2008/07/30

消えた・・・・

少し前に娘から 「どうも怪しくなってきたからバックアップを取っておいたほうがいいよ」と。
でも、何事も自分に都合よく考える私は 「きっとまだ大丈夫」と。
そして、先週・・・
突然、あの窓のマークの後が続かなくなって・・・
娘たちはとっくにバックアップを取ってあったとか。
え? っていう事は私だけ???
会社で何たらというサイトをダウンロードしてくるから USBメモリーを買っておくようにと。
週末、娘が一日掛かりで試していましたが、うまくいかず、とうとう「買い換えよう!」
今のPCは2002に買ったXPです。
もう、6年も使っていたら寿命と娘はいいます。
仕方がない、予定外でしたがちょっとわくわく?

「D□LLがいいんじゃない? どうせ、メールとネットしか使わないでしょ?」
「家計簿も使うし、ワードやエクセルも年に一度位は・・・」
「それは フリーをDL出来るよ」
「んじゃ、そうしよう!」

そんな訳でどんな製品があるのか見るために図書館のネットコーナーに。
川崎にショウルームがあるというし、ヨ○バシや ビ○クカメラもあるしで見に行きました。
あれこれ見ているうちに 娘たちは自分のPCを選び始め 「お母さん、好きなのにしたら?」
結局、ネットでD□LLを買うのが一番安いとなり、娘が会社から注文してくれるということに。

「このPCはどうやって捨てるの?」
「中のデータを全部消さないと・・・」
あっという間に消せるんですね。
すると、ド、ド、どうでしょうか?
あの窓のマークが・・・ ちゃんと作動しているのです。
なんてこっちゃ!
買ってこなくてよかった!

という訳で すべてのデータは空の彼方に~~~~
マ、所詮私のPC、大して重要なものは入っておりません。
旅行や作品の画像は以前からCDに入れてあるし、
困ったのは家計簿。 
それにキルト関係のメールの記録。 勿論、かの国のガブリ○ラさんとのメールのやり取りも。
後は友人、知人のメールのアドレス・・・・

もし私とアドレスの交換をなさっていた方がこれをご覧になり
これからも連絡を取れるようにしたい、と思われる方は
横のメールフォーム、またはもうひとつのメールアドレスに
「このアホが!」とでも入れて送信してください。
これを機会に縁を切りたいと思われる方は 
ウッシッシとほくそえんでくださいませ。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(4)
2008/07/24

まいった!

昨日の朝、PCの電源を入れると なにやらメッセージが・・・
素直に指示に従って Enter をしても言うことを聞いてくれません。
今日USBメモリーなるものを買ってくるように言われ、
娘が 何たらかんたらを会社のPCから DLしてくるそうです。
う~~ん、データは全部消えるかも?
とりあえず、そんなわけでしばらくお休みになるかもしれません。 トホホ
これは 図書館で係りの人の目を盗んで書き込みしています。
だって、掲示板の書き込みはいけないんですって。
未分類 | Comments(4)
2008/07/22

たら~り、たら~り

製作中
毎日暑い、暑いといっても涼しくならないので諦めてミシンの前。。
ミシンはモーター、手元灯で熱くなってくるし、アイロンを掛けていると ポトッ!
キルティングをする時には 大きな綿入れを胸に抱えての作業になります。 ポトッ!

首には保冷剤を巻いたタオルを掛けていても、腕は何にも・・・・
すると、ひじから汗が1滴、2滴
額からは 筑波山のがまの油のように たら~り、たら~り
エアコン?  出来るだけ掛けたくありません。
体がだるくなるし、足が重くなるのです。  はい、元々重いですが。
それに何も運動しない身には 全身から汗が出るのはこの季節だけだし。
こんな状態で 製作しています。
出来上がったら 汗臭かったりして・・・!

毎年この時期にせっせとキルトを作るのはなぜなのでしょう?
そうです、秋口に締め切りが集中しているのです。
通るかどうかも判らないのだから、「今年はパス!」と決めればすっきりするはずです。
でも、決心が付けられずにズルズルと迷った挙句にギリギリにあせって作る、
この繰り返しです。
でも、そのうちにはこのペースでは出来なくなるかもしれない、
アイデアが浮かばなくなるかもしれない、
何処にも受け容れられずに いやでも諦めるようになる、
と考えると 出来る時にはやるだけやって見よう・・・・と。 
>>続きを読む
キルト・よもやま話 | Comments(6)
2008/07/18

今はむかし・・・・

今昔
私が今住んでいるところは昭和10年代から叔母が洋裁店を営んでいた所です。
叔母が学校を卒業して祖父に 「洋裁店をしたい」と言ったとか。。
祖父は銀座とこの地を候補に考え、「銀座は一見さんの来る所、鎌倉なら土地の人が
お客さんで安定した商売が出来る」とこの地に土地を買い、店を構えたそうです。
と言っても、私は勿論生まれていなくて、これはその場に居合わせた姉の話。

それから何十年、、
母と8歳下の叔母は血が繋がっていないのもあり、また生活環境があまりに違ったせいか
仲が良くて行き来するという風ではありませんでした。
と言っても 少ない親類だったので姉達や私の結婚式には必ず出席してくれていましたし
私も子供の頃に何度か、この店に来たことがありました。
土地の角に建物を建てて、ちょうどその角をガラス張りにしてお客様と打ち合わせの場に。
階段を数段登ると縫い子さんたちの作業場になっていたのを覚えています。
その店は子供の私の目にも モダンで活気が溢れて見えました。
一生独身だった叔母は母の亡くなった1年と1週間後に息を引き取りました。
私が今安穏に暮らしていかれるのも 先見の明があった祖父、そして叔母のお陰。。

先日新聞の折込のミニコミ誌にこの本の紹介があったので早速購入。
かつてはこの通りが一番の賑わいの中心だったそうで、由緒あるうなぎ屋、蒲鉾屋、
鎌倉彫店などが今でも面影を残しています。
そんなこの通りの昔話を古くからの家具屋さんの主人が語っています。
これは斎場建設反対運動の一環として、商店街の歴史を表し、
ココに斎場は相応しくないことをアピールする為に出版されたのだそうです。

ほぼ同じ位置から写したのが 「やっぱ、イメージ?」のトップの写真です。
今週は母の、来週は叔母の命日です。
こんな時期にこの本が出版されたのも 何かのご縁?
いいえ、ただの偶然でしょう。。。。。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2008/07/15

都庁に行った・・・

ホワイトリボン
神奈川県民であっても県庁に行く用事はないのに、まして都庁は無縁の所ですが 
新宿駅の外にあるあの建物の45Fに行ってきました。
新聞に「ホワイト・リボン運動のキルト」の展示があるとあったのは数日前。
ム、ム? キルトと聞いてはよく読まなければ・・・

ピンクリボンとかホワイトバンドとかは知っていましたが、さて?ホワイトリボンは知りません。
新聞には途上国での産科医療支援や助産師研修、保険ボランティアの育成などを行う世界的なネットワークとありました。
それには「1分に一人の割りで妊娠や出産で女性が命を落としている」と。
キルトはその女性達を偲んで作られたと説明をされていましたが、一点一点にそれぞれ過酷な妊娠や出産に直面し、命を落とした女性達の状況や姿が描かれていました。

キルターとおぼしき姿の3人の女性が「これはキルトじゃないわね」とか「色々なグリーンの布が使われている」と目を近付けて布や針目を見ていました。
一般的なキルトの概念(3層でキルティングしてある)からすれば 1点のみがキルトで他の作品は布に絵を描かれたもの、写真転写されたもの等々です。
でも、そんなことはどうでも良い事で、それぞれにその女性の、そして生まれてくるはずだった赤ちゃんの命の最後が描かれているのです。
46点の作品の多くがインド、バングラデシュ、パキスタン、アフガニスタン、アフリカ諸国の女性達の姿です。
>>続きを読む
キルト・よもやま話 | Comments(4)
2008/07/11

生涯現役

ケース
これはなんでしょうか?
見かけはどこかのブランドのアンティーク・バニティ・ケース? 
でも、「V」も「C」も「F」も書いていないし、強いて言えば”アンティーク・バッチイ・ケース”


蓋を開けると・・・

ケースの中

これで お分かりですね?
そうです! この「S」のマークは?
針仕事をする方なら ピン!と来るはずですね。

インドにいる姉が何年も前、「引き上げる時にミシンを一台持ってきてあげる」と。
夏には那須まで受け取りに行こうと思っていましたが、近頃のガソリン代の高騰・・・
この間、我が家に来た後送ってくれました。
私は手回しのミシンだと思って蓋を開けたら、なんと電動ポータブル!

「幻の名機、フェザー・ウェート」と言われる S社の”221”で、1930年代から製造され
シリアルNo.から調べると1953年ニュージャージー州エリザベスポート工場製。 
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(8)
2008/07/08

たまにはキッチンで

梅ジュース
台所仕事はあまり好きではありません。
原料が同じなら一番簡単な方法でいいわッというタイプ・・
「素材の味を生かす」とでも言いましょうか。
一人暮らしの母はマメに手を掛けて料理を作っていましたが、遺伝はなし。
そんな私でもリンゴやイチゴのジャムは作ることもあります。

「すっぱいからジャムにでもして」とさくらんぼを沢山頂きました。
果物の里に故郷のある人が羨ましい、赤坂、横浜が故郷では何も取れません。
夕食後、種とへたを取りながら、お口に入る方が多いらしく大分減ってしまいました。
砂糖をまぶしてお風呂に入り、夜中にコトコトと煮る姿はまるで毒リンゴを煮ている魔女?
「グフフ・・・ 美味しいよォ~~~、お食べェ~~~~~~!」

ついでというか、勢いというか、梅ジュースと梅酒の梅でジャムも作りました。
梅酒の梅はそのまま食べるのが好きで、夕飯の支度をしながらポイっと一つ二つ、
三つ四つ・・・
まるで、キッチンドリンカーです。
ネットで調べると、何度か湯でこぼしてアルコールを飛ばすと。 (あ~、もったいない!)
木じゃくしでつぶして種を取ると原型をとどめないくらいに。
物足りないので、茹でなかった梅酒の梅を刻んで入れました。
ちょっとアルコールの匂いがしますが、食べるのは私だけ、 ヨシ!
ジャム

やはり、梅酒の梅で作ったジャム(右)は色が悪いです・・・・・


針の合間に・・・ | Comments(4)
2008/07/06

はまっちまった!

糸つむぎ7月に入ってしまいました。
先月末には海開きもしたようですが、
やっと夏到来というところでしょうか?
あまり夏は好きではありませんけどね。

6月になったらキルトを作る!と決心していたのに
義兄の入院、姉の動脈瘤、お客人とあれこれ。。。
急な用事でなごやぁ~~に行ったりして、
気持ちは焦る、手につかにゃ~という日々でした。
本当は ネブラスカに行っている筈だったのに・・・・
プロフィールに載せているキルト・スタディセンターに行ってお勉強してくる積りだったのです。
でも、キャンセルしました。
その筋の皆様、ご迷惑をお掛けしました。 (ペコ!)

その合間、本を読んだり、刺繍をしたり、、、
J・グリシャむの本を図書館で端から借りては 読んでしまいました。
彼の作品は映画化されているのが多く、その殆どを見ていますが、本はやはり面白い。
文芸作品と言われるものや、女流作家物は苦手でして、国際スパイ系、警察系、探偵系、裁判系が好きで 読み始めると他の事はそっちのけ!

そしてこのロールケーキです。 
すっかりはまってしまいました。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2008/07/02

Oh!姉妹会 

Oh! 姉妹会 (おしまいかい) なんてオヤジギャグ?
一人を除いて 姉達のほとんどは我が家から 半径10km以内に住んでいます。
これはあくまでも偶然です。
誰も 誰かの近くに、なんて望んでいませんでした。
あまり それぞれ仲が良い訳でもありません。
日頃は殆ど行き来はしていません。
ただ、不思議と誰かに何かあったときには サッと集まり、力を合わせるのです。
父を早くに亡くし、お互いに助け合わなければいけなかったからかも知れません。
義兄の一人が「○○家の姉妹のココッという時の団結力は凄い」と言ったことがありました。

姪や甥の結婚式もおおむね終り、残っているのは何時になるのかアテに出来ないし、結婚式をあげるかどうかもギモン??
当分法事の予定もないし、次に姉妹の顔が揃うのは誰かの葬儀の時だろうと思っていました。

そんなこの頃、、、
40年以上、インドでアウト・カーストの生活向上のために働いてきた姉の一人は 栃木県那須に終の棲家を得て、ニューデリーのストリートチルドレンの為に働きながら 夏の数ヶ月帰国するという数年でした。
義兄はインドでの仕事をリタイアした後は 半年は那須に、半年は世界を気ままに放浪・・・
そんな姉から 夫婦で皆の所に挨拶に行きたい、一日で廻れるようにアレンジして欲しいとメールが来ました。
朝5時半の電車に乗っても 当地滞在は6時間・・・・
幾ら近くに住んでいるからと言っても 4軒を6時間で廻るのでは 無理があります。
お互いの家に行くのに30分掛かるとして、植木算で計算しても一軒あたり一時間がやっと。
そこで、我が家に集合!となり、思いがけず姉妹が集まりました。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(8)
 | HOME |