2011/04/25

かわゆい?

デジカメケース1

随分前から娘2に「デジカメのケースを作って!」と。
娘1は母に教えてもらいながら 作るのですが この娘はそんな気は毛頭ありません。

「小学生の時、刺繍が上手だったじゃないの。
 きっと上手に作れるから 自分でどう?」
とおだててみても 馬耳東風? 柳に風?
その挙句、
「かわゆく作ってね!」
母の辞書に「かゆい」はあるけれど 「かわゆい」はないわい!

「んじゃ、イタリアシリーズでブックカバーと同じように、っていうのはどう?」
「・・・・・・。 もっとかわゆいのがいい。」

そこでこの間バッグで使った残りで作ってみました。
上の画像左から 私のケース、今回の作りかけ、娘2のデジカメ、今迄のケースですが
明らかに今度作ったケースは 太め!
これでは 文句を言われそうなのでもう一度ほどいて細めにしました。

デジカメケース2

ついでに作った私用の Bag in Bag。
端切れで買ったモアレの残布をやりくりして。
娘に見られたら 「あ、これも頂戴!」といわれそうなので 
見せないようにしよう。

ショー&テル(小物) | Comments(2)
2011/04/20

地球一周の旅

見学会1

船乗りになりたかった少女は 造船会社にも海運会社にも就職することなく
とうとう年金を頂く年齢になってしまいました。
でも、正直なところ あまり船旅をしたいとは思っていませんでした。
いつだったか、姉に「三峡のクルーズに行かない?」と誘われましたが
「外の景色は殆ど変らないのに 何日も船に乗るのはいや」と断ったくらいです。

いつか、宝くじでも当たったら 「飛鳥Ⅱ」に乗ってもいいかなぁ~~なんて
思わないでもないけれど、どうやって時間を潰したらいいのか、、、
貧乏性の私は 「ゆったり」とか「まったり」とかは 苦手。
きっと 手仕事を色々と持っていってセッセを針を動かしているに決まっています。

でも、ちょっとこの船には興味がありました。
豪華でハイソな船旅と違って 若い人でも乗れるお値段と聞いていたからです。

見学会2

見学会の前日に入港し、23日に2度目の見学会があり、24日に出港する予定です。
3ヶ月の世界一周の航海で ピンは500万、キリは100万強のお値段です。
若い人が多いかと思ったのですが 見学者の殆どは私以上の年代の方達。
昨日まで乗客だったお嬢さんが案内係をしてくれましたが
750人の乗客の8割は年配の方達だったとか。
今の時代では 若い人達は貯金も難しいし、就職難で暢気に船旅も出来ないでしょうね。
若いときこそ、だと思うんですけどね。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(4)
2011/04/15

春は来る!

春1

藤沢に住む姉夫婦が県西部の温泉地にある介護付きホームに転居しました。
発端はちょうど一年前の4月。
姉がヘルペスになり、ウツも少々。
数年前からアルツハイマーのお薬を飲んでいる義兄は何も出来ず
係りつけ医からは 老々介護は無理だから施設を探すように強く勧められました。
それからあちこち見学したり、建築中の施設には予約をしたり、キャンセルしたり、、、
違う施設に申し込んで 案外早く空きが出来たら 断ってしまったりと・・・・。
「今が最後のチャンスなのよ!」と最後は脅迫?

秋になってやっと今回の施設に決定、契約、リフォーム。
それでも 暖かくなるまではいや!という事で 延び延びに。
2月に義兄の担当医に紹介状をお願いしたときに
「向こうに行って落ち着いてからでも ペースメーカーを入れたほうがいいですョ」
その一言が・・・・・・。
「知らない病院での手術はいや! 移る前にお願いしよう!」
これでまた引越しが延びました。

やれやれ、、、、ではそろそろ?
でも3月は引越し業者が一番忙しい時。
という事は 一番料金が高い時。
梱包、運搬、開梱とお願いしたら ギョッ!とする値段に。
そこで義兄が一言。
「急ぐわけじゃないから 安いときにする」 
「ハイ、ハイ」
私は(もういつでも好きにして)・・・状態

そんなこんなで私の予定はすっかり狂い、毎日荷物の整理、もろもろの買い物、
銀行、役所の手続き、諸契約の解除等々・・・。
そして、、、めでたく今週 引越しとなりました。。
と言っても 翌日開梱のはずが 業者の支店間連絡のミスで一日遅れ。
手伝いに行った姉2と私は空振りに。

上の画像は一ヶ月前の状態です。
その後、コンフォートキルトやスクールバッグの製作で脇に置かれ、
姉の家に通って なかなか進めることが出来ませんでした。
>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(2)
2011/04/08

スクールバッグ

切り抜き記事

今朝の新聞記事です。
多分、あっという間に目標の1000枚は突破するだろうと思っていましたが
大きな反響だったようです。
作ってくださった皆さまのバッグもこのなかに。。。。
すべての子供たちに届いて欲しいものです。

クリックすると記事が読めるのではないでしょうか。


追記
こちらでスクールバッグの集荷、発送の毎日の様子を読むことが出来ます。

こちらはコンフォート・キルトのレポートです。
針の合間に・・・ | Comments(4)
2011/04/05

まだまだ?

段葛

日差しも暖かくなったので そろそろ・・・・かな?と思ったら マダマダ・・・・でした。
今年は遅いようです。
この画像は10時前なので 人出もイマイチですが
週末の賑わいはそこそこ戻ったように感じられます。

今日は小学校の入学式。
散歩コースにあるこの小学校の看板は 井上靖さん? 川端さん?の書です。
人力車の車夫クンがお客さんに説明しているのを 聞きかじったのですが 忘れました。
例年ならこの門の内側の桜が見事なのですが 今年はもう少し時間が掛かりそうです。


この二の鳥居をくぐって段葛を進むと 三の鳥居があり 八幡宮となります。
反対側をまっすぐに進むと 一の鳥居があり、その先には海岸が。

昨日の夜のニュース番組で 「大仏も500年前に津波の被害に遭った」と。
どんな有意義な内容かと期待してみたのですが ・・・・・・。
大仏のある高徳寺は避難場所のひとつですが 海から1キロ、殆ど平らです。
でも、、、、
我が家は海岸から400m位? やはり殆ど平らです。

三方が山、南は海と自然の砦に守られたこの地で幕府を開いた頼朝さんも
いまになってその地形が仇になっているとは よもや思わなかったでしょうね。
「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」なんて覚えたんですけどね。

「頑丈なRC造り、6階建て以上、外階段がある建物を避難場所に」と言っていましたが
この地域には高さ制限があって 条件にあう建物はありません!
この頃の散歩では上ばかり見て
『この建物は何階建て? 屋上はある? 部外者は入れる?』
とそればかり。

とりあえずは 足を鍛えてちょっと離れた高台の中学校まで走らねばと思うこの頃です。

桜?



針の合間に・・・ | Comments(4)
2011/04/02

私にも出来ること

あの日以来、いくつかの寄付の案内が来ました。
P通信社のコンフォート・キルトもそうですが
こちらは ヴォーグ系の日本手芸普及協会からの案内です。
どちらもキチンとした組織なので ご紹介したいと思います。

日本手芸普及協会

キルティングした布で作るお稽古バッグを児童に送ろうという活動です。
第一回の締め切りが4月15日です。
ミシンが使えれば 簡単に作れる物です。
90cm幅のキルティングした布が70cmあれば 二つのバッグが作れます。
みなさんもいかがでしょうか




子供の頃から花柄や可愛い系が苦手でした。
きっとそんな子もいるだろうと ワンコと恐竜にしました。

school bag
針の合間に・・・ | Comments(12)
 | HOME |