2008/10/29

教室で染め

アイロン染め
キルト教室とは言いながら、時々は染めもします。
これは私が好きだから。。。
それに、染めが難しいものではなく、自分色の布が簡単に作れるのを知って欲しいから。
特に、このアイロン染めはスチームアイロンさえあればできるのでお勧めです。

今回、参加者が少なかったので この5色にしました。
色見本では30色くらいありますが、混色もできるのでそろえる必要はないと思います。
定着液で染料をとき、後は布にはけやブラシで塗ったり、布を畳んだり、絞ったり・・
布は湿らせれば染料が滲んで思わぬ色の広がりが出たり、
湿らせていない布なら 刷毛目ができたり、とその時の気分で。

アイロン染め 2 アイロン染め 3








染めた後は当て布、あるいは当て紙(今回は新聞紙でしたが ハトロン紙とか)をして
スチームアイロンを充分に掛けます。
これが足りないと色が抜けてしまいます。
あとは2,3回 すすいで乾かせば出来上がりです。
濡れていると色は濃く見え、乾くと薄くなったように見えるので それを考えて。
湿った布と染料をポリ袋に入れ、グジュグジュすれば むら染めも簡単に出来上がります。

染料、定着液(ゲル状もある)は 蒲田の○ザワヤや市ヶ谷のヴォーグで入手できます。
会場はいつもキルト教室でお借りしている会館の調理室です。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(8)
2008/10/23

オンナも強し

映画
見たい映画がありました。
メジャーなルートには載らないので、銀座までエンヤコラと。

80歳でご主人を亡くし、毎日失意の日々だったマルタ・・・
地元の合唱団の旗の修理を頼まれ、街に布を買いに行ったところからドラマが始まります。
この4人のおばちゃんたち、境遇も年齢も様々の仲良し4人組。
マルタの若い頃の夢だったランジェリー・ブティックをスイスの山の中の小さな村に開くのです。
マルタと このお仲間の目や表情がだんだんと生き生きとして来て、周囲の保守的な人々との
軋轢を跳ね返して行きます。
観客のほとんどが女性ですが、きっとみんな心の中で声援と喝采を捧げていたと思います。
久しぶりに楽しい、元気の出る映画を見ました。

数年前、「カレンダ-・ガ-ルズ」という映画がありました。
病院への寄付金を集めるために 自分たちのヌード写真のカレンダーを作るという話です。
やはり、イギリスの地方の保守的な婦人会が舞台でした。

女性たちもいまや 「オンナは弱し・・・」なんて言われて 殿方の後ろに従ってはいませんね。
マ、 私の周りを見ても 頷けますけど。
シニア割引なので、免許証でも必要かな?と思ったら、すんなりと。
これってちょっと複雑?
映画に付き合ってくださったこの方は 「見れば分かるでしょ」
ごもっとも!  二人とも白髪ではどっこいどっこいですからね。

金曜日がレディス・デーだそうです。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(8)
2008/10/20

ゲージツの秋

六本木 1
好天に誘われ(?)先週は六本木に・・・
もう、皆さんよくご存知の建物ですね。
私にとっては ちょっとだけ身近に感じられる建物です。
今は近くのS美術館とともに この方の展示をしています。
まずは 今年の春に買ったこのパスを初使用。
買った時には 「今年はせっせと行こう!」と思ったのですが、、、、

朝が早かったせいか、混雑と言うほどではありません。
ただ、2館を使ってまでの企画だったのかな?という感じでしたね。
特に好きなわけでもないからか、あちこちで見る機会が多いからか、
あるいは、感性が鈍いからか、さほど”感動!”でもなかった。。。
ただ、スペインで数年前に見たゲルニカの製作過程が写真で展示されていて、
「元のスケッチがこうなるの!」と一番興味深く見てきました。

パス
このパス、都内の美術館のほとんどが割引、あるいは無料で入れるのですが、
期限は2ヶ月、一冊2千円です。 (私は千円でゲットしましたけど)
今回は新美術館がパスで100円引き、こちらの入場券をみせるとS美術館は200円引きになったので、あまりメリットはありませんでした。
来週は上野、大手町に行くので、元は取れそうですが、都内にお住まいの方には
便利かもしれませんね。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(4)
2008/10/14

歩いてみると・・・・

おきすず
世の中の連休も私にとっては何も変わりなし・・・・
娘たちはそれぞれ起きてきては それぞれ朝食を作り、それぞれ何処へかお出掛けです。

私はといえば、この間エントリーしたコンペの入選の知らせが来てホッとしたものの、
「アーティスト・ステートメントを25語以内で送ってきなさい」にギョ!
また英作文かいな?  やれやれ・・・・
サイトのガイドラインを参考にするようにとも書かれていたけど見つからない。。
たとえ見つかっても 英語を訳してまでも理解するのは難儀だし。
そこで、まず日本語で考え、翻訳サイトに。
これまた 「ギョ!」とする文になっている。
こりゃ、違うとちがう?  英語が分からないなりになにか違うような気が。
今度は別の翻訳サイトで試し、英文を和文にしたり何度か直して 
「もし、妥当でなければ書き直すのでお知らせください」と付けて担当のキャロルに送信。

エントリーの時、「指定されたサイズの画像とPDFにあるエントリー・フォームをコピーして
記入、ワードで保存してCD-Rに入れて送る」とありました。
何のことやら??? 
お嬢に聞くと、サ、サッとしてくれたのはいいけど、何がなんだかサッパリ・・・・

今回、もうひとつエントリーしたいものがあるけど、送るルールは同じ。
今度はちゃんと手順を教えてもらわないとネ・・・・
お昼近くにこの世の者とは思えない姿で下りてくるお嬢。
いつもなら 「おそよう!」と嫌味を込めて言うところを 1オクターブ高い声で
「○○ちゃん、オッハー! 後で教えて欲しい事があるの」と心の準備をさせる。
胃に入ったものが消化して血液が脳にも回る頃を見計らって おずおずと頼む。
「ゆっくり分かるように教えてくれないと、その都度頼むことになる」とちょっと脅してもみる。
フム、フム、、、、、これで自分で出来るようになったわ。

そこで作ったCD-Rを送るために今朝郵便局に。
いつもなら 自転車で行くところを歩いて、、、、なぜ? もうすぐ健康診断だから!
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(6)
2008/10/13

まだ見ぬ天使へ

baby quilt 1
5,6年前の冬、キルト仲間たちと「ベビー・キルト展」を石川町の喫茶店でしました。
友人の友人の店で 場所が悪いので客寄せにと言われての展示でした。
喫茶店の壁では大きい物は無理と思い、友人達に協力してもらい、ベビーキルトを。
でも、初日には記録的な大雪が降り、散々の結果でした。

その内に娘も結婚するでしょうし、孫にも恵まれるかもしれないと、その時に作ったものです。
とても気に入っていたので、譲って欲しいといわれてもこれだけはお断りしていました。
でも、、、、、華燭の”か”の字にも、オメデタの”オ”の字にもご縁がなく、今日まで。
”オ”だけお先でも これも困りますけどね。
時々出しては 「フ~~ム、、、誰かに孫が生まれないかしら?」と他力本願の日々。
すると、旧友の息子さんに待望の・・・・・・・ ヤッタネ!

baby quilt 2
周りが凸凹していて、角が赤ちゃんのやわらかなほっべに当たったらかわいそうなので、
変形のピースを作り、周囲に足すことにしました。
形としたら、始めの方が面白いのですが、実用を考えるとね。
レースや、生成りの変わり織りの布、娘のブラウスの残り布も何種か入っています。
こういう雰囲気、大好きなんですよ。  
え? イメージと合わない?  <ほっといてくださいッ>

生まれたら お名前や誕生日、体重、身長を刺繍してプレゼントしましょう。
この数年、色々と辛いことが重なった旧友の家庭にも 
これからは笑顔と笑い声が溢れることを祈って。
>>続きを読む
ショー&テル (タペストリー) | Comments(4)
2008/10/09

ご用心!

ちらし
昨日、駅前で警察官からちらしを渡されました。
ふと見ると 私の近くにいた女性には渡していません。
そこで 待ち合わせのふりをして何気なくたたずんで観察をしていると・・・・・
年配の男女、まだ年配とはいい難い私位の年代(ここは拘る!)の男女に渡しているのです。
ム、ム! テキは相手を選んでおるナ! 

私は騙されやすそうと思われたのでしょうか?
それとも 小金、大金を持っていると思われたのでしょうか?
どちらもハズレなので 警察官も人を見る目がないということでしょうか。

春から姉夫婦がアパートの建て替えをしていました。
当然、何度かメーカーに建築費の振込みをします。
前のアパートの住人が立ち退いた後も家賃を振り込んで来たので 
その口座の解約もしました。
今度のアパートを不動産屋さんと契約し、家賃の振込専用の口座も作りました。
その都度、義兄を乗せて銀行に行き、私が払い出し用紙や振込用紙に書き込みをしますが
本人が一緒でも 顔写真つきの証明書の提示を求められます。
マ、いいでしょう、このご時世ですからね。
私も怪しまれたりもしました。
きっと 人の良いお年寄りを騙して預金を引き出させているヘルパーさんに思われたのでしょう。
それも許しましょう!  寛大なわたくしです。

でも、家賃専用に口座を開設した時のこと、
義兄の近所の駅前支店はいつも混んでいるので、
不動産屋さんの向かいの同じ銀行に口座を作ろうとすると、、、、
身分証明書の居住地と支店とが離れているので なぜこちらに口座を作るのかと。
「そんなこと いいじゃん! 私の勝手でしょ!」と言いたかったけど とりあえず事情説明。
私の免許証、契約書も提示させられ、不動産屋さんの住所、電話番号を控えられました。
「窓の向こうに見えるあの店ですよ」と言ってみたんですけどね。
結局、ティッシュもなにも貰えませんでした。
口座を作るのはお客様でしょう!
それなのに、ナンなのでしょうね、あの態度は!

それもこれも この頃急増しているこの詐欺が原因なんですよね。
聞くところによると、関東では振り込め詐欺が、関西では還付金詐欺の被害が多いそうです。
詐欺師たちはこの頃警戒が厳しくなってきたので 郵便局のエクストラパック(?)に現金を入れて 郵送させる手に変えてきているそうです。

子供達が 会社のお金を横領しようと、株で失敗しようと、事故を起こそうと私は関知しません。
すべて本人の責任だと思うからです。
だから、電話して来ないでね。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(8)
2008/10/06

”Fisherman's Cabin” 

腰越漁港1

4月28日のUPでご紹介した腰越漁港です。
今日もこの近くに行きますが 雨模様でいい写真は取れそうもないので流用です。
今年ヒューストンへ送ったもう一点はこの建物をキルトにしたものです。

fisherman's cabin (full) 上の画像と比べると そっくり?
 色々な角度から写してみましたが
 この方向が面白いと思ったのです。
 もう少し、使う布に工夫をすれば
 良かったと反省していますが。



fisherman's cabin (detail) タコ糸を網のようにしたかったのですが、
 ミシンではうまくいかず、四苦八苦しました。
 結局は手であちこち止め付けました。
 
 クリックすると拡大されます。



昨日はお嬢が家計簿と画像は使えるようにしてくれました。
でも、デジカメが取り込めない・・・・
彼女が管理人としてパスワードを入れてしまったので、私はインストール出来なくなってる!
やっぱり、Bの人間のすることは 許容範囲を超える?
Bにも色々な人がいるでしょうけどね。  忍、忍、、、、
>>続きを読む
ショー&テル (タペストリー) | Comments(6)
2008/10/01

サーフィン・スクール =秋=

今日から待ちわびた10月になりました。
9月中にあれこれと片付けないといけないことが重なり、落ち着いて針を持てる日もなかなか取れない日々でした。
今月はこれといった予定もなく、あちこちの美術館では魅力的な企画が目白押しなので 楽しみです。

サーフィン・スクール
歯医者が材木座にあるので、夏のある日にあのサーフィン・スクールに寄ってみました。
以前写した画像は全部消えてしまったので、もう一度と思いましたが 何しろ季節が違う!  
あの枯れたアイビーも今は葉が茂り、この景色を見てキルトを作ろうと思ったかどうか?
それにドアも取り替えてあるし・・・

Surfing School House full そのキルトは8月ヒューストンに送り出しました。
春には 六本木の美術館でも展示されたので、
ご覧くださった方もいらっしゃるかと思います。

上右の画像でどの部分を生かし、
どの部分を 創作したのかお分かりいただけるのでは。

裏布の上にキルト綿をしつけし、Y字をチャコで位置決め。
あとはその上にどんどんと布を縫いつけ、縫いつけ、
サーフボードは両面接着で貼り付け、と
通常のキルトをイメージしている方には ひんしゅく物かも。

Surfing School House detail後はキルティング・・・・
ミシンで木目、屋根、アイビー そしてサーフボード
キルティングが密な所は フープをしても縮むし、
していないところはプアプアになるし。
均一にするためには したくないところもしなければ。

ご覧くださった方からは「あなたらしい色合い」と言われましたが、それがどんなカラーなのか自分ではよくわかりません。

もっと画像を載せたいのですが、PCの不具合があるらしく娘がまた初期化してしまいました。
私はちっとも不具合を感じていないのに。
以前のデータはメモリに入れてくれたのですが、それをどう戻したらいいのか????
当の娘は毎日午前様・・・  わたしゃ、どけんしたらよかと?
お嬢が暇になるまで、ひたすら我慢の日々。。。 
ショー&テル (タペストリー) | Comments(4)
 | HOME |