2010/04/29

久し振りに

国立新美 2010

ばたばたと忙しくしている内に ゴールデンウィークになってしまいました。
ブログの更新もままならず、というより姉の家に通ってばかりで
ネタもなく 針も持てず 
気が付けば ネット友のカウプレも ○周年記念プレゼントも締め切りは過ぎて。。。。

このエントリーさえ忘れかけていて、ある方から「今年も見られるの?」と聞かれて 
思い出した始末です。
そう、、、今年もこの季節になったのですね。

少し手を加えようと思っていたのですが 前日さえ色々と事件があり そのまま。
通れば ”ラッキー!!”ということで とりあえず抱えて届けてきました。

今日は昨日と打って変わって 気持ちの良い日差しに 
ミッドタウンの庭は家族連れで賑わっていましたが 美術館は空いていました。

新美
針の合間に・・・ | Comments(0)
2010/04/20

始まりました・・

ラッピング

ラッピング・カーです。
プレゼント?
それともアート?
エッフェル塔やセーヌ川に掛かる橋を包んでしまったアーティストもいたし。

でも、、、、、
違うんですねぇ~~~~~~~~~~~

我が家は新築して3月で6年になりました。
外壁は「モルタル下地 シロッコ吹きつけ」・・・・・・・・・・・・・だったのですが
去年の秋からこんな風に・・・・・
外壁

長生きはしてみるものです。
初めてみました。
建ててくれた工務店に文句を言いたかったのですが、そこはすでに倒産。
元社長とは連絡がつくので、塗装屋さんの連絡先を教えてもらいました。
去年の暮れには見に来てくれて
「これは下地が要らないという塗料で S林業も採用していたが
 色々と不具合が出て 今は使っていないものだ」と。
いやぁ~~、さすがにベテランの塗装屋さん、一目見て判るんだわ。
と私は内心感心しました。     その時は!
でも、色々と後で判り、その塗装屋さんもアレコレ言っては 延ばし延ばしに。


んで、、、、、、、、、、


その塗装屋さんが信頼できなくなって 
誠実さでは右端にいる友人のお兄さんも塗装屋さんなので その方にお願いしました。
早速見に来てくれて、 「オレも40年やっているけど こんなのは初めて見た」と。
見積もりは前の塗装屋さんよりも高かったのですが 信頼賃だと思って。

数日前から足場を組んで、今日は隣の駐車場の車をラッピング!
まずは外壁のモルタルをぜぇ~~~~~んぶ 掻き落としています。
家の中にいても カリカリ、ガリガリ・・・・・・
脇腹の贅肉もこうやって落とせるといいんですけどね・・・・・・・。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(4)
2010/04/12

美術館へ

庭園美術館 1

好きな美術館の1つ、庭園美術館で開かれていた『アール・デコの館』
展示されているのは この建物です。

フランスに長期滞在し、アール・デコに強く影響を受けた朝香宮が
関東大震災の後に建てたこのお屋敷は 建物それ自体が美術品です。
企画展の時には 展示品だけではなく、階段、ドア、暖炉・・・・・と調度にも視線が釘付け。
そちらをゆっくり見たいという要望が多かったそうで 
通常は公開しないスペースも公開し、さらにどこでも ”撮影可”という太っ腹。
あちこちで 一眼のバシャ!というシャッター音が響いていました。

庭園美術館1

戦後は皇籍離脱し、この建物は国の物に。
吉田茂が外相、首相の時は公邸になり、その後は迎賓館として使われていました。

ラジエター・カバー、ファイヤー・プレースカバー、通気口も部屋ごとに意匠を替えています。
そのままキルトになりそうなデザインばかりですね。
庭園美術館2
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(6)
2010/04/09

今日で最後・・・・・。

鎌倉山ボンジュール

東京近郊では桜もそろそろ終り頃となりましたが
鎌倉山は少々気温が低いのでしょうか?
まだまだ身頃です。
ただ、桜のトンネルという程には並んでいないのが残念です。

この頃体調が芳しくない姉1が 10日ほど前から帯状疱疹に。
以前からかかりつけ医に不調を訴えていたのですが
「オレは内科、小児科だよ。 それは婦人科にいかなくちゃ」
子供を産んだことがない姉は婦人科は苦手。
「若い女性ばかりで いやなんですよ」
「そんなこと言ったって オレは見れないんだから。
 婦人科だけはイヤだと思って 授業もサボったんだよ」

渋々 婦人科に行った姉は今度は泌尿器科に行くように言われ、、、
その足でタクシーで泌尿器科へ・・・・・・
診察をしようとした医師が 「帯状疱疹があるよ、皮膚科に行って来なさい」
幸いなことに 皮膚科は道を挟んだ向いに。
帯状疱疹の薬を処方していただきましたが 
その時はまだ痛くもかゆくもなく。
この日だけで 診察券のコレクションは 3枚追加。

数日後からは 耐えられないほどの痛み(本人の言葉)
また泌尿器科に行き 膀胱鏡の検査を受けて 皮膚科では痛み止めを。
週に数日は姉の家に行って 食事の用意をし、医者に付き添いです。

姉の家に行くには 海沿いの道かこの鎌倉山を越えるかのどちらか。
今日は近くの高級スーパー紀○国屋でお弁当でも、と思ったら駐車場が満車。
仕方なく鎌倉山のボンジュ~ルでパンを。
パンを買ったのは数ヶ月ぶりでした。
「鎌倉山店限定」のオリーブパン。
10cm弱の円盤状のパンにオリーブオイルが塗ってあり、粗塩がぱらぱらと。
黒オリーブのスライスが まるで益子焼の大皿を焼いたときの後のように
等間隔に5ヶ並んでいました。
大人のお味?  
なかなかでした。
今度 まねっこして見ましょうか?
画像は忘れました。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(4)
2010/04/04

もう 4月

風車

4月になって はや数日が経ってしまいました。
「この頃、キルト関係のUPが少ない」とお思いのアナタは ・・・・・・・・ ス・ル・ド・イ!

3月末には 「締め切りは今月末ですよ~~」なんてメールが2箇所から来て、、、
ありゃりゃ、面倒で一日延ばしにしていて そのうち忘れていました。
この頃では PCでのエントリー、画像データの送付というのが増え
アナログ派の seabreeze はいささか億劫になっています。
エントリー・ルールを読む、説明された手順で打ち込み、送付!といえば簡単そうですが
なかなか、しぶとい。
画像のタイトルを指示の通りに付けるのを忘れて 送付ボタンをクリックしてしまったり、
サイズが違うとエラーになったり、、、、、。
ア″~~~~!  スライドが懐かしいィ~~~!

そんな中で 時々は去年から各地で展示されている SAQAの作品、
「展示会場が増えました」なんてメールが届くと 嬉しくなったり、やる気が出たり。
いたって 単純なものです。
送った後は 何処に展示されるのかあまり興味はありませんでしたが
Point of View (視点?)は3月はランカスターでのAQSのキルトショーで、
6月はロングビーチとスイスに近いフランスの Morzine というところで、
8月には ミシガンで展示されるようです。

また、Sense of Humor (ユーモアのセンス)は
4月はシカゴ、5月はニューヨーク、6月はロングビーチとご旅行です。

とりあえず、どちらも2年は帰って来ないので その間はあなた任せということですが
何処にも行かれない。
ア~~~ァ

上の画像は 作り始めたバッグのピースですが
アイロン台に並べた状態で すでに1週間。
アイロンが掛けられないと 娘達から白い目で見られ始めたので 
そろそろ 何とかしないとね。
 
>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(6)
 | HOME |