2011/07/27

色はいいんだけど・・・・

毛糸


毎年1月に当地で 湘南地区のニットの先生達の作品展示即売会があります。
友人もメンバーの一人なので 見せてもらいに行くのですが
今年目に飛び込んできたのは ひもかわのような平らな毛糸で編んだ巾着。
「ア! この毛糸欲しい!」
「作品じゃなくて毛糸なの?  それはもう廃番だから買えないわよ。
茶系でよければ 残り毛糸を持っているかもしれない。」
「茶系より 赤がいいんだけど・・・・」

しばらくして 先生のお宅に赤系もあったと持ってきてくれました。
やはり 茶系より赤系のほうが好みかな?

それ以来、数ヶ月の間テーブルの上に置いたまま、どうしようかと。
何の予定もなく貰ってしまったものの やはり魅力的な糸です。
気が向くと 透明糸で縫い繋いで見たり、布の上にミシンで叩いてみたり。
どうすれば うまく利用できるだろうかと ずっと頭の隅にありました。
考えてばかりいても、とりあえず試してみました。

毛糸2

織物? 編物?で「ボード織り」という手法あります。
規則的に穴のあいたパーチクル・ボードに 型紙の形にピンを打ち縦糸を渡します。
そこに横糸を織物のように通すと 身頃や袖の型紙通りのニットが出来て
綴じると出来上がる、というものです。
その手法を真似て 小さなアイロン台の上下にプッシュピンを等間隔で刺し、
刺し子用の太い木綿糸を縦糸に、この毛糸を横糸に織ってみました。
想像していたよりスムースに出来ました。  ヤッホー!!

手持ちの麻布とあわせ、固定するために接着キルト芯を~~~~~~~~
貼ろうとしたら~~~~~~~
問題発生!

この毛糸、素材がアクリル、ウール、ナイロン。
ナ、ナ、ナイロン!
高温のアイロンで 毛糸が溶けて・・・・・
でも、厚味があるので温度が低いと接着できないし・・・・・
 
フ~~~~~~~ム。
横に布を折ると下のキルト綿が隙間から見えるし・・・・・

ふ~~~~~~~む。
熱接着でない両面テープを下にしたら?  それでもそれが見えるだろうし・・・・・

フ~~~~~~~ム。
これは ペケ!

悔しいけど、毛糸の袋にお帰りいただきました。

色はとってもいいんだけどねぇ~~~~~。
その内、きっと出番を見つけるから。


針の合間に・・・ | Comments(2)
2011/07/25

春夏秋冬 客不断

春夏秋冬 客不断
あの清々しかった数日はどこへ行ったのでしょう?
また 暑い日々が戻ってきてしまいましたね。
手拭いシャツ、洗ってもすぐ乾くし活躍しています。

二枚目は魚の名前が沢山書かれた魚河岸の手拭い。
「春夏秋冬 客不断」と書かれたうなぎやさん。
川越の炭屋さん、お祭りの豆絞りで。
なでしこジャパンの決勝戦の再放送を見ながら裁断していたら
前後身頃の襟ぐりを同じに裁ってしまいました。
マ、両方とも着られるということで、、、、、。

子供の頃、近所のオバアチャンたちがよれよれの浴衣地や手拭いで作った簡易服を着て
縁台に座っておしゃべりをしていたのを思い出しました。
簡易服を「あっぱっぱ~~」と云っていたのよね。
せめて あっぱっぱ~~に見えないように した積りだけれど、、、、、、。
マ、いいか!
>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(4)
2011/07/22

手拭いで・・・

てぬぐい1

この間までの暑さで参っていた体も 
昨日、今日の高原のようなさわやかな風にホッとしています。
皆さまはいかがでしょうか?

この数年巷で言われているエコのせいか、スローライフのせいかわかりませんが
この頃では手拭いや風呂敷が見直されていますね。
町には手拭い専門店も現れ、最寄り駅周辺でも4,5軒はあります。
35 x 90 cm程度の大きさに 自由で大胆なデザインが描かれ
額に入れて飾ればステキなインテリアにもなりそうなものばかり。

てぬぐい 2


私も長い間 浴衣や手拭いを集めていますが
それらは今時のしゃれたデザインとは違って
〇×染物店とか、△□工務店とか、、、しゃれたというのとは対極にあるものが殆どです。
横浜法務局なんていうのもありますけど、、、。

連日の暑さに閉口してシャワーを浴びた後は Tシャツも着たくないし、、、
、、、、で、しゃれていない手持ちで 開き直ってこんな物を作りました。
>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(11)
2011/07/18

麻のショルダーバッグ

我が家の隣地は駐車場です。
数年前までは月極めだったのですが、
草取りが面倒になったということで 持ち主がコインパーキングにしました。
月極めのときは 出入りがなく静かだったのですが
今では 休日にはあちこちのナンバーの車が停められ 出入りも頻繁です。
この連休は台風も近づいているということで サーフィンをする若者が朝早くから。。。。
いいんですよ、人様の駐車場だし、文句の言える筋ではありません。
が、彼らは朝が早すぎます。
4時、5時にバタンとドアを閉める音、車の陰でウェットスーツに着替えながらのおしゃべり。
お陰で寝室の窓がその真上にある私はとんでもない時間に目が覚めてしまいます。
今朝も、、、、、。
でも今朝はお陰でいい物を見ることが出来ました。
TVを付けると PK戦です。
あれ? っということは・・・・?
やりましたね、おめでとう!  
ドキドキ、ハラハラ、そして、、ウルウルしちゃいました。

       

前回UPしたショルダーバッグです。

ショルダーバッグ

今回はポケットを3箇所につけました。
ちょっと楽しげなバッグになりました。

ショー&テル(小物) | Comments(4)
2011/07/13

行き当たりばったり

刺繍糸

梅雨が明けて 厳しい暑さに突入ですね。
うっとうしい梅雨もいやですが この暑さももううんざり。
といっても まだ始まったばかりなんですよねぇ~~~~。

制作中のキルトに使う刺繍糸が足りなくなり、隣の逗子市の刺繍屋さんに行って来ました。
というと大変そうですが、車で10分も掛からず、
エアコンが効いてくる頃には着いてしまいます。
近所にスワニーという大きな手芸屋さんがありますが 
今回使ったデンマークの刺繍糸は扱っていないのです。
もう少し、もう少し、と自分に鼓舞しながら進めて 
やっと完成も近くなりスリーブもつけて 壁に掛けて様子を見て 少し手直し。
苦労しましたが やれやれ、、、、ホッとしました。

そこで、、、
生徒さんが手芸の通販カタログをみて 「このキットを買おうかしら?」
それはカテドラル・ウィンドウのバリエーションを使ったバッグ。
手近にあった麻布にバイヤステープを適当な間隔に止めて 作り方の説明をしました。
それさえ判れば ベテランの生徒さんなので後は自分で。。。と思ったのですが
一応、、講師でもあるしィ~~~~ それではあまりにも手抜きと気が咎めて
参考作品ということで作ってみました。

タペストリーもですが バッグも作る始めるときは ぼんやりとしたイメージだけ。
何となくこんな感じ? というだけで作り始めるので 途中で方針変更はしばしば。
これも 初めのイメージとは大違いでした。

適当な間隔で止めたミシンは曲がっているし、本当に間隔が「適当!」
その上をジグザグで縫いなおし やっとその頃にイメージが固まったかな。
久し振りに集中して 気が付いたらお昼も取らずに3時になっていました。
冷凍の今川焼きを2ヶ チンして夕飯まで。
私の「熱中症」でした。
今日、ショルダー紐を作れば 完成です。

バッグ

詳細は次回にUPします。
ショー&テル(小物) | Comments(4)
2011/07/07

夏仕様

扇子

九州では梅雨明けと同時に大雨で 被害も出ているようですね。
当地では 一日に海開きをし、海岸は賑わって・・・・・・いるようです?
震災の影響か 例年に比べると海の家も空き地がぽつぽつあり、
夏休み前のせいか、海岸の人もまだ少なめです。

家中の窓を全開にし、日が差すところは雨戸で日差しを遮って日中を過ごしていますが
ここで問題が発生。
海に近いせいか、 風があまりない日でも半日で床がざらざらになります。
靴下やスリッパを履いているときはあまり気になりませんが
素足ですごしたいこの時期は・・・・・。
その上、去年の秋に腰を痛める前からしなくちゃと思っていた床のワックス掛け。
一人で箪笥も運べたことだし、キルトも一歩前進したことだし~~~でっ、決行!
ほぼ一年ぶりでしょうか。
ワックス落としで拭き、水拭きを2回、乾いたらワックスを2度掛け。
気持ちがスッキリしました。
素足で歩いていても いい気持ちです。

毎年、使うこともないし、捨てようかなと迷っていたうちわも今年は出しました。
扇子も引き出しを見たら 4本も出てきました。
両手、両足で使いましょうか。   (つりそう)
日頃バッグに入れて持ち歩くのは ここにありませんが男性用の紺の無地です。
今年は活躍しそうですね。


ステッチ

こちらはやっとベースが出来たキルト。
ず~~~っと、どうしたものかと悩んでいた部分が 
箪笥を納めるために クロゼットも少し整理したら 「私はここよ~~~~~♪」と。
あ、そういえばこんな着物もあったのだわぁ~~~~と早速使いました。
絽でも紗でもないけど 透ける夏用の着物です。
黒に近い濃紺に格子が浮き出ます。
真夏にこんな着物を着たら 粋でしょうね、きっと。

いつも 「私はここよ~~~♪」と言ってくれるといいんだけどと
娘にいうと 「布が皆叫んだら 喧しい」と冷たく言われました。  
確かに・・・・・・。
針の合間に・・・ | Comments(2)
2011/07/04

織りネーム

織りラベル

注文していた織りネームが届きました。
自分のデザインにするとか、名前だけのネームにしたかったのですが
このメーカーは規定のテンプレートを選んで 文字を入れるだけで その代わりお安い。
今までのビスネームもたっぷりあるし、これではじゃんじゃん作らないと消化は無理ですね。
って、、、作る気か?と尋ねられると う~~ん、う~~~ん?

さて、唸ってばかりいても、、、、
去年からちょっと試してみたいと思っていた方法でキルトを。
やっと目途が立ちました。  ホッ。。。。。
うまく行かずに 途中でやめようかと思ったり、まつるところが多くて肩が凝ったり、
変なことを思いついたばかりに苦労しました。
でも、苦労したところが表からは全く感じなれないので
今回は裏の画像を。
これでも感じられないわねぇ~~~~。
完成まではマダマダで これはいわばベースが出来た!という状態。
いつか完成したらご披露できる日が来るかもしれません。

裏



>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(6)
 | HOME |