2010/10/28

冬支度

カシミアのマフラー

急に寒くなりましたね。
ついこの間までは 日陰を選んで歩いていたのに
今日は 冷たい風に日向を選んで歩いていました。
北の方ではもう 長い冬が始まったようです。
一体、秋は何処に行ってしまったのでしょうか?

こらは 去年に申し込んだヴォーグのニット頒布会の中の一点です。
タイトルは 「カシミアのストール」
でも、編み図を見ると・・・・・・幅10cm、長さ2m!
たった10cmの幅でも ストールって言うの?
ダイイチ、2mなんて キリンでもないのに幾らなんでも長いんじゃないの?
・・・ということで 15cm幅で編みました。
画像では判りませんが どの色糸も コンビニのおにぎり程度の大きさしかありません。

カシミアのマフラー

一目鹿の子や一目ゴム編み、ガーター編み、メリヤス編み等、
基本的な編み方だけです。
マフラーなんて 小学校の家庭科でガーター編みのマフラーを編んで以来かも。
あの時のマフラーは幅がでこぼこ、目を落としては母に助けてもらって、、、
でも 完成した記憶がありません。
出来上がりは1m70cmくらいになりましたが、マフラーとしては十分でしょう。
極細2本取り程の太さで とても軽いです。
>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(4)
2010/10/25

ダブル? トリプル?

トリプル・ポーチ 1

タイに行った事のある方なら勿論、行かない方でも良くご存知の「ジム・トンプソ○」です。
実は3連になっています。
去年、姪が我が家に逗留していたときに 
「おばちゃん、これ便利よぉ~~~」と見せてくれたので 
(そうかなぁ、返って嵩張るような気もするけど)と思いながらも 
手にとって、裏返したり、引っ張ったり、、、で、パチリ。
うん、よく出来てる。

でも、、、
手仕事をする人なら、 あそこをああして、それからこうして、、、、と
なんとなく作り方は想像できます。

そこで、、、、
私も作ってみました。
まずは 2連で。

トリプル・ポーチ 2

とりあえず完成です。
たった15cm幅のポーチでも バッグを作る時と同じだけミシンのパーツを使いました。
色々と、反省点を踏まえて、、、、、
3連に挑戦
>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(8)
2010/10/22

ファット・クォーター

V & A 布1

ロンドンつながりの話題をもう1つ。
「キルトのブログだと思ったけど 違うのねぇ」と思われたあなた、
たまにはキルト関係の話題も載せないといけませんね。

チューブと呼ばれる地下鉄のサウス・ケンジントン駅の改札を出て
「V&A への近道」という表示に従って地下道を進むと
雨の日でも濡れずに ヴィクトリア女王と夫のアルバート公のコレクションを集めた
博物館の地階入り口にいくことが出来ます。
何しろ、ロンドンは雨が多いですから。

ここには 膨大なテキスタイル、工芸、デザインが展示されていて
その多くがガラス越しではなくて 直接見ることができます。
レース、刺繍、布などは額に入り、本のように収蔵され
自由に引き出して 脇の机に立てかけて じっくりと模写をする事もOK。
勿論、撮影もOK。

5年前に始めて訪れたときには 上階から順に一通り見て周り 疲れ果てました。
去年、姪の所にいたときには テキスタイルのところだけをじっくりと。
まだまだ見たりない気持ちで 一週間くらい通えたら、と思います。

ここで、この春にキルトに関する特別展示がありました。
あることは知っていても なかなか、、、見に行くわけには参りません。
そのうち、忙しくなってすっかり忘れていました。 

秋風が感じられる頃になって 姪からどっさりと小包が届きました。
中を開けると V&Aの袋に入った布です。
この特別展示に合わせて リバティが限定復刻した布のファット・クォーターが全種。
それぞれの帯にはどの時代の物か書かれています。

V & A 布2

左列上から 1802~1830, 1830~1840, 1797, 1797 
中央上から 1797, 1829, 1797, 1830
右列上から 1797, 1797, 1802~1830, 1797, 1797
のカバレットからの復刻です。

アメリカでは ファット・クォーターは 1ヤードの1/4 (55x45cm)ですが
イギリスでは 50x75 cmもあります。
こんなことでも違うんですね。
さて、、、、、、何を作りましょうか?

シンブル

一緒に送ってくれた ピュ―ター(錫と鉛の合金)のシンブルです。
周りには ”Victoria Albert”と刻まれています。
キルト・よもやま話 | Comments(6)
2010/10/19

見かけは変らねど・・・

レッド・オニオン

レッド・オニオン3ヶを切りました。
先日 コストコに行ったときに 網袋に入ってお安かったのでつい買ってしまって。
ジャムやマーマレードはごくごくたまに作るくらいでして。
コンポートや栗の渋皮煮なんてわざわざ作ってまでは・・・・・。
食べるのはどれも好きなんですけどね、その手間を考えると・・・・パス!

去年の夏にロンドンに行ったときに 
ロンドンブリッジ近くの週末だけ開くボローマーケットに行って見ました。

この店には多種多様なジャムやコンポートがあり、どれも試食OK。
「レッド・オニオンのスパイシーマーマレード」と「根生姜のジャム」
この2つは見たことがなかったので お買い上げです。
「根生姜のジャム」は生姜がごろごろ入っていて、
トーストに塗るのは勿論、 熱いお湯に溶かしてしょうが湯のようにも。
「レッド・オニオン」はその名の通り、スパイシーでジャムの概念を壊します。
絶品でした。
お土産にあげた姉にも 「もっと欲しい」と。
あちこちの輸入食材屋さんを覗いてみましたが 何処にもありません。
このメーカーはネットで通販もしているようですが
重いので 幾らになるかを考えると・・・・・。

今年の夏に姉が孫に会いに行くというので 頼みました。
方向音痴の姉が行かれるか心配でしたが 帰国して送ってくれました。
これからは 自助努力しかありません。

そこで上の画像です。
お砂糖とスパイスが何だか判らないので 
家にあったクローブとナツメグ、胡椒、塩、生姜をすって煮詰めました。
色がだんだん変って 見掛けは同じになりましたが。
お味はどうも、、、、、違うんですね。
でも ちょうどジャム瓶1つ分の出来上がりだったので
これを消化したら 今度はオールスパイスでリベンジしてみようと思います。

ジャム
針の合間に・・・ | Comments(2)
2010/10/16

ヴェトナムの子等へ

ラベル

毎日信じられないような暑さが続いていた頃、
こちらから往復はがきが送られてきました。

・今年も参加しますか?
・何枚ですか?
  手持ちの毛糸で、  毛糸を送って欲しい
・名札を欲しい

というような内容です。
厚紙に作者の名前を書き、胸の位置に安全ピンで付けるというのが送る時のルールです。
いつも手近の厚紙に書いていましたが どんな物かしら、と「名札を欲しい」に○をして。
そして送られてきたのが ↑でした。

"present from Japan"
こんな織ネームを襟ぐりに付けるように書かれています。
へぇ~~~~~!
なんでこんなアッピールをするの? というのが感想。

今年のセーター

今週はせっせ、せっせ、、、
義兄の検査結果を聞きに行った病院でもせっせ、せっせと。
ルールにそって名札も付け、織ネームも渋々付け・・・・完成。

ODAで橋を作っても 「何処の援助で」と明記されているし、
国内でも これは競艇の収益金で、、とか、宝くじの収益で、、、なんて
施設の入り口に書かれていたりするので 同じ感覚なのでしょうね。
重箱の隅をつつくようなことは 国会議員のセンセに任せて
11月になったら送りましょう。
息抜きも針仕事 | Comments(4)
2010/10/11

今年も

八幡宮1

昨日は前日からの雨も午前中にあがり、陽がさしてきました。
娘を誘って久し振りに八幡宮まで散歩。
日がよかったのか、お宮参り、七五三のお参りの人達で賑わっています。

3月に強風で倒れた銀杏も 銀杏の生命力か 神通力か、
はたまた 鎌倉市民の祈りが通じたのか
いまでは モヒカン頭のようにツンツンとしています。
ナニヨリ、ナニヨリ・・・・・
ホッと胸をなでおろしていると 笙、ひちりきの音が。
舞殿での結婚式が始まるようです。
よかったですね、雨もあがって。

ところで、綿帽子は仏前結婚式と思っていましたが
これは私の間違いだったのでしょうか。
お仲人さん(?)の奥さまが見覚えのあるお顔ですが 思い出せません。

八幡宮2


>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(4)
2010/10/10

キルトのキルト

キルトのキルト 1

キルトが柵やイスに掛けられたプリントの布です。
小さなハートで22cm四方の大きさに区切られています。
私のイメージではない?
ハイ、10年以上前、今のように円高のときに 
アメリカの通販で手に入れたのですが 今まで使い道がありませんでした。
その頃は 日本では見られないプリントがカタログにあると注文 
届くとニヤニヤ・・・・ 見ているだけで楽しかったのですが 切るのが惜しくて。
いまではデッド・ストックとなってしまったあんな布やこんな布。

キルトのキルト 2

端切れの整理を兼ねて、5cm四方にカットした布をひたすら繋ぎました。
ベビー・キルトの裏、エルビスのキルトのベースにしたストライプ・・・
静岡の芹沢美術館の帰りに生地屋さんを見つけて買った布。

作ったのは この間カバーを作ったイスのカバーです。
すべて半端のプリント布、バインディングも結び紐もすべて端切れ。
裏もYシャツのサンプル布で。
キルティングもこの頃では使わなくなったキルティング用糸を減らそうとハンドで。
でも、こんな程度では焼け石に水。
ちっとも減ったようには見えません。

キルトのキルト 3

キルティングしながら 気が付きました。
この間作ったカバーは簡単に外せて洗えるのだから
この上のカバーを手を掛けて作る必要はなかったと。
アハハ、、、、マ、端切れの整理と思うことにしよう!
62 x 150cm
ショー&テル(小物) | Comments(6)
2010/10/07

浦和遠征

モリス展

「お母さんの好きなモリス展をあるわよ」と娘1が招待券を持ってきてくれました。
娘1の勤め先には色々なイベントの招待券が来るので 時たま貰えてラッキー ♪
ただ、、、浦和には行った事がありません。
「湘南新宿ラインに乗っても赤羽で乗り換えないと駄目だからねッ」
「あら、そうなの?」
”子供に手を引かれてお出掛け”もそう遠いお話ではなさそうな気配?

去年(?)新橋のパナソニックでの展示ともしや同じ?という不安もありましたが、
埼玉の友人を誘って。
今回は教会のステンドグラスが数多く展示されていました。
入場者は私たち以外は若い女性が二人。
この二人はず~~とおしゃべりして、靴の音が響いて、、、、。

マンホール

美術館は駅から商店街を抜けて 5,6分のところにあります。
これはその商店街で見つけたマンホールの蓋。
以前、マンホールのキルトを作ったので つい、目が行ってしまいました。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(6)
2010/10/03

しかけカード

しかけ絵本 講習1

もう10月になってしまいましたね。
秋の日はつるべ落としとはよく言ったもので 5時には薄暗くなってきました。

8月の暑い盛りにこちらでご紹介した しかけ絵本の店の講習に行って見ました。
定員18名の講習でしたが 子供さんの参加は一名!
あとはおじいさん? おばさんばかりでした。

初めに簡単な説明がありますが あとは各自見本を見て、、、、。
判らないところは先生が やさ~~しく、丁寧に教えてくださいます。
用意されている色画用紙、クレヨン、はさみ、のりなどを駆使して・・・・いざ!

しかけ絵本 講習2

楽しくて あっという間の2時間でした。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(10)
 | HOME |