2010/11/27

オープンから終了まで

キルト1

まずはオープン前にグランプリと準グランプリ
後姿はP通信社の方

パシフィコ
すがすがしい空です。
曲がった腰でカメラを構えた姿は想像しないでください。

グランプリ、準グランプリ、各賞受賞作品です。
キルト2
一番下の作品は私の一番気に入った作品。
黒地にハンドでアップリケ、ミシンでキルティングと 
難しいテクニックも奇抜なアイデアでもありませんが こういうの、好きです。
入選、受賞作品には毎年常連の方が何人もいらっしゃいます。

キルト3
終了間際の会場。
ジャンボキルトは神戸で開催されたときに作られたものです。
キルト・よもやま話 | Comments(6)
2010/11/26

始まりです

夜景

ほんの半月程前には 各国の首脳達が見たのと同じ夜景です。
といっても あの時は観覧車は稼動せず、この辺り一体は厳戒態勢だったようですが。

昨日までどうしようかと迷っていましたが 
エイ! ヤァ!と気合を入れて行って来ました。
朝は 7分で行かれる駅に20分も掛かって辿り着き、
改札の上の電光掲示板を見ると 「不吉!」
事故か何かで 電車が大幅に遅れています。
いつもならJR桜木町駅から動く歩道に乗ったりして 15分掛かるところを
今日は 極力歩く距離を短くして みなとみらい線に乗って3分で会場に。

「わがまま言って悪いけど、今日は座れる仕事にして」
「大丈夫、そうでなくてもアナタは座る仕事だから」
仲間が痛み止めをくれて 一日中案内所に座っていました。

ということで 会場は殆ど見ていません。
帰りには 痛み止め効果か、日柄物か 大分良くなったので
明日は会場の様子をすこし写して来ようと思います。

夕日
会場入り口から見た夕日。
キルト・よもやま話 | Comments(8)
2010/11/24

座りきり老人の悲哀

試し

世間の人々が勤労を感謝して休日となった日・・・・。
日頃から勤労しない私も 遠慮なく休養させてもらう事に。
というより、、毎日が日曜日で曜日も定かではないのだけど。

足元が寒いのでソックスを履こうと身を屈めた瞬間のこと
ビ、ビッと来ました。
「ア、この人が運命の人!」ではなくて 来たのは 腰に。
経験がおありの方はピン!と来ますよね?

「あ”~~~~! やっちゃった!」
それからはいつもの通り、腰を伸ばすことが出来ず、、、、、
シップを貼って、コルセットを腰に巻きつけて手当て。
何度も経験しているので 3日我慢すれば痛みもなくなるとわかっています。

って、何度も経験するな!  学習しなさい!

今日は姉の家に行くはずだったのを断り、
明日は教室だったのを 生徒さんたちにメールをして中止をお願いして、、、。
でも、困りました。
今週の金曜日から 横浜で恒例のキルトイベントがあり
三日間 お手伝いする約束です。
う~~ん、それまでにとりあえず腰を伸ばして歩けるようになれば
今年は座って出来る仕事をお願いすることにしよう。

ということで、イスに座っているのが一番楽なので
座って出来る仕事をすることにしました。
というより、私のすることは殆どが すわり仕事。
ミシンの掃除をし、
着物の生地で作ろうと思っていた物の試しキルティングをしてみました。

高齢になったら 口の煩い寝たきり老人になる予定ですが
その前に座りきり老人になっています。
あと、二日の辛抱。。。。。だと思うことにしよう。

ちなみにこちらが 横浜のイベントのチラシです。
クリックすると 少し大きくなります。

キルトウィークちらし

キルト・よもやま話 | Comments(8)
2010/11/22

まぁ~るく、まるく

丸いバッグ 1

ったく、世の中腹の立つことばかり!
期待した政府は何ともはや、頼りないし、軽はずみなことを口にする政治屋大臣・・・・
首相は日に日に 顔色にツヤはなくなり目はうつろ、言葉はおたおた、おろおろ・・・・
しっかりしてよ! と背中を叩きたくなるのは私だけではないでしょう。

コロコロ変る総理大臣に 10年前からの順番なんて もう、言えないし
替わる毎に小粒になっていく。
今や、ゴマどころか、芥子粒? 
せめて すりゴマにならないことを祈るばかりのおばさんでございます。
総理大臣の「ゴマよごし」なんて箸にも棒にも掛からないですからね。

おっとっと、、、、
華のシニアーはそんなことにいらいらして 眉間にしわを刻んでは いけません。
ココは 人間まぁるくなって楽しくいかないとネッ!

っていうことで、、
下のバッグの布をカットしているときに 切り落としを3cmの幅に切っておきました。
貴重なつむぎの布を無駄にしては勿体ないですからね。

近所のS手芸店では 旧店舗で午前中だけセール品の販売をしています。
そこで見つけた 本皮のドーナツ型持ち手。
お安くなっていると 買わないと悪いと思ってしまって、、、、。

その持ち手に合うようなバッグを作ってみました。

丸いバッグ 2

アップリケとリバースド・アップリケ、キルティング、底もまぁるく。
ついでに中袋も ○の重なった七宝柄で・・・・・。
キルティングは絹の穴糸で、アップリケやキルティングは久し振りにハンドでした。

>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(6)
2010/11/16

設計図?

設計図

キルトを作るとき、スケッチを何枚も描き、色塗りをしてみて、
布を貼ってみて 様子をみる、、、、ということをするのが王道かもしれません。

トラディショナルなら PCのソフトもあり、
パターンを決めて 縦横のブロックの数を設定すると 一瞬で下図が出来、
色をドラッグしたり、手持ちの布をスキャンしておけば 
出来上がり予想が完成する、というお利口さんです。
でも、私は持っていませんし、多分 これからも使わないと思います。
コレだけで 完成した気分になってしまいそうで 面白くなさそうだし
トラディショナル・キルトを作ることはあまりないと思うからです。

だからと言って 下図を丁寧に描くという事も滅多にしません。
「多分、こうなるだろうなぁ~~~~」という何とも心もとないイメージで
布を切り、縫っていきます。

今回はスクラップの四角つなぎですが、大きさがいくつかあるので
ちゃんと組み合うか試しに描いてみました。
ついでに 大きさごとに 必要枚数も数えておきました。
まっじめぇ~~~!

大島バッグ1

これはご注文の品です。
使いたい持ち手をこの間の三越で見つけたし、
泥染大島も手持ちに少し追加できたので やっと作ることが出来ました。
少し年配の方のようなので 30x24x8cm と少し小振りにしました。
気に入っていただけるでしょうか?


>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(6)
2010/11/12

季節はずれですが・・・・

生徒さんたちの作品です。

生徒さんたちのハワイアン

今年の春に 「今年はハワイアンのタペを作りましょう!」と提案しました。
大きさは 1mくらい、出来るだけオリジナルで、、と。
これに生徒さんたちは 頭を悩ましたようです。
でも、本に出ている図案をそのまま写して作ったのでは 教室に来る意味がありません。
そこで、、、、
ウィリアム・モリスの図案を参考にしたり、 
本の中から気に入ったキルトを大きさが違うので アレンジしたり
レイアウトを替えたりと 皆さん苦労して工夫してくれました。

「オリジナルで」というととたんに途方に暮れた顔をするのですが
創造力は眠っているだけ。
すんなりでも やっと搾り出したのでもいいんです。
やれば出来る! 

8月は夏休みにするのですが その前に・・・・
「9月には しつけが出来ているくらいに」とあからさまなプレッシャーを。
ちゃんと皆さん9月には 完成したり、しつけをしてあったり。
その画像がどこかのファイルに紛れてしまって 
やっととんでもないところから見つかりました。
季節はずれになってしまいました。  ゴメンナサイ。

3番目の作品は 1.4mくらいの大きさ。
4番目は夏掛けくらいの大きさがあります。

>>続きを読む
ショー&テル (タペストリー) | Comments(4)
2010/11/10

スクラップ・ニット

残り糸

少々(大分)ぼけていますね。  もう写しなおせないので お許しください。

以前は家族全員のセーターを編んでいました。
その残り糸が プラスティックの衣装箱に一杯!
セールのときに来年用にと買っておいた毛糸などは
この3年で世界の子供達へのセーターに変身して 少しは減りましたが、、、、。

残っているのは 条件外のモヘアや汚れやすい色、ウール100%でない等など。
どれも半端で どうしようもないので どうしようかと頭を悩ませていました。
そんな時、フト思いつくんですよね、良からぬ企てが、、、、。

「そうだ! 残り布を集めたスクラップ・キルトがあるんだから
残り糸を集めたスクラップ・ニットがあってもいいんじゃないの?」

ということで ゴミ袋一杯の残り糸から色の合いそうな糸を選んで、、、、


残り糸のベスト

適当な寸法で編み始め、気が向いたところで糸を替えて、、、、。
結び目は普通は裏にするところを 表に出して、、、、、。
後ろ身頃の幅が広すぎたので 前身ごろを細めにして、、、。
その結果、柄のずれが脇に見えることになって、、、マ、それもいいかな?と。

適当なボタンがなかったので
ロンドンの骨董市で買ったボタンを付けて。

ハハハ、、、とりあえずは完成です。

着てみると ドラム缶の体型がさらに強調された!
でも 背中にカイロを貼っているようにポッカポカ。
家で着るのだから、、、、、これでも良しとしよう。

毛糸はまだまだ、まだまだ 残っている。

そして娘は 「変なの・・・・」と。
母は めげないのだ!
息抜きも針仕事 | Comments(6)
2010/11/07

鹿教湯、松本

かけゆ温泉1

ウン十年ぶりで 列車に乗っての温泉です。
若い頃は 休みといえば あちこちに。
その頃のあだ名は 「歩く時刻表」
自分が行かない旅行でも日程を組んであげたり。
なぜ、交通公社や国鉄に職を見つけなかったのでしょうか?
答えは 楽しみを仕事にしたくなかったから。

結婚してからは用事で列車に乗って名古屋、大阪、高山などに行くことはあっても
行楽に行くことは殆どありませんでした。

ココは 松本から車で30分ほどの 「鹿教湯温泉」
大きな旅館はなく、簡保の宿はすでに閉鎖、
観光客もあまり見かけない 寂れた温泉地というところでしょうか。
何しろ、「かけゆ」と打って変換できないんですから。

かけゆ温泉2

昔々、元気だった頃の母が好んで行った温泉で 地名だけは知っていました。
どんなところか全く予備知識がなく行ったのですが
こんな温泉地もいいものです。 


>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(8)
2010/11/05

あずさ

あずさ

温泉に、、
未分類 | Comments(0)
2010/11/01

お巡りさんの婚活

箱根1

皆さんの地域でも 多分そうではないかと思うのですが
一年に一度くらいの割で 地元の交番のお巡りさんが来ます。

家族の方に変化はありませんか?
勤務先は変っていませんか?
緊急連絡先は同じですか?
と、聞いて行かれます、、、、、、、よね?

以前来られた40代後半の恰幅の良い陽気なお巡りさん。
その質問のあとで
「あれ? 娘さん、お年頃だね。 決まった人いるの?」
「一人ぐらいいてもいいんだけど、いないみたいですよ。」
「うちの交番にイイ奴いるんだけど 一度会わせてみない?
 こういう仕事は 女の人と知り合う機会がないんだよね。」
「・・・・う~~~ん、どうかしら?」
「お巡りさんて イヤかな? 
 公務員だから安心よ。 潰れることないし。
 県警だから 転勤っていっても県内だし。」 と売り込む。
「でも、勤務が不規則でしょ?」
「だからいいんじゃないの。 平日に休めるんだよ。
 何処に行っても空いているし、温泉だって平日なら安く行かれるよ。」

そこから段々と話が 違う方向へ・・・・・
「オレの実家は熱海なんだけどさ、40万で温泉の権利を買って立て直そうと思ったのよ。
 そしたら叔父が横槍を入れてきて 計画は頓挫よ。
 権利だけじゃ 風呂には入れないもんね。
 千代田荘って知ってる?
 この間行ったのよ、 平日だし安く泊まれるのよ。」
「それは警察の施設?」
「千代田区の保養所なんだけど 関係ない人でも泊まれるよ。」

その後も あちこち転勤した先での出来事、大葬の礼のときの警備の話、
天皇ご一家が葉山に来られたり、お忍びでの外出の話 等々、、、、
たっぷりとおしゃべりして 最後に 
「ね、一度会わせてみない?」  (ア、 覚えていたんだわ!)
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(6)
 | HOME |