2012/05/30

横? 縦?

カラー

大好きなカラーが一輪だけ咲きました。
去年は跡形もなく、もうなくなってしまったのかとちょっと残念でした。
今年は葉は沢山出てきたのですが
つぼみをつけていたのは これだけでした。
周りはどくだみや 羽衣ジャスミン、木蓮に囲まれて劣悪な環境です。
その責任は一重にわたくしめにあるのでございます。

すこし前に織った物を出してきて、まじまじと眺めて・・・・・さて、何を作ろうかしら?
織っているときは 横じまにするつもりだったのですが
眺めているうちに 海の中に差し込むキラキラとした太陽の日差しに思えてきました。
泳げないし、勿論ダイビングなんてしたこともありませんけどね。

トール・トート 青

そこで 横じまを縦じまに変更です。
脇、底、持ち手をフレンチブルーのモアレにしました。
近くにあるT鞄製作所のカタログでは 
こういう深めのトートを 「トール・トート」というようです。

私自身は 外出のときは必要最低限のものしか持たないので 
大きめのバッグはあまり好きではありません。
でも、我が家の娘達や電車の中の人達を見ると 
すぐにでも家出が出来るような大きく、重たいバッグを持っている人が多いですね。
いつ大地震が来るか判らないので その方がいいのかもしれませんが。
そういう人向きかもしれません。
いいえ、そういう人にはこれでもまだ小さいかもしれません。
横37、高さ32、底27x10です。

最近作ったバッグを数点 ショップにUPしました。
ショー&テル(小物) | Comments(0)
2012/05/26

新入りだから

三軌展’12

19日に三軌展の会場に行き、まずは自分の作品を確認したとき、
ふ~~~~む、「言うべきか、言わざるべきか、それが問題じゃ」と。
何度か行きつ戻りつしながら 迷いましたが 結局はそのままに。

何のことか判りますか?
私の作品とお隣の藍染めの作品との違い。
私のは何だか首を吊られているようで 窮屈ですよね?
壁に埋め込まれているレールから高さ調節が出来るフックを下げ、
それにバーを掛けるのが普通なのに 
私の作品は高さ調節なしで 直接レールから掛かっているのです。
なぜこうなったのか?
私のバーには両端にフックを掛け易いように金具を付けてあるからかも。
でもこのバーは今までも使いましたが こんなことはありませんでした。

そこで係りの方にお願いして直していただこうかとも思いましたが
今年一年のこと、黙って我慢することにしました。
私は一般公募だし、今年始めて同人に入れていただくのに
初めから文句を言って 生意気なやつ! なんて思われるのもねぇ~~
と言って、ブログで文句を言っては同じことかもしれませんけどね。  フフフ、、、、
先日、見に行ってくれた知人も電話で 「もう少し下げた方が良かったんじゃない?」

昨日は友人が見に来てくれるので セザンヌを主目的に再び。
いつも二階のカフェや三階のレストランは空き待ちの列が長いく敬遠していたのですが
昨日は運よくカフェにすぐに入ることが出来ました。
サンドイッチとスープのランチは 意外(失礼?)お安く、美味しかった。

こちらは カメラマンに撮影してもらったときの画像です。
海からの風 Ⅱ


キルト・よもやま話 | Comments(4)
2012/05/20

三軌展

国立新美術館

おなじみの美術館です。
今はエルミタージュ展とセザンヌ展を開催しているので 賑わっています。
三軌展も開催中です。

美術館

私が三軌展に入選したのが 上野からこちらに移った年なので5年になります。
5回連続で「ポイント5倍」になったのか、今回の作品が良かったのか判りませんが
今年は 「同人」の仲間に入れていただくことになりました。

集団行動が苦手で キルト関係の団体にも属さずに来たので
自分の作品が日の目を見るのは コンテストに入選したときだけ。
気が向いたときだけ作るという お気楽な身分でした。
なので、その知らせを頂いたときには 
「辞退しよう。 これからも一般公募で挑戦したい」と。
この公募展に勧めてくださった方に相談すると 
「同人になれば無審査で展示できるのだから 受けた方がいい」と。
う~~ん、それが問題のひとつなんだけど。。。。。

「頑張る」「全力を尽くす」という言葉は私の辞書にはありません。
美術館に毎年場所が確保されていれば 「さらに良い作品を!」と意気込むか 疑問。
それが我ながら心配で 「辞退」を考えたんだけど
審査を受けないと言うことは 冒険も出来るという魅力もあるわけで 
半月ほど悩んだ末に 推挙をお受けすることにしました。

昨日は美術館3階で授賞式、推挙式がありました。
3階には アート・ライブラリー、研修室、中庭 等があります。
ドアの取っ手も5年が経ち、大分汚れてきました。

>>続きを読む
キルト・よもやま話 | Comments(4)
2012/05/16

衣替え?

サンタ1

昨日の寒い雨の日と打って変わって
今日はこれこそ5月!と言いたくなるような爽やかな風と日差しの一日でした。
季節はこれから夏に向かっているというのに 私はその先の冬に向かっています。
ハイ、サンタさんシリーズの続きを刺していました。

サンタ2

以前刺したサンタさんは キルト、ミシンですが 今回は編物サンタさんです。
三枚出来上がってみると、、、一枚目の色が悪い。
赤の色が悪いと顔色まで悪く感じます。
そこで、 服の赤をワイン色から他の二枚と同じ赤に差し替えました。
やっぱり、サンタさんの服は「赤」だわねぇ。

一度刺したところを解くのは大変。
こんな意欲と根気がキルトでも出てきて欲しいんだけど。
息抜きも針仕事 | Comments(2)
2012/05/12

お寺でランチ

中華


今週はお寺の山門内にある民家を改造した店でのランチが重なりました。
一軒は 水仙で有名な臨済宗瑞泉寺の山門をくぐった住宅街の中・・・。
目立った看板も案内もなく、知らなければたどり着くことは出来そうもありません。
私達も ちょうど窓を開けた住人の方に伺いました。

凛林

「料理の鉄人」で道場さんと引き分けたという方の息子さん(は?)の店で
福建の精進料理だとか。
このところ、中華に飢えていて、『ヤッホー!! 中華だ!』と期待値満点。
でも、、、、、美味しいのですが 「中華」というイメージとは離れていました。
これに 壷蒸しスープが付きました。

ちょうど、竜巻の警戒が出ていて、横浜では雹も降った日。
午前中は良い天気だったのに 急に空は暗くなり、気温も下がり、風も。。。。。
食事中に雨が降り始め、終わった頃はやんでいたのですが
駅に着く頃は土砂降りでした。
アハハ、、、、
午前中に洗濯物を外に干して来たんですよ~~~~~。
勿論、家に着いたときにはびしょ濡れでした。 トホホ・・・・・・・。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2012/05/07

エグゼクティブ?

連休も終わって
やれ、やれ、やっとGWが終わりましたね。
皆さまはどのような連休を過ごされたのでしょうか?
この時期は毎年初夏のような好天のイメージがありましたが
今年は大雨、雷、竜巻、と自然災害の恐ろしさをダメ押しされたような日々でした。
被害に遭われた方には お見舞いもうしあげます。

前半のある日、娘1がネットで座席表とにらめっこしているので 聞くと・・・・・
映画をエグゼクティブ・シートで観るのだとか。
「お母さんも行く?」というので 「エグゼクティブ」というのに惹かれて便乗しました。
通年シニア料金で見られるのに 
GWの、レディスデイの、夜に行かなくても、とは思いましたが。
観たのは・・・・・・
古代ローマ時代の公衆浴場(テルマエ)の設計技師が 
現代の日本にタイムスリップして 銭湯や露天風呂、ジャグジーにヒントを得て
画期的な浴場を設計、皇帝に重用されるという 荒唐無稽な、でも面白い映画です。

国内線に乗ると、前方の入り口からちょっとゆったりしたシートのブロックを過ぎて
毎度お馴染み、一般ピープル用のシートのブロックにたどり着きます。
これはゆったりのシートを見せ付けて 「もうちょっと払えば座れますよ~♪」という作戦。
長くてもせいぜい2時間の国内線でも 差別化です。
落ちるときは一緒ですけどね。

映画館でも リクライニング、フットレストのゆったりシートは背の部分も高く 
すわり心地GOOD!
寝るのには最適です・・・・って、寝てはいけません。
世の中、貧富の差が激しくなって 結婚できない若者が多いそうですが
日頃「貧」の部門のわたくしめも ちょっとだけ「富」?を味わいました。
館内は冷房が効きすぎて その日以来、娘は咳をしてほとんどゴロゴロしていました。
やはり、、、、、身分相応がよろしいようで。

>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(4)
2012/05/03

四国巡り

道後温泉

三日目は「しまなみ海道」のOPはパスして道後温泉、松山散歩を。
道後温泉本館は朝は6時からなので 6時起床、坊ちゃんも入ったという温泉に。
入浴料によって 休憩室や浴室、サービスが格付けされています。
     400円・・・・石鹸、タオル持参
     800円・・・・浴衣、お茶、お煎餅付き。 お風呂は400円と同じ
    1200円・・・・浴衣、赤いタオル、お茶、お煎餅つき。
    1500円・・・・浴衣、お茶、坊ちゃん団子つき、個室休憩室。
そう、そう、こちらには やんごとなきお方専用の煌びやかな浴室もあるんですよ。

その後、松山城や松山藩主の子孫、久松伯爵の別邸「萬翠荘」、坊ちゃん電車にも乗って。
坊ちゃん電車の方向転換は油圧で機関車を持ち上げ、人力で回転させるのです。
幼稚園前と思しき男の子と一緒にず~~っと見てしまいました。

松山


OPに出かけた人達と合流して行ったのが 「伊予絣会館」
日程表では「市内で昼食」とだけだったので 私には思いがけない喜びです。
伊予絣や藍染めの工房をじぃ~~~っくりと見ることが出来ました。

伊予絣


>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2012/05/01

四国二日目

四万十川

二日目は四万十川、内子に行き、道後温泉泊まりです。
四国の地理が判る方にはその移動距離が良く想像できると思いますが
この日の走行距離は300km弱!
数日前の関越でのバス事故を見ると 
ほんの数日前にバス旅行したばかりだったのでぞっとしました。
私の行ったツアーは 往復飛行機、3泊でナント 3万円!
信じられない価格で 友人のご主人が 「米を持って行くんじゃないの?」とおっしゃったそうで。

四万十川

「最後の清流・四万十川」と言われるので さぞやと思ったら なんと言うことのない川です。
川幅は300mくらい、澄んでいるわけでもなく、流れもあまり感じられません。
案内の船頭さんによると 川で漁が成り立ち生計が立てられるのは日本ではここだけとか。
うなぎの稚魚は 直径20cmくらいのろうとのような網一杯で100万円!
今年は高騰しているので200万円くらいになるそうで、一晩で取れるのだそうです。
凄いですねぇ~~~。
漁師さんたちは もしかしたら 「うなぎ御殿」にお住いでドイツの車にお乗りかも~~?
屋形船で 柴の束を川に沈めて漁をする「しばづけ漁」、投網を見て またバスの旅です。



>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(0)
 | HOME |