2008/03/30

後のまつり

とかくこの世は儘ならぬもの、とは云うものの、なんでやねん!

私は白い花が好き。
小さな小さな白い花を鈴なりにする「どうだんつつじ」。
前の前の家を建てたとき、ホームセンターの隣の農協での○○祭で購入。 
値段も確か、2300円。  25年も前でお安くはなかったわ。
庭と云えるものもなかったので、レンガを積んで土を入れて植えました。
毎年毎年 白い可憐な花を見るのが楽しみでした。
次の家を建てたときにも この木だけは一緒にお引越し。
植木屋サンに「一番いいところに植えてね」とお願いして リビングに入ると真正面に見える所に。

この家に越してくる時、迷いましたが置いてきました。
こちらは南にすぐ家があり、あまり日当たりがよくありません。
今まで 最高の環境にいたのに 最低の所に移すのが可愛そうだったからです。
そこで、引越して早速買った新どうだんつつじ。。
咲くのが楽しみでした。
春になり、つぼみを見て、あれぇ???ナンか変?
白くな~い、どうみても今まで見慣れたつぼみと色が違う~

どうだん 
 数日が過ぎ、花は見事に色づいて・・・
 オットー! 赤ダァ~!
 「どうだんは白」と決め込んでいました。
 水遣りをする度に 「今度は白くなってね」
 いよいよ今年は白いつぼみが・・・
 そんな事! あるかいな!
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(8) | Trackback(0)
2008/03/27

プロフェッショナル

PAM 数年前、アメリカのある難しいと言われるコンテストに
 入選した時、「入りませんか」とアートキルトの
 団体からお誘いがありました。
 そのコンテストでは賞も提供しているし、
 レセプションのディナーのスポンサーでもありました。
 あの、去年オークションをした所です。
 てっきり、入選者の会と勘違いして登録をしました。
 メンバーは Active、 Professional Artist
 (PAM)、Student、Friendsと分かれています。
 Active はいわば一般アーティスト、 Friends 
 はスポンサー、バイヤー、コレクターなどのようです。
私は何の疑いもなく、Activeに登録。
同じ時に入選なさったもう一人の方は 何の疑いもなくPAMに。
その方は もうすでに企画展などに招待作家として作品を提供なさっていたので 当然です。

その後、彼女は会うたびに私にPAMになるようにと 薦めてくれました。
「情報の量がActiveとは比べ物にならない」のだそうです。
でも、私はいつも煮え切らない返事を・・・・

その数年後、PAMになる為のガイドラインと言うものが 発表されました。
* 国際的なコンテストに入選している
* 美術館に展示された事がある
* 個展を開いた事がある
* Rezume (履歴書? 経歴書?)を出す
* 10点の作品で審査を受ける

彼女がPAMにと薦めてくれる度に 「個展をしていないから・・」と断って来ました。
でも、本当の理由は・・・「私はプロだろうか?」
随分前にアメリカで賞金を得たことがありました。
送ってこられた小切手を現金にするのに 永い時間と高い手数料が掛かって嬉しさも半減でした。
小物をお売りした事もありますし、月謝を頂いて教えてもいます。
でも、これでプロと言って良いのだろうか??
その疑問がずっと溶けません。  今でも・・・・
>>続きを読む
キルト・よもやま話 | Comments(6) | Trackback(0)
2008/03/23

Bears Paw (クマの手)

根性、努力、忍耐と共に 反省も私の辞書にはない言葉。。。
でも、今回は少々反省。。。
なにをって?
UFOを減らそうとしていたのに、しつけをしてまた仕舞ったのでは もっと嵩張るUFOにしただけ、と。

トラディショナル・パターンのキルトを作るのは 数年振りかもしれません。
一つ作り足して9枚にしましたが 3x3と整然と並べたのでは面白くないと あまのじゃく虫が囁き、
ラティスを1インチと2インチの2種の幅にしました。
これで、整然とは並ばなくなりました。

Bears Paw-2
熊の手の形をずらして 
#20の太い糸でキルティング。  
”うん、なかなかいんでないかい?”

中がプアプアするので、
またずらしてフリーモーションもいれて。 
ミシンの音も軽やかに・・・  ”快調、快調!”

でも、キルティングしていない所は プアン、プアンです。
直線を何本かラティスに入れてみましたが 
どうもよろしくない。
それにプアンプアンもあまり改善されません。

そこで全部ほどき、あまり気乗りはしないけど
全体にフリーで キルティングを入れて。

これはいわば、USOですね。
Un Satisfied Object(不満足物体!?)  
これ、私の創作語



ブロックを作ってくれたFrances G.、 Cheryl C.、 Marilyn W.、Betty Q.、 Ruth R.、
Wilma Z. 有難う。
10年後にやっと形にしました。
今でも、皆さん オレゴンでキルトを楽しんでいらっしゃるのでしょうか?

Bears Paw 3
早速、玄関に掛けて記念撮影です。
娘達はきっとキルトが変わったことに気が付かないで、
一ヶ月位してやっと 「キルト替えた?」でしょうね。
いつもの事です、、、、、
クリックすると大きくなります。 ( 90x90cm)


ショー&テル (タペストリー) | Comments(4) | Trackback(0)
2008/03/20

UFO Part 3

ピンポーン!  
「来たァ~!」
掛けていた老眼鏡を放り出し ハンコ持って、玄関にダッシュ! 
と言っても10歩も要りませんが・・・
楽しみに待っているのは2つの荷物です。

一つは皆さんもやきもきしていらっしゃる「かの国」から、、、 
あら? どなたもやきもきしていらっしゃらない?
2月始めに「数日のうちに」という回答を得ましたが その後はご存知の通りです。
先週もう一度 問い合わせましたが 「シカト?」状態。

生地 もう一つは やはり2月初めに行った
 ある作家さんの個展で注文した生地です。
 ちっとも届かないので 
 先週問い合わせをしたところ、 
 「来週には発送作業を」というお返事でした。
 グラデーションのチンツでこれで2枚です。

ドームのキルト展で 毎年同じ店で同じ布を買っていましたが 
今年はその店が見当たらず 重宝に使っていたので 「あらら?」でした。
その個展で拝見した布がとてもよく似ていたので 注文したのです。

今日もう一つ届いたのはまたまたキルト綿です。
それはそうですよね、昨日電話で注文したのですから・・・
そんなに買ってどうするの?という声が聞こえてきそうです。

去年秋の横浜キルトウィークの時に ○イリーンのブースで試供品を頂きました。
「来年の春に売り出す新製品」と言う事でしたが 
「UFO Part2」 のポーラさんのミニタペに使ってみると なかなか良い感触。
今使っている同じバ○リーンのミシンキルト用の綿は 「掴みどころのない柔らかさ」ですが、
今回のはもっと薄いのに 「粘っこく」使いやすそうです。
春になったことだし、いつもの代理店に 5cm四方しかない残りを送って問い合わせたのです。
来月から10%以上も値上がりするというので、つい・・・
消費期限も 賞味期限もないし、、ネッ。 (って誰に同意を求めているのかなぁ~~?)
>>続きを読む
ショー&テル (タペストリー) | Comments(4) | Trackback(0)
2008/03/16

スクラップで

スクラップ1

キルトを作ると 沢山の端切れがでます。
それを「スクラップ」と言って そんな布ばかりで作るのを「スクラップキルト」といいます。

キルトを作るときは 布を裁断しては端切れはこの塗りの容器に入れておきます。
一段落すると 手のひらより大きな布はもう一度の出番を期待して布の引き出しに戻し、
小さな布は5cm四方の大きさに揃えて箱に入れておきます。
今回はこの間のキルトに使った布を差し替えたので 長方形の布が沢山出ました。
そこで、長い布は長さ25cm 幅色々に。
25cm取れない布は長さ6.5cm、幅色々に切りました。
それも取れない布は5cm四方にして箱に・・・
その裁ち落としは何にも使えそうもないので ゴミ箱に。

スクラップ2 一枚のキルトの端切れだけなら
 色は統一感がありますが、
 最近作った袋物の端切れも
 中袋の布も
 混ぜたので色とりどりです。


そして、出来上がったのがこのトート。
久し振りにハンド・キルティングをして見ました。 イヤァ~、大変、大変。
スクラップ3
>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(8) | Trackback(0)
2008/03/12

ミシン屋サンで

我が家から徒歩2分の所にミシン屋さんがあります。
店の中の棚には色々なメーカーのミシンが並んでいます。
先日何気なく店の前を歩きながらそのミシンを見ると、
いつも見慣れている角ばったデザインのミシンがあるではありませんか!
「あれ! あれは代理店からしか手に入らないのと違うの?」
早速、店に入って聞いてみると 扱っているとのこと。
私もその、スイス製のB社のミシンを使っていますが、
部品一つでも代理店に連絡して郵送してもらわなければいけませんでした。

こんなに近くに取扱い店があるのなら、こんな便利な事はありません。
糸通しが調子悪く、ドームのキルト展の時にB社のブースにいた代理店の方に取り替え方を教えていただいて、部品を送っていただきました。
取り替えてホンの数日して、また調子が悪くなってしまいました。
もう、目が衰えている(加齢ではなくて、花粉ですよ、あくまでも)ので、糸通しがあるととても便利なのです。
特にレーヨン糸や 太めの糸の時には威力を発揮します。
そこで荷物キャリアーに載せて持って行き、調整し直し、掃除と油も差して頂きました。

ミシン油 このダスト・ブロワー・スプレー、
 プシューッとするとミシンの奥の埃が 
 飛び出してきました。
 ブラシや綿棒で掃除しても奥まではなかなか・・・
 デジカメやキーボードにも良いとあります。
 試してみると、キーボードの隙間からも埃が・・・

それにミシン油ではなくて、この「556」の方が良いとも伺いました。
家に帰って試しにミシンを踏んでみると・・・ヒデキ カンゲキ!
買ったときのような軽い音でした。
一仕事終わった後には いつも掃除して油を差していましたが、不十分だったのですね。

ミシンをお使いの方、もうすでにご存知でした?
知らなかったのは 私だけ?
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(6) | Trackback(0)
2008/03/08

UFO Part 2

マット ポーラさんから頂いた9枚のブロックのうち
 4枚を使ってポーチを作りました。
 残るは5枚・・・
 ちょっと半端?  でも作り足す気持ちがない、
 というか、こういった色合いに合う布を持っていない。
 そこで今回は繋ぎ方を変えて、4枚でマットにしました。
残りの一枚は?
かろうじて見つかった布と混ぜてバインディング(廻り)に。
こうすると多少合わない布でも 違和感なく何とか使えますネ。
この繋げ方になると「カンザス・トラブル」ではなく「Sunshine」となります。
同じデザインでも 繋ぎ方や配色や地域によって名前が違ってくることはよくある事です。

アイロン ポーラさんが案内してくださった
 ボストン郊外のフリーマーケット。
 そこで見つけたアイロンたちを置いて。
 窓辺に置いたらすぐに錆びてしまいました。
 錆びていないのは日本で見つけたもの。
 マットの色が今の季節にぴったりです。
 33x33cm

>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(4) | Trackback(0)
2008/03/05

早春の京

弥生三月は我が家では二人の誕生月でもあります。
今年は二人とも 大台に
喜んでいいのか、嘆いた方がいいのか、それが問題じゃ・・・

という訳で、ホテル2泊新幹線往復で2万2千円という格安につい乗せられて行って来ました。
京都には 20年近く行っていません。 こんな京都駅も10周年だそうで。。
秋には大勢の人で賑わう東福寺も今は人もまばら・・・
そして、ウン十年振りの伏見稲荷は記憶とは大分違っていました。
京都1

下賀茂神社では流し雛の前日で準備をしていましたが こちらは調査不足でした。
そして、同志社大学へ・・・
別に受験ではなく、学食へランチに。 
この学食は道路からも入れるので 学内の人ばかりではありません。
我が家では旅先の図書館を覗くのは 恒例です。
京都2

>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME |