2009/09/28

秋は食欲

日頃は訪れる人もなく、セールス電話さえ滅多に来ない引きこもり家庭の我が家。。。
「オレオレ」さんさえ一度もないのよ~~~

この週末は 「どうしたの?」と云いたいくらいに 「ピン・ポ~~ン」「リーン、リーン」と
ひっきりなしです。
お薬もあぶっていないし、、、、新聞種になるようなことをした覚えもないのに。

食欲

お隣がふるさとから送られてきたからと 京野菜のおすそ分けを・・・・
お向かいは 石垣の工事の事で、、、、
なんと、近くのイタリアンレストランは 開店3周年でご近所の皆様にと
「3980円で 5000円引き、3000円引き、2000円引きx2のクーポンをお売りしています」
つまり、3980円を払えば 12000円分のクーポンが使えるというのです。
でも、この店、開店当初に偵察に行きましたが テーブルの間隔が狭く落ち着きません。
開店前には「フィレンツェからシェフが来る」という近所の噂でしたが  
実際は 「フィレンツェ修行したシェフ」  
これ、、、、大きな違いよね!
店の人が暇な時に近所を廻っているのかと思ったら、委託されたプロモート会社だそうで。
今はこういう仕組みなのねぇ==と変なところに感心しました。

先日 身内を除いては 最後のご注文のバッグをこの方にお送りしました。
すると、パンを送ってくださるとの嬉しいお知らせが。
25日にお届けと言うことでしたが 前の晩にご本人からお電話をいただきました。
クール便で出したトラックが高速で事故に会い、積荷を他のトラックに積み替えているので
配達が一日遅れる、とネコの宅配からお知らせがあったとか。
でも、届いたときも冷えていたし、ご指示の通りに暖めたらとても美味しかったですよ。
さすが、パンの先生です。
えびでパンを釣ってしまいました。 ありがとうございました。

下は姉のところから貰ってきた栗。  皮もむいてあり その晩は栗ご飯。
半分残したので 何にしようかと考え、鶏肉とホッコリと煮ようと思い立ちました。
準備しているうちに、「あ、にんじんも、ハスも、こんにゃくも、、、」
なぁ~~んだ、筑前煮もどきになってしまいました。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(6)
2009/09/25

秋は目の保養

ユキ・パリス  連休の最後の日は 
  四ツ谷にある実家のお墓参りの後に
  この展示を見に銀座に・・・・
  以前、婦人誌で拝見して印象深く 
  記憶にあったのです。

  招待券はもちろん、優待券もないので
  有楽町駅前のチケットショップを覗いて。
  ふふ、ありました!
  1000円の券が500円で。
  何十年か振りでの歩行者天国。
  実は時計の代理店で
  電池の交換もしたいので
  ウィークデイに来たかったのですが。



ヨーロッパでは日本のように捺染の技術がなく 布を装飾するために刺繍やレースが盛んに
なったのだとか。
  
ゆったりとした会場に 沢山のアンティークレースや刺繍が展示され、その精緻な手仕事を
見ていると 自分のして来たことがあまりにも雑で 恥ずかしい思いが沸いてきました。
一緒に行った娘も 「お母さんの漁師のおじさんの刺繍なんて まだまだ荒いんだね」と。
頷かない訳にはいきませんでした。

つい先日、ロンドンのV&Aで 16,7世紀からの レースや刺繍を見てきましたが
こちらで展示されているのも 同じ頃からの物で その見事さは 遜色がありません。
これらを見つけ、集めてきた方の目の確かさにも 感服です。
また、針仕事のお道具類も 女性達がいかに楽しんできたかが偲ばれる物ばかり。

京都の哲学の道の近くに 個人美術館をお持ちとか。
28日まで展示されていますので、お時間のある方は是非。

その感動を引きずりながら 有楽町駅の○印へ・・・・
そこで こんな物を見つけました。  
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(4)
2009/09/24

秋はニット

ニット バッグ 完成

シルバーウィークとかいう連休も終り、やれやれですね。  
ちょっと離れたスーパーに買出しに行こうと車で出ると、、、
いつもはガラガラの道に車が溢れている!
事故か工事かな?と思い、その列に入ったものの動きそうもないので断念して帰宅。
そこでやっと気が付きました。 
近所の時間貸しの駐車場を見ると 「なにわ」「熊本」「大阪」なんていうナンバーが。
皆さん、お疲れ様です。


ヴォーグの通販カタログが時々送られて来ます。
いつもは 「ふ~~ん」であまり注文することはなかったのですが
その中のニットの頒布会(6回)がちょっといいかな?とフラッとその気に。

7月に一回目の材料が送られてきました。
忙しかったので そのままに。
イギリスから戻ると 2回目が届いていました。
う~~ん、今は無理。  でもこの調子だと貯まってしまうゥ~~(すでに貯まっている)
9月になり、キルトのバッグの注文を2つ完成させた頃、見計らったように3回目が!
こりゃ、すこし片付けないと、と連休中に出来そうなバッグから始めることに。

 糸 

 糸はこの3種の糸の3本取りです。 
 作り方には 「指で作る作り目で・・・」とあります。
 「はぁ~~?」
 編み物の先生をしている友人にメールで聞くと
 「おばあさんの作り目よ。 あなた、きっと知ってるわよ」
 「はぁ~~、、、、」

 しばし考えて・・・またメールで
 「左手の親指と人差し指に糸を掛けて 右手の2本の編み棒をクネクネして作る?」
 「そう、そう、それよ!」

ニットバッグ1

変り糸でのガーター編みなので 編み目が多少乱れていても目立ちません。
え? 目立ってる?   
この糸、一度編むと解くのが大変なので 目をつむりますわ。

物を入れると (バッグだからね、入れるに決まっているけど) 
ビョョ~~~~~ンと伸びてしまいそうなので ありあわせの布で中袋を付けて完成。
でも、これから使えるバッグではないですね。
>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(6)
2009/09/21

助っ人? in London (8)

* コッツウォルズへ *

もういい加減にせい!と言われそうなほど 長々とご覧頂いたロンドンのレポも 
いよいよ最後となりました。
2週間の滞在は 姪の出産の手伝いの為でしたが、
こうしてみると 十分過ぎるほど楽しんできたのが よく判りますね。  へへへ、、、

明日は発つ、と言う日はイギリスでは3連休の中日。
本当はその前の週に行くというので 「まだ1週間、早すぎる」と猛反対。
生後2週間で長時間のドライブ、外出にはまだまだ不安はありましたが、
初めてベビーシートに乗せられた本人も不安気。

ぼく

でも、新米パパはエベレストにも登った豪傑、怯みません!

ドライブ


>>続きを読む
London 2009 | Comments(8)
2009/09/16

助っ人? in London (7)

何もいうことはございません。
胃薬をご用意の上、ご堪能くださいませ。

マーケット

パンの部

まだまだまだまだ・・・・・・


>>続きを読む
London 2009 | Comments(8)
2009/09/14

もう一度 バーミンガム

キルトショーもアメリカのヒューストンやパデューカは日本からのツアーもいくつかあり、
入選する方も、見に行かれる方も多く、皆さんよくご存知です。
でも、ヨーロッパ最大といわれるこのキルトショーは情報も少なく、
私もどうやって行くのか判りませんでした。

こちら で入賞作品はすべてご覧になれます。
また、エントリールールはこちらからDL出来ます。
興味のある方のご参考になれば。
キルト・よもやま話 | Comments(0)
2009/09/13

バーミンガムへ

ユーストン
もう、ロンドンの話は厭きた!  
はよ キルト・ショーのレポートをせい! とおっしゃる方に・・・・・・
食品マーケットの話や コッツウォルズのお話は置いておいて、電車に乗ることにしましょう。

ロンドンでは行き先によって 発車する駅が違います。
このユーストン駅はバージン鉄道の駅で北方面行き。
地下鉄でお隣の駅、キングスクロス駅は魔法の学校に行く駅。
ちゃんと 9と1/2 ホームがあるんですよ。
切符売り場で切符を買ったら、電光掲示板のプラットフォームへ、、、
改札はありません。

車内案内もあるし、発車のベルもなるし、カフェの車両もありますが、電車賃が高い!
70分乗って、オフピーク往復割引で約40ポンド。  ほぼ6千円強?
30分もしないうちに 車窓は田園風景です。
バーミンガム国際空港駅に着くと もう横には会場のNECの入り口。
と言っても そこから延々とエスカレーターや動く歩道に乗り、外を歩くことはありません。

8時少し前にフラットを出て、3回地下鉄を乗り換えて10時少し前に着きました。
入り口にはもう長い列が出来ています。
会場風景はどこのキルトショーも変わりませんね。
ただ、販売ブースにはロシア、イタリア、フランスからの出店もありましたし、
世界の主だったミシンメーカーは広いスペースにミシンを並べ、ワークショップは盛況。
展示ブースにはいくつものキルトグループ(主にアートキルト)の展示があり、
発表の場としても役割も果たしていました。

会場1

フラットの近くでは 色々な肌の色の人たちを見ていましたが、
ここでは殆どすべての人が白人中高年女性。
いわば、中産階級といえるのでしょうか、りっぱな体格の人ばかりです。
唯一見かけたのは布を売っていた韓国の父子、ポシャギの展示ブースの人、
そして やはりブース展示をしていた日本のJさん。 

ファスナーヘッドのネックレスの女性、
「写してもいい?」「首だけならね!」 いずこも同じ女心?
私も手ぬぐいのシャツを着て行ったので、「写しても良い?」「シャツだけならね!」
一番下は主催者側のシルクスクリーンのデモンストレーションです。
興味があったので、つい、本を買ってみましたが、英語、、、、、、トホホ。

>>続きを読む
キルト・よもやま話 | Comments(8)
2009/09/11

助っ人? in London (6)

* Bank *
週末は婿どのが休みなので、彼に面倒を見てもらうことにして 私は手伝いをしないと宣言。
小さなフラットに大人が4人いてもねぇ・・・・・・暑苦しいだけですからね。

ンナ訳で テイト・モダンへ。
一番便利な路線は運休なので 仕方なく別ルートです。
世界の金融の始まりは この「Bank」から。
地上には各国の政府系金融機関の重厚なビルが放射状の道に連なります。
ここを中心にした1マイル四方が 「City of London」。

これは地下鉄の出口ごとにあった地上のイラストで 一巡りする私って暇人?
でも、もう一人 同じ趣向のお兄さんもいましたよ。  彼も「これ、いいね」  
bank

道すがら

テイト・モダンは4年前にはテムズ川の遊覧船から外見を見ただけでしたので
是非行ってみたかったのです。  
「ア、面白い!」 とか、「なんじゃ、これは」とか、「これはなかなかイケル」とか、、、
モダン・アートは判らないとおっしゃる方も多いと思いますが、楽しければいいんです。

美術館の前のミレニアム・ブリッジを渡った正面が ダイアナが結婚式をした聖ポール大聖堂。
ちょうど日曜の午後で 中ではパイプオルガンのコンサートが。
聖堂の中には自由に入れ コンサートを聴くことは出来ますが 
前方の椅子席には フロックコートを来た方に招待券を見せないと。

テート



>>続きを読む
London 2009 | Comments(0)
2009/09/09

助っ人? in London (5)

ロンドンの風景
グリニッジの丘から見たドックランドのビル群です。  (クリックすると大きくなります)

5日目頃になると赤ちゃんも午後は永く寝るようになり、近くのグリニッジに行って見ました。
DLRで3駅南に行くと 「カティ・サーク」です。
エエ、 聞き覚えのある名前ですね。
ウイスキーの銘柄で 帆船のラベルが貼ってありました。
1850年ごろ、中国から1日でも早く紅茶を運ぶ為に建造された高速帆船です。
新鮮な紅茶は高値で取引されたので、高速化競争は激烈だったようです。
ただ、同じ頃にスエズ運河が開通して 活躍の期間は長くはなかったようですが。
その船が保存されていた・・・・・・・・・・・・・・・はずが・・・・・・・・・・・ない!
そのあったはずのところにあったのは 工事用フェンス!
そうなんです、、、、
改修工事をしていた2007年、火事で焼け落ちてしまったのです。

少し歩くと、グリニッジ大学、芝のなだらかな丘を登ると 天文台があります。
グリニッジ
大学は大英帝国時代の海軍基地。
世界の標準時計も、子午線も、長さの基準も 
大英帝国の船の安全航海のために考えられました。

記念館を一巡して庭に出ると 長い列が、、、、
列というと並ぶ、という性格ではないので 前に行って何に並んでいるのかと見ると、
石畳にある 経度0°0′0″の溝を跨いで 記念写真を撮るための列でした。
当然、パス!
>>続きを読む
London 2009 | Comments(6)
2009/09/07

助っ人? in London (4)

* スーパーで買い物 *
スーパー1

徒歩15分のドックランドのビルの地下にあるスーパーです。
ミッドタウンの地下のような所で 同じフロアにはバナナ○○、Body△△、 G△P
B○○ts などがあり、地下鉄、DLR(電車)と直結しています。
近くには郊外型の広い庶民的なスーパーもありますが、こちらの方が質の良いもの、
日本の調味料も味噌、しょうゆ、みりん等置いてあります。
パンは店員さんがカートで運んできたので 少し待っていたら店員さんだけいなくなって、、
肉は大きなパックもありますが、量り売りも。
魚は種類も豊富で やはり量り売りです。
マグロなどトロのところをさくで買いたかったわ。
P社のホームベーカリーは95ポンド、日本と変わりません。
驚くほどいろいろな種類のトースター、コーヒーメーカーもありました。
ちょうど店名の照明が消えていますね。 

こちらは徒歩6,7分の近くのスーパーです。
魚の種類は上の店ほどはなく、氷にまみれてガラスケースには入っていません。
鯖があったので 中骨を取って開いた物を買ってカレー風味でソテーにしました。
1㌔ 6ポンド強、 鮭は13ポンドでした。
   
スーパー2
ミルクはベビー用で粉ミルクもありますが、新生児用(1)のパックのミルクです。
200mlで50~60ペンス。(80~100円) 
哺乳瓶でなく ビーカーのようなもの(40cc)で直接飲ませます。
ビン入りも同じで 退院するとき病院でいただいた物です。
飲み残しは冷蔵庫に入れて24時間以内に使用するように書いてあります。   
じきに沢山飲むようになり、「おかわり!」「もっと飲みたい!」と口をパクパク。
こちらが面倒になって 哺乳瓶にしました。

こちらのスーパーにはベビー衣料もあり、半そでのレギンス(?)が7枚パックで10ポンド弱。
長袖、足までカバーするものは5枚パックで同じくらい。  (サイズによって違う)
日本のスーパーSでも売っているジョージというPBです。
ネットで調べたら この店はアメリカのWalmart系列。 Sもそうなので 納得です。
上の店は主に白人が多く、夕方はいかにも仕事帰りの人達・・・・・
下の店は土地柄 多様な人種が家族で来てカートに一杯買っていきます。
売り場は整理が行き届かず、雑貨にお客さんが置いていった食品があったり。
野菜は好きなだけ袋に入れて 量り売り (オクラもでした)
ねぎは spring onion という小ねぎ、leek という下仁田ねぎのようなものとあり、
ゴーヤは見ませんが 果物なども殆ど変わりありませんね。
赤く美味しそうなイチゴが1パック(日本のパックより少し大きい) 1ポンドだったので
買ってみましたが あまり甘くありませんでした。

>>続きを読む
London 2009 | Comments(6)
2009/09/05

助っ人? in London (3)

* 住宅事情 *
旅先で目的地に近づき、空から街を眺める時、何ともいえないワクワク感がありませんか。
あの屋根、あの家にどんな生活があるのかしら?と。
汽車や車の中からよりも 飛行機の窓からの方がはるかにその思いが強いのは
やはり、日頃見慣れない上からの眺めだからでしょうか?

日本の街は雑然としていて 美しいとは言えませんが ロンドンの街は?
住宅街は道から少し前庭があってレンガ造りの2,3階建ての建物が連なり裏にも庭が。
g○○gle map の空からの画像を見ると なぁ~~るほど。
でも、車に乗ってみてみると その殆どがフラット(アパート)だと判ります。
姪によると ロンドンっ子にとって一戸建てに済むのは夢の夢。
2戸連のテラスハウスでさえ 憧れだそうです。

女王さまが娘時代に住み、ダイアナも住んだケンジントン宮殿の近くは 
大使館や立派な建物が並んでいますが、それもフラットです。
もちろん、中は大違いでしょうけど。

姪達は神楽坂にいたときは 100㎡3ベッドルームで家賃が30万。
同じ家賃でロンドンで見つけたのは 半分の広さ、1ベッドルームです。
んで、私達が行っても寝るところがないので、ちょうど友人が引っ越すというフラットを
半月延ばしてもらって借りました。
1週間の家賃が290ポンド。  (今は円高で1ポンド160円前後)

フラット

家具付き、食器付き(両方ともIKEA) お鍋付き、家電付きです。
洗濯乾燥機、大型食洗機、冷凍冷蔵庫は流し台にセットされ、トースター、電気ケトル、
アイロンもあり すぐに暮らすことが出来ます。
姪のところはランドリールームがあり大型洗濯機、キッチンがカウンターの違いです。

借りたフラットは駅の西に歩いて3分、姪のフラットは東に5分。
毎朝食後 姪のところに出勤、夕食の後片付けをして帰宅でした。
1階にはコンビニがあり、そこの店員、フラットで会う人達の殆どがインド系の人たち。
姉がヒンディで話しかけると 嬉しそうで話が弾んでいましたが
彼らはインドに帰れば 超エリートだそうです。

>>続きを読む
London 2009 | Comments(6)
2009/09/03

助っ人? in London (2)

London 地図

* ドックランド *
ロンドン東部の地図です。  
東西にテムズ川が流れ、その北部が主に中心部です。
「ひ」の字型に湾曲したテムズ川の中央部に姪の住むフラット(アパート)があります。
中に掘割がいくつも見えると思いますが、 
大航海時代から 帆船に積まれ世界中から運ばれてきた
紅茶、綿、絹、ココア、胡椒、陶磁器、奴隷等々がここで荷揚げされていました。

第二次大戦中にはドイツ軍の空襲によって壊滅的に破壊され
その後は利用されないままだったそうですが 
今は再開発され世界の金融の中心シティが手一杯なのでこちらに
大きな金融機関や通信社、ホテル、フラットが近代的なデザインで建てられています。
港湾労働者達の住まいがあった南側は空襲を受けなかったので 
100年以上も前のレンガ造りのフラットがいまでも使われていて 好対照です。

この地域を Dockland といいます。
電車(運転手がいない!)の駅は 「South Quay」「Canary Wharf」[Crossharbour」
通りも「Mastmaker Road」や「Lightermans Road」といかにも、という名前です。

駅北側
>>続きを読む
London 2009 | Comments(2)
 | HOME | Next »