2011/01/30

ヌクヌク

室内履き1

寒い毎日ですね。
今日は当地でも 少し雪がちらちらと舞いました。

毎年、この時期に小町通りでニットの展示即売会が開かれます。
ニットの先生のグループが一年間編み貯めた作品を 材料費程度で販売するのですが
友人もメンバーの一人なので 見に行って来ました。

顔を見たとたんに 「太ったんじゃない?」
彼女と会うのはひと月ぶり。
そりゃ、お正月もあったし、旅行に行って美味しい物も色々と・・・・
でも、会うなり言われる程太ったのかなぁ~~?
来月は 去年超メタボの先生から 「脱メタボ手帳」なるものを貰って最初の健診が。
秋にインフルエンザの予防接種に言ったときに
「体重落とした?」 
2kg減ってから 3kg増えて・・・と答えて睨まれていました。  トホホ・・・・

セーターやベストはサイズがねぇ~~~~~
・・・・と言うわけで 買ったのが ルームソックスのキット。
判らないところがあったら すぐに聞けるうちにと早速編んでみました。

ルームソックス2

セーターの袖のように 対の物は同じ大きさに編むように気をつけないといけません。
片方が出来上がってから もう片方を編むと大きさが違ってしまうことがあります。
今回も片方の底を編んで もう片方を編むと・・・・
結局、4回も編みなおしてしまいました。

展示会場にあったものは同じ色の組み合わせでも もっとスッキリ。
段染め毛糸とベースの毛糸の二本取りなのですが
きっと組み合わせ方が違ったのでしょうね。
娘は 残り毛糸の寄せ集めみたいといいますが
ネパールのニットのようで こういうの、大好きです。

ウール50%、ナイロン50%の中細毛糸二本取りです。
靴下類はウール100%だと すぐ穴が空いてしまうのよ。
実際の色は濃い青紫と黄緑色という組み合わせです。
息抜きも針仕事 | Comments(2)
2011/01/28

函館ぶらぶら・・・

函館1

21日から二泊三日で函館に行って来ました。
「大人の○×倶楽部」では 乗り放題¥12,000という乗車券が売り出される時があります。
東日本管内で三日間という制約はありますが 新幹線OK,指定席も6回までOKという
魅力的な乗車券です。
地方に親戚や実家がある方は とっくにご存知かもしれませんね。

いくらお安くても飛行機よりは時間も掛かるし・・・と思っていましたが
乗り心地の良い新幹線で 駅弁を食べながらのノンビリ旅も良いものです。

今年は青森新幹線が開通したばかりで きっと青森地方は賑わっているだろうと
わたしと友人はなんの計画も立てずに函館に2泊することに。
日本海側の豪雪の最中、青森駅、新青森駅は この先の不安を十分掻き立ててくれる吹雪!
函館駅に着くと 雪は覚悟するほどではなく 歩いてホテルへ・・・・

ベイエリアのホテルは明治7年から安田倉庫があったところで
2年前に当時のレンガの壁を利用して クラシックなホテルに建て替えられました。
デラックス・ツィンにサービスされた部屋は赤レンガ倉庫群や函館山が窓の外に広がります。
夜景を見に函館山に、帰りは元町の教会のライトアップ、エキゾチックな洋館などを見て。

函館2

狭い区域に ロシア正教、ギリシャ正教、カトリックの教会、お寺が集まっています。
雪の積もった坂道はきょろきょろとしていると なかなかデンジャラスでしたが
あちこちに古い洋館、日本家屋かと思うと二階は・・・あれ?というような民家。
横浜の山手にも洋館はありますが、こちらの方が庶民の家という印象です。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(4)
2011/01/25

人、人、人・・・・・

ドーム1

21日から始まったドームのキルト・フェスティバル
例年は初日に行っていたのですが、今年は函館に行ったので昨日出掛けました。
ネット友と11時に入場すると・・・・・ものすごい人、人、人・・・・・
その中の一人になってしまえばあまり感じないのですが 上から見ると ゾ~~~ッ

あまり見て廻ることもせず、買い物もファスナー2本、シンブル1ヶのみ。
グランプリの作品がどうしても思い出せません。
私的には マリナーズコンパスの方が好みでしたが 人が多くて写せませんでした。
企画物の「アーミッシュキルト」も新鮮味は感じられないし。


今年から始まった額絵キルト部門がなかなか面白いと思いました。
細かい事が得意の日本人キルターには向いているし 自由に冒険も出来るし 
これから発展していくのではないでしょうか。
大きなタペストリーには尻込みしても これなら、と。
ただ、サイズがまちまち、マットを入れたり入れなかったりで 
応募の規格はどんな条件だったのでしょう?

額絵キルトから・・・・
一番下の作品は 始めてのキルトだそうですが
簡単なステッチで 都会の夜景を上手に表現していると思いました。
とかく細かく手間が掛かっていたり、難しいテクニックが評価されがちですが 
私はこういう作品が好きです。

額絵キルトから


創作キルト部門の1位、3位の作品
3位の作品は インドのバティックを使ったログ・キャビンですが
バックの壁の色と同化してしまったのがザンネンですね。
私もバティックで作ろうと思ったことがありましたが
なかなか難しくて諦めたことを思い出してしまいました。

創作キルト

キルト・よもやま話 | Comments(4)
2011/01/21

はやっ!


3時過ぎには到着。
チェックインして函館山からの夜景を見に。
案外寒くありません。
未分類 | Comments(12)
2011/01/21

寒そう!


北国に行くのは冬がいいとはいうけど、、、
どうなりますか?
未分類 | Comments(2)
2011/01/19

私もタイガー?

ハリジャンの巾着

忙しい一週間でした。
日頃はノンビリとマイペースで暮らしているのに 用事が幾つも重なって、、、、
寝る前には翌日しなければいけないことを書き出し、当日は処理したことからチェック、
大事なことはノートに処理した日付と要件を。
何しろ、脳みその許容量は日々縮小しているので 
ア、あのことはやったかしら?なんて 不安になりますので。

昨日は税務署で申告の相談? (待たされるばかりであまり役には立たなかったけど・・・)
今日はバリウムを飲むので 昨夜から水一滴も口にしていません。
早く終わらせて お腹一杯食べたい~~~!
コレで一段落、やっと通常のペースに戻れそうです。

ところで、、、、
去年のクリスマスから話題の・・・・あれ・・・・
寅年だからと思っていたら 今年は全国に拡がって。
善意の輪というけれど こうなると少々複雑な心境にもなります。
送られてこなかった施設はがっかりするだろうし、
今度はぼくのところかな?と楽しみにしている子供もいるだろうし、、、
ぜひ、来年も再来年もこういう動きが続いて欲しいものです。

実は私も かつては「タイガー・マ○ク」だったことが。
と言っても 今回のような良いお話ではありませんけど。

随分前のことですが 近所の友人に誘われて 新劇鑑賞の会に入ることにしました。
「クループを作って登録しないといけないのよ」
「毎月、会費を払いに行かないと」
ハア?

私は誘われた積りだったのに   つまりはパシリ?
登録のために事務所に行くと 「グループの名前は?」
多くのほかのグループは花の名前を付けていましたが
私はチューリップと菊、バラ程度しか知らないし・・・・   
フト、思いついたのが 「タイガー・○スク」

友人は 目を丸くしていましたが 私に行かせたのが ワ・ル・イ。
それから毎月の鑑賞は私の運転で、、、 つまりはアッシー?
しばらくは続けましたが 仕事が忙しくなり、私が抜けるとそのグループも解散。
今度のことで 彼女達も思い出しているのかしら?

という訳で、、
今週の針仕事はこれだけ!
以前こちらでご紹介したインドのクロスステッチ。
いつかキルトに入れようかと 20cmの断ち切りにも モティーフを刺して貰っていました。
いまだにそのままなのを思い出し、あり合わせの布に縫い付けて巾着を数枚作りました。
針の合間に・・・ | Comments(6)
2011/01/11

手帳カバー

カバー1

松が取れて やっと日常の仕事モード? と思ったらすぐの3連休では
気持ちが締まりませんね。
ム? エ? それは私だけ?

大晦日に仕舞ったミシンを出して まずは肩慣らしです。
というか、、気持ちをそうやって持っていかないと
いつまでもダラダラとした毎日となってしまいます。
本当はそれが一番好きなんですけどね。

断ち落としの端切れは 5cm四方に切るか、ストリング状に切って残してあります。
袋一杯のそのスクラップから適当に出して、適当に繋いで
キルト芯に縫い付けて、、、、、と、まぁ今年も相変わらずの適当三昧です。
ブックカバーと同じような作り方ですが とある会員手帳のカバーにしました。
切符も入るようにポケットも付けて、、、、。

自分用のブルーにはシンブルのボタンを
グリーンには イギリスで買ったアンティークのボタンを付けて
誘ってくれた友人用に。

カバー2

母子手帳も入る位の大きさですが
あいにくと 身近には母子手帳を使うような人は居ないし
シニアの会員手帳ですね、やはり・・・・・。


>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(4)
2011/01/07

アラフォー? アフフォー?

クロス・鳥 1

3日から恒例のクロスステッチを始めました。
これは 一昨年から刺し始めたものです。
10年位前に姪がデンマークに行った時に買ってきてくれたキットの1つで
もうすぐ 彼女が40歳になるのでそのお祝いにプレゼントしようと思ったのですが
誕生日は待ってくれませんでした。
欧米では 40歳が大きなお祝いのようで、
彼女も周りの人たちから言われて 一昨年パーティーをしたそうです。

上が一日目、小鳥だけ刺しました。
下が二日目、三日目の成果です。
昨日完成、 今日は洗ってアイロンを掛けて仕上げました。

クロス・鳥 2

ワシントンに送るのに コチラで額装すると送るのが大変になります。
それに以前行ったときに 良い画材屋さんがあったので
そちらで部屋にあった額を作ってもらえばいいわ、と思っていたら
去年の暮れに バングラディシュに転勤になってしまいました。
アッチャ~~!
どうしよう・・・・・・?

アラフォーという言葉が一時流行っていましたが
すでに アフフォーの姪に渡せるのは何時になることやら?????



>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(4)
2011/01/04

半端も無駄なく・・・・エコ?

ブックカバー1

今日から仕事初めですね。
娘の一人は 「会社があるのかなぁ~?」などと不吉なことを言いながらの出勤、
もう一人は学校関係なので まだまだお休みです。

私は、というと、、、、
大晦日は一人なのをいいことに 夜になって
時代劇を見ながら ランチョンマット8枚を完成。
でも、出来が良くなく ひと様にはさしあげられないので
姉達に2枚づつ メール便で送りつける積りです。
大掃除も終わったので まさか、雑巾にはしないでしょう。
 
マットのバインディングの半端に残った布を 
これも半端に残って繋いだ帯芯に縫いつけ、
ネームの見本に入っていた織ネームを縫いつけて 文庫本用のカバーを。
今までのは 暗い色だったので 今度は派手目に。
これならバッグの中で きっと見つけやすいと思うのですが。

ブックカバー2

>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(12)
2011/01/01

明けまして おめでとうございます

ご挨拶
   
針の合間に・・・ | Comments(8)
 | HOME |