2010/05/25

キルト袋

休館日

心配していた雨はすっかり上がり、心地よい風の中 最後の六本木行きでした。
今日の美術館は休館日。
昨日まで開催されていた「三軌展」の搬出日です。
搬入口はぐる~~~っと廻った裏手にあり、部門毎のスペースで受け取りです。
業者に搬入、搬出を依頼している作品は バックヤードで梱包作業がされています。
このトラックにはむき出しで詰まれるようで よく判りません ???

私は引き換え票を出して作品を受け取り、持って行った芯の筒に巻きつけ、、、
昨夜ありあわせの布で作ったキルト袋に入れて持ち帰りました。
去年までは 搬入はシワを作りたくないので 同様に筒に巻き付けて、
引き取りは パンパン!と畳んで布の袋に入れ、棒だけを金剛杖のように持って帰りました。
でも、
今年の作品は 畳みたくない・・・・・・と言うより 畳むのが怖い?
そこで 引き取りも巻いて帰る事にしたのです。

搬出

アメリカのコンテストに入選すると、、、
ピローカバーに入れて送るようにとか、入れないで送るようにとか 指示されます。
一般には キルトを運ぶのに 袋状の枕カバーに入れていたからのようです。
この頃では 畳じわが出来ないように折り目に緩衝材を入れるようにとか
畳み順まで指示されたりすることもあります。

これは枕カバーよりは細長く、1,4mくらいの長さにしました。
電車でも運びやすいように持ち手を付け、
口には紐を付けて 折り返して結ぶようにしました。
懐剣の袋を想像していただければ。
また来年も役立てばいいんだけど・・・・・。

お忙しい中、足を運んで下さった方には 心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。
キルト・よもやま話 | Comments(8)
2010/05/22

色見本

畳み縁色見本

刺繍糸や布、色鉛筆、DiCの印刷色見本等々、その手のものが大好きです。
見ているだけでも 楽しいと思いませんか?

畳の縁のバッグを以前ご紹介しましたが こちらはその色見本です。
このバッグは軽いし、作るのは簡単だし、重宝なのですが
ドームで購入した業者にネットで追加注文したら色々と行き違いがあり、
不愉快な思いを度々し、二度と買いたくないと。

そのうち、どこかのメーカーが売り出すだろうと思っていたら 案の定!
GWの後に 東京でホビーショーがあり、娘が行ってみたら
○○でも色々な色を売っていたよ、と。
そちらは以前からお付き合いのある業者なので 
タグピンのガンを注文するときに 畳の縁の色見本もお願いしました。

一色が30cmの長さを二つ折りにしてあるので
これをばらばらにして繋いでも 何かになるかしら?なんて
よからぬことまで 想像が膨らんで。。。。。
そんな時が 一番楽しいのかも?






ゴム印 ピンクッション

去年のホビーショーで見つけた消しゴムはんこです。
教室の月謝袋の領収印には毎年キルトがらみのデザインを消しゴムに彫っていましたが
案外 これが大変で だんだん簡単な物になっていました。
生徒さんから 「これは何の形?」なんて聞かれたり・・・・・。

教室の名前が「ピンクッション」なので これは私のために作ったみたい。 
フフフ、、
布用のスタンプで 布に押せばそのまま使えるし、
ちょっと中華饅頭みたいな気がしないでもないけど 気に入っています。
今年も 何か見つけようと思っていましたが
用事が入って 行かれなくなってしまい 残念でした。

それにしても たった2,5cm四方の中に こんなに細かく彫るなんて ソンケ~!
針の合間に・・・ | Comments(4)
2010/05/17

木の持ち手

木の持ち手

袋物の持ち手には 皮、木、布、ロープ等々、素材は色々と。
両端に金具がついていて 本体に挟んでペンチで止めるのが一番簡単。
皮は既成の厚さの皮ならあとから付けることが出来ますが、
柔らかい皮では家庭用のミシンで綺麗に縫うのは難しいし、
なかなか気に入った厚さ、色が見つからない。
木の持ち手はしっかりとするけれども、作るときに気をつけないと 返し難いし
ミシンの場合 押さえ金が邪魔をしてぴっちりと付け難い。
布の持ち手が楽で一番!
でも、ありきたりになってしまう・・・・・・。
と、、バッグを作るときに持ち手には悩むことになります。

今年の初めにいくつかバッグのご注文をいただきました。
以前購入してくださった方のをご覧になって 注文して下さったという
作り手にとっては 嬉しさも2倍のご注文でした。
秋口までに、というお約束だったので いつもの私なら暑くなった頃から始めていたかも。
でも、何があるか判らないから、、、、と3月には始めていました。
いつもなら 1点作るのに 1週間も掛からないのに
今回は今になって やっと1点目が出来上がりました。
コレはパッチワークを始めてから 最長の制作期間となったかもしれません。

木の持ち手 バッグ

初めに持ち手を付けた状態はゆるく、
片方に重いものを入れたらバッグ本体がズッズ~~と傾いてしまいそう。
そこで もう一度、しっかりと。
作るたびに 何か発見があり、勉強になります。
>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(8)
2010/05/14

赤い糸

目録

12日から始まった三軌展。
昨日は午前中はキルト教室、帰宅して2,3箇所に問い合わせや注文をして、
図書館に寄って、やっと出向くことが出来ました。
着いたのは4時近く・・・・。

とりあえず、事務所に寄って「出品目録」を受け取り、
イザ、工芸のスペースに直行!
今日は他にも予定があるので じっくりと拝見するのは今度来る時の楽しみに。

やはり 危惧したように壁にぴったりと掛けられているので
夏帯の透ける感じは判りません。  
(ア~~~~ァ、そこに苦労したんだけどなぁ)
でも、私は一般公募の入選で 展示方法まで注文を出せる身分ではゴザマイセン。

他の工芸の作品を拝見していると、、、
赤いジャケットの女性が つつつ、と私の作品の前に立ち、じっとご覧になって
ほかの作品に廻らずに戻られた方がいらっしゃいました。

「ア!」 
「多分!」
「きっと そうだわ!」

この春、ネットでつながりのある方からの連絡を頂いたことがありました。
彼女はアメリカ在住で活躍のキルトアーティストで 日本に戻られたばかり。
お目にかかることにしていたのに、姉夫婦のことがあって無期延期に。
お詫びにこの招待券をお送りしていたのです。

勿論、可能性はとても低いとは思いましたが 伺っていた携帯に。
「ハロー?」
「もしもし?  seabreezeですが、、、いまどちらにいらっしゃいます?」
「はい、美術館の入り口に」

こんな事って あるのですね。
お顔も存知あげないのに 赤いジャケットが引き合わせてくれました。
外のベンチで キルト談義に。
陽も陰り、風も吹いてきたのに お話は尽きることなく。
再会を約束してお別れして、私は青山で開催中の友人の個展に。

こちらも終了間際の時間です。
そこにこられた男性。
友人が紹介してくれましたが、その方は昼間注文の電話をした会社の方でした。
こちらもこんな事って あるのですね。

朝の星座占いはびりでしたが、なかなか収穫の多い日となりました。
キルト・よもやま話 | Comments(6)
2010/05/08

苦労も実になる?

禅寺の朝 1

以前、一番好きな場所は「報国寺」とお話したことがあると思います。
鎌倉に住む以前から 何度も行っては竹の庭に心を鎮めて・・・・
いいえ、ただ・・・・・ボ~~~~っとして。 
今は遠来のお客様には 必ずと言っていいほどご案内しています。
いつか キルトにしたいなぁ~~と思いながらも なかなか難しくて手が出せませんでしたが
去年、エイヤァ!と挑戦することにしました。
これはその内の一点。  それも裏です。

義兄が実家の蔵を壊す際に持ってきた夏帯
一目で気に入って 「これを何かにしよう!」
デザインソースは竹の庭への入り口の石畳。
この透ける帯を生かすには その部分にキルト綿を重ねないこと!
では、、、、、どうするか?
また頭の中で、お風呂の中で、あちこちで、、、、
考えるのはそのことばかり。
ふと思いついて、試してみて、、、
ウン、コレで行こうと決めても 本番にはまた変えて、、、。

それぞれのブロックは 「ルンルン♪」と言いたくなるほどでしたが
やはり 山は高かった!
岩場もあった!
6mmの既成のバイヤステープはレインボーカラー
裏でもいいんじゃない?なんていいたいけど やはりこれは裏。

イザ キルティングに入ったら 問題発生!
何度も解き、手法を変えてみたり、何故か下糸も換えたり、補修をしたり・・・。
(完成する前から 補修?と思わないでね)
最後には予定外でしたが 裏一面にナイロンチュールを重ね、
それも失敗して 30分もしないで近くの手芸店にもう一度買いに走って、、、、。

ふ====っ!  いやはやこんなに苦労するとは思いもしませんでした。
表は・・・・とてもそうは思えないんですけどね。



 「三軌展」に展示されることになりました。
  国立新美術館 12日~24日 
 (18日は休館)
 
  会場でご覧いただけると嬉しいです。








>>続きを読む
ショー&テル (タペストリー) | Comments(10)
2010/05/05

スッキリ

のれん

お約束のように GWはいつもスッキリと晴れますね。
皆さま、西へ東へ・・・・と楽しんでいらしゃいましたでしょうか?
私は草取り、姉夫婦の世話、そして、、、職人さんのお茶の用意に明け暮れて終わりました。
12日から入る予定が 雨で数日遅れ、その後も雨の日が多く
休日返上で今日やっと 足場のパイプを運んで 「工事終了!」となりました。

路地の草取りをしていると 通りがかりのご近所の方から 「綺麗になりましたね」と。
(私が?・・・・・マサカ・・・・)
塗装屋さんも 近所の方からも仕事を頼まれたそうで。
遠くから来てもらっていたので ヨカッタ。。。。。。

足場やシートがあると天気が良くても 大物の洗濯は無理だったので
今日は 家のマット類、カーテンを洗い、暖簾も冬から夏バージョンに替えました。
右の奥の暖簾は 母がぶどうを刺した物で 20年以上前に作ったのであちこち傷みが。
手前は藍染めを始めて習ったときの作品で 初期の頃に比べると大分色あせています。
どちらも そろそろ替え時かも?
でも 愛着のあるものはなかなか スッキリとは行かないのよね。

>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2010/05/01

リビエラにて・・・

リビエラ1

GWに入り、4月の不機嫌な空模様もすっかりどこかに行ってしまったようです。
皆さまはどのような連休をお過ごしでしょうか?

私は 「リビエラ」にまいりました。
抜けるような青い空、さわやかな風に乗った潮の香り・・・・・・。
う~~~ん、 トレヴィア~~ン!

リビエラ2

エ?  何か疑問でも? 
おかしいところがありますかしら?

飛行機には乗っていないんですよ。
何しろ、ヨーロッパの空は灰だらけですから。
鎌倉駅から無料のシャトルバスに乗ってきたのは 逗子マリーナの「リビエラ」。
ここでフリーマーケットがあったのでございます。

今回 私がゲットしたのは フフ、フ。
こういうものはなぜか 目に飛び込んで来るのです。
シンブル

明日は地元で御成フェスタがあります。
また何か 面白い物が見つかるかしら?  
針の合間に・・・ | Comments(6)
 | HOME |