2009/11/30

キィ――-―――ッ!

鍵

冷たい雨のそぼ降る月曜日の朝。。。。。。
いつもならベッドに潜っているのに 朝早く目が覚めてしまい、、、、(歳だから?)
つい、仏心を出して 娘達を駅まで送ってしまいました。
週明けから 湿った靴を履いて電車に乗るのは可愛そう・・・なぁんてね。

二人は出勤時間が同じなんです。
ついでに行き先も 田町と浜松町。
でも、始業時間も違うし、利用する電車も 違うんです。
一人は京浜東北線に乗って寝ていこうという魂胆。

車の中で待っていると 後から出た娘2が玄関を施錠。
駅で二人を降ろして、、、、、
家に戻り、ドアの取っ手を目の前にして 気が付きました!



げ、げ、玄関の鍵がない!

今の車に替えてから3年。。。。
エンジンキーとリモコンキーが別で嵩張るのと、この頃は車で出かけないことが多くなったので
家の鍵と別にしてあったのです。
財布に免許証が入っているので それは持っていましたが 携帯もない!
一応、、窓や掃きだしも触ってみましたが、
雨戸を開けたときにガラス戸をロックするのは習慣。
何処もビクともしません。

どうする?

藤沢の姉の家に行って一日過ごすことも頭をよぎりましたが
朝の7時に起こすのも、、、、寿命を縮めるといけないし。
今日は娘1は遅くなるし、娘2もこの頃は残業がち。
何時になるかわからないし、、、、、
私は家でしたい予定があるし、、、、、
電気もTVも床暖も付けたままだし、、、、、

どうする?

こういうとき、鍵を開けてくれる業者がいるのはTVで見たことがありますが
何処に連絡していいのかも????
ふ~~~~ん、 車が停められる滑川の交番に行き、事情を話し、電話番号を調べてもらい、
公衆電話のある所を教えて貰いました。

公衆電話に行き、この頃使うことのなくなったテレカを使ってコール。
でも、出てくれません。
2箇所に交互に電話して、やっと出てくれたところも8時半頃になると。。。
待ちますよぉ~~~、開けて頂けるなら。

1時間ほど車の中で新聞を読んでいると、来てくれました。
玄関のドアを見て、窓を見て、「窓を試して見ましょう」
どうするのかと見ていると
なんと ドライバーでガチャガチャとしていると ロックが緩んで外れました!
玄関に廻って ドアの鍵を開けてくれて 無事解決!

でもね、これだけのために掛かった費用・・・・6,300円也。
玄関のドアをこじ開けると 3万円も掛かるそうで、 よかったと言うべきか?


「教訓」  
1、 娘を駅に送るのはやめよう!
2、 車には常にドライバーを!

さっそく車のキーと家のキーを一緒にしました。
ジャラジャラしていやなんだけど・・・・・
針の合間に・・・ | Comments(6)
2009/11/28

下戸なのに・・・・

ブランデー

私の身内は殆どが イケル口。  
一人を除いては。。。。。
その一人は 現役時代は海外出張が時々あり、
リタイア後は夫婦での海外旅行が楽しみでした。

空港の免税店で、、、
飲めないのに 「誰かにあげてもいいし・・・」という思いで買っていたようです。
私が行くと 「これを飲むかい?」と言って どこからか出してくるので 
いただける物は断らないというのが身上の私は ありがたく頂いてきます。
これもそんな一点。
私とて、お付き合い程度だし(?)、自宅では真夏のビール以外は毎日が休肝日です。

そこで、、、、、、
レーズンがあったのでこれに漬け、ピーカンも刻んで ホーム・べーカリーに。
ムフフ、、、、家の中が良い香り、、、、、

一応 報告がてら焼きたてを届けると、二人して 「美味しい、美味しい」と。
そりゃ、そうでしょう。  
なんてったって、天下のナポレオンくんが気取っているんだから。
アルコールが飛んだのか、お猪口一杯で真っ赤になる義兄もOKでした。


ゆずピール パン

こちらはお取り寄せした(私が、ではなくて姉が)湯布院のゆずの皮の砂糖漬け?
本当はもっと大きなピースでしたが、パンにいれるのに刻んだ後で写しました。
つまり オレンジピールのゆず版。
そこで、今度は ゆずピールパンを。
焼きあがって 蓋をあけるときにぷ~~んとゆずの香りが。
切ってみるとあまり感じませんが、 軽くトーストすると 「う~~ん、美味!」

どういう訳か ブランデーを入れると 背が伸びないのよね。
でも、いいの!  美味しいんだから!
針の合間に・・・ | Comments(4)
2009/11/24

クラシックの効用

補色

4日間のワークショップを無事に終え、いささかお疲れです。
初めの二日は 「右脳を鍛える」、、ちゃう、ちゃう、『色と構図』。
始めにごっそりと与えられた無地の布を使って 講師の指示の通りに作業です。
クラッシックを聞きながら作業をすると右脳が活発になるそうで、BGMにはクラシックが。

黒い布を帯状に切って A4の台紙に縦横に貼って基本の構図のどれかを作る。
同じように切った布を斜めに貼り、同様に。
曲線に切った布で 同様に。。
今まで切った布を使って 同様に2つの構図の複合を。。。
とこれらを「ハイ!」を合図にそれぞれ5分?
とにかく考えている暇はありません。

また、もって行った野菜や果物を手元を隠して スケッチ。
それの部分を元に7段階の無地の布で、、、

補色の2色を使って、使う面積は同じで、遠近感を出す。 (トップの画像)
その濃淡も使ってデザインを発展させる。

ワークショップ

これで2日が終了です。  ふぅ====っ!
元々左脳が少々足りないのは判っていましたが、右脳もどうも足りていそうもないことが
この度 判明してしまいました。
どうりで頭を振るうと カラカラ音がすると思ったわ。
>>続きを読む
キルト・よもやま話 | Comments(10)
2009/11/17

色に悩む・・・

茶系

今週後半は アメリカの大物アーティストの4日連続のワークショップを受けます。
ヒューストンに行く前に受講票と持ち物の一覧が送られてきて 「ギョ!」

持って行くものが いやはや・・・・・
デザインソースとなる写真 (日頃キルトにしたい画像を保存しているので 難なくクリアー)
布をそれぞれの色味で7段階にして持ってくるようにと。
つまり、赤なら黒に近い赤から白に近い赤まで7段階を揃えなければいけない。
キルトをしている人なら 一番悩むところで 赤でもいろいろとあり 
同じ系統の赤の7段階なんて とても無理!
それをそれぞれの色で揃えるなんて生地屋さんだって あるとは限らない。

ヒューストンでの短い貴重な時間に布探しをしたくなかったし
何とかなるだろうと高をくくって そのまま封筒に戻して行ってしまいました。
戻ってきてしばらくして、同じ講習を受ける人たちとメールが飛び交い・・・・
「それでは19日にお会いしましょう」との文字に 「19日って何????」
そう、私は1週間勘違いして 来週かと。
危うく 高い受講料をフイにするところでした。  

横浜でのイベントで調達しないと間に合わない!
手持ちの布をとりあえず出してみると 色の偏りは一目瞭然で
沢山持っている茶系でも 厳密には色味が揃っていないが、妥協。
グリーン系や赤系は もっと悲惨です。。。。

そこで、横浜でも休憩時間は手持ちの布を持って歩いては 補充できる色を捜して。
この頃の不景気が影響してか、ショップのブースの数も減ったし、
各ブースの面積も小さくなり、カットクロスも少ない。

毎日頭の片隅にこのことが浮かび、「なんとかしなくちゃ、、、」
今日、近くのS手芸店に行くと 若いお母さん達で賑わっています。
そんな中、じっくりと捜す訳にもいかないので 夕方に出直して。
自分の作品には殆ど市販のプリント布を使わないし、
手持ちの布は日々減らそうと努力しているのに
なんで今それを増やさないといけないのかと思うと・・・

多分今頃は 皆さん悩んでいらっしゃる事でしょうねぇ。

市ヶ谷は私にとっては鬼門で、今までも講習を受けに行く途中で気分が悪くなり
すごすごと戻ってきたことが2回ほど。
中央線の各駅停車が東京駅から乗れなくなったのを知らずに 失敗したことも。
4日間 無事に行かれるのでしょうか?
布捜しで 行く前に疲れてしまったし。
キルト・よもやま話 | Comments(6)
2009/11/14

終わりました・・・

横浜キルト

毎年秋のお楽しみイベントも終了しました。
今年は搬入を除いて三日間参加しましたが、入り口横のカウンターだったので
色々な方にお会いできました。
この間のヒューストンでご一緒だった方、思いがけない古くからのキルト友等々、、、
休憩時間に会場を歩いていても グループ展示で参加や、ショップのお手伝いに来ている友と
あちこちで得意の立ち話。。。
ランチや夕食の約束をして、まるでクラス会のハシゴのようでした。

上は終了の蛍の光が鳴っている場内と 撤収作業です。
私達も白手袋をして展示作品の梱包をして、あっという間に夢の跡。
「お疲れ様でした。 また来年ここでお会いしましょう」の言葉とともに
解散してきました。

キルトの写真?  殆どというか、全く写していませんでした。
そういえば ヒューストンでもあまり写さなかったような?
キルト・よもやま話 | Comments(6)
2009/11/12

始まりました

1257996482-P2009_1112_090247.JPG
今日からです。外は寒そうですが 中は暑いくらい。
未分類 | Comments(6)
2009/11/09

ン、もォ~~!

サンタ

ヒューストンで買ってきた材料を試してみようとミニタペを作り始めました。
初めは色々とデザインを考えたのだけど、一番簡単に出来そうなイニシャルを。
貼っても堅くならない極薄の両面接着紙。
あれれ? 剥離紙がない! 
そういえば、デモでは違う素材のシートを載せていたけど、あれも買うべきだった?
パックの中を全部出してみたけど 入ってはいなかった。  ア、、、使えない。

気を取り直して 手持ちの両面接着紙に貼り、そのままでいいという安定紙を裏に貼り。。。
うん、これはしっかりしていてステッチがしやすい。
でも、しっかりしているということは????
そのままではごわごわしたミニタペになるのよねぇ~~?
中の説明にも「むしり易い」なんて書いてある。  ってことはむしれって?
周りをむしって 全体にステッチして出来上がるはずだった。。。

でも、色が何とも良くない。 ステッチ糸の色を重ねてみたけどあまり改善はされていない。
一緒に行った知人に使用報告がてら送ろうと思ったけれど、、、
マ、しょうがないわと思い 梱包して宛名も書いたけれど、、、
いまだに 下駄箱の上。。。
あれはボツだわぁ~~~~~

               x x x x x x x x x x x x x x x x   

気を取り直して、、、、、
先週、友人と行った刺繍屋さんで可愛いサンタのチャートを買ってきました。
そこに一緒にあった18カウントのクロス用の布も。。
気分転換に少し刺してみようと始めると、、、、
18カウントというのは1インチに18目という事で めっちゃ細かい。
普通は織り糸2本に1つのXだけれど まれに織り糸1本に1つのXの布もあり
こういう細かい時はその方が刺し易い。
ところが、この布が!
めっちゃ、刺し難い!  刺した糸が隣の織り目に滑ってしまう。
お風呂に入ってどうしたものか?と考え、
翌日は縦横と糸が行くように xを1つづつ刺してみたのだけれど、、、

麻布

またお風呂に入って考えていると、、、手持ちに18カウントの麻布があったはず!
翌日、刺してみました。
やはりこちらの方がいいわよね?
でも、店の見本は上の布で刺してあったし、何か方法があるのかしら?
>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(4)
2009/11/06

やれば出来る

駅伝

読んだことのある原作が映画化されると見に行こうか行くまいかと迷います。
それは、イメージがかけ離れていたり、ストーリーが代わっていたりして 
がっかりすることが多いので。

この頃、毎日のニュースで話題の「沈みかけている太陽。。。」
う~~ん、タイミングがいいというか、悪いというか?
この本も出版されてすぐに一気に読んでいました。
見に行った友人に感想を聞くと 「あまり・・・」
じゃ、やめよっと!

でも、、、
いくら原作を読んでいても 外せないのはこちら
本も一気でしたが、映画も良かった。
これは 私の思い入れが強いからで 
興味のない方にはやはり 「あまり・・・・」かもしれませんが。

9人しか部員の居ない弱小陸上部に騙されたように入れられた「カケル」
これで10人になったと 「箱根に行く!」とぶち上げるリーダーの 「ハイジ」
その気のなかった部員をだんだんその気にさせ、トレーニングに励ませ、予選会に。。。
マ、ありがちなスポ根ものかもしれませんが、いいんです、それでも。
ク、クッと笑ったり、ホロリとしたり、、、、
まるで実際の選手のように綺麗なフォームや筋肉。 惚れ惚れ♪
俳優さんとは思えません。
よほど トレーニングをなさったのでしょうね。
ハイジ役は「のだめ」での アフロヘアーでティンパニを叩いていた彼なのだとか! びっくり。
今年は2度 駅伝を楽しませていただきました。

エンドロールに「協力 上武大学」とありましたが うん、納得!
ユニフォームもそっくりだし、この大学も始めは13人でスタートし、創部数年で箱根デビュー。
監督は箱根で大活躍した花田君です。
先月の予選会も突破し、来年のお正月が楽しみです。

沿道の観衆エキストラでも 参加したかったなぁ~~~~。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(4)
2009/11/03

ブルッ !

11/3 富士

今日は寒かったですねぇ。    
12月の気温とか・・。
寒い時期は好きではありませんが、唯一の楽しみがこれ。
今日のように寒く 天気の良い日には この景色が楽しみで
姉の家に行くのに 混んでいるのを承知で海沿いの道を選んでしまいます。
この道は 道端に車を停める余地はなく、渋滞も止るほどでは無く、
信号停止のところは景色はいまいちという訳で トロトロと走りながら ハンドルを握りながら
前に気をつけながら、目一杯の望遠で写しました。
もっと寒くなると雪の部分が大きくなって もっと大きな山に見えてくるのですが。

先日、高速1000円を利用して ご主人と九州に行った友人が
「東名で富士が見えると ほっとして嬉しくなった」と言っていましたが
その気持ちがわかります。


ニット 1 さて、、、、、、、
これは何でしょう?
これからの季節にショール?
   







>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(6)
2009/11/02

買い物は・・・・

もう11月になってしまいましたね。
先週は「友情確認週間?」
パスポート更新に行きながら 友人に頼まれた買い物を渡したり、
針仕事つながりの久し振りの友人とは あの話、この話と尽きず地元の刺繍店をハシゴ。
他の日にも別の友人と何時間もおしゃべりを。
こんな時間が一番楽しいですね。

今は円高で海外で買い物をするには良いチャンス!
でも、あちこちのブースを歩いても あまり欲しい!という物が見つかりません。
密かに「あれがあったら買っておこう」と思う物は見つからないし・・・・
という訳で買ってきたものは 主に日本ではまだ売っていない?ものを重点に。

買い物

1. フープでキルティングしていると、方向を変えるのに 「エイッ」とフープを回します。
   これはフープを回さずに キルティングできる 「親指用シンブル」
   右の絵で使い方が判りますが、中指にはいつものシンブルもすると便利と。
2. ハンド・キルティングの時、針をキルトから抜くのに指先がすべり取りにくい時があります。
   そんな時用の 「ニードル・プラー」
3. ボビン状に巻かれている 下糸用糸の新色。
   いちいち下糸を巻かないでいいので便利です。
4. 以前ご紹介したミシン「フェザー・ウェイト」用ボビンケース (予備として)
   そのボビン (これはmimiさんにいただきました。 ありがとうございました)
6. オーガンジーなどに両面接着紙を貼ると 表面に透けてしまいますが
   極薄の表に透けない両面接着紙
   布を下においてみると その薄さが判ると思います。
7. ミシンで刺繍やサテンステッチをする時に 安定紙を使い、後で剥がしたり
   水で溶かしたりしますが、そのままに出来る安定紙。 
8. 一緒に行った知人に買おうかしら?というと大笑いされた「マルチ・フレーム・キット」
   普通のミシンで簡単にロングアームのような使い方が出来るパーツです。
   いいんだもぉ~~ん!  これ、’01に行った時にも見ていいなと思っていたんだから。
   彼女によると、このおじさんはあちらでは有名な作家なので 信頼は出来ると。
   いつか、これを使ってキルティングした作品を見せてやるぅ~~~~~!

以前 ご紹介したこのミシン、日本ではパーツが手に入りません。
ヒューストンで伺った日本のキルト作家さんのお宅で このミシンの話になると、、、、
彼女もお持ちとか。
それも生まれた歳に製造された物を手に入れられたのだとか。 
私のは53年製。  これからは歳をサバ読んじゃおうかしら?
見せていただくと 綺麗なケースで取説も新品同様。 
私のアメリカ→インド→日本と渡って酷使されたものと大違いです。
ボビンも手に入らないとお話すると、何処でも売っているからと彼女は手持ちをくださいました。
そこで、会場でも見つかるかもしれないと気をつけて見て歩くと、、、
そのミシンもあちこちのブースでデモの為に立派に働いているし、
ミシンやパーツを売っているブースもあり 
「ボビンケースを探しているんだけど」というと 「ああ、あるよ」と簡単に。
日本ではミシンも毎年新機能の高価なものが売り出され、
次々と新型に買い替えていく多くのキルターが居ると聞きます。
でも、1930年代に作られ始めたこのミシンがアメリカで現役で生きていることに驚き、
古いものでも大切に使う人たちに 文化の奥深さを感じました。
これが 今回の一番の収穫でしょうか?
>>続きを読む
Houston 2009 | Comments(6)
 | HOME |