデーションをいかすのには
刺し方をすこし考えないといけませんね。

眼を閉じて休ませているのが一番と 落語のCDを借りておきました。
昭和30年代に録音されたもののリマスター版です。
子供の頃にラジオから聞いていた懐かしい声です。
これを聞くと この頃の落語家さんは早口だと感じました。

でも、何もしないで時間を潰すのも 辛い。
針の合間に・・・ | Comments(6)
 | HOME | Next »