2012/07/30

サブ・バッグ

サブバッグ1

暑い、暑いという言葉しか出てきませんね。
ロンドンは涼しい夏だとか・・・・。
皆さん、存分に実力を出して悔いのない試合をして欲しいですね。

そういえば 7年前 甥の結婚式でロンドンに行ったのもこの時期。
毎日 雨が降ったり日が照ったりとコロコロ変わり 寒かったです。
名物の2階建てバスでくれるビニールの雨合羽を風除けに被ったり、
それぞれ、ジャケットやセーターを買ったり。
3年前の姪の出産で行った時には 8月半ばでしたが日本と同じ暑さでした。

話はコロッと変わりますが 先週、義兄3の喜寿のお祝いがありました。
息子が3人いるので それぞれの家族が集まり賑やかな席があったのでしょうが
近くに住む姉2と私だけ 別に席を用意してくれました。
というのも・・・・

去年の梅雨の頃、、、、、
姉2から一本の電話がありました。

「ねぇ、今年はノブさん(義兄3)の喜寿じゃないの?」
  姉達の生まれ年、月くらいは覚えていますが 義兄達のはとんと知りません。
  結婚したときから知らないし、その後も知ろうと思ったこともありません。  
「あ、そう?」
「そうよ、あの人は私より1つ下だから 今年よ!!!!」
  この姉、何でも決め付ける言い方をします。
  何しろ、蒲鉾は板に乗って海に泳いでいると言う人ですからねッ
  それに、その前の年に『私は喜寿だから祝ってよ』と連呼したし・・・。

お祝いを贈ろうということになって 私が買って送ることにしました。
一緒に行けば、あの売り場、この売り場と振り回されるのに決まっていますからね。
日にちは勿論、誕生日に指定して、その日、、、、

思わぬプレゼントに驚いて、喜んで、電話がくると思いきや~~~~
 
「ありがとう、でも何で?」 
「エ? 今年は喜の字のお祝いでしょ?  〇×ちゃんがそう言ったけど」
「来年だよ、そんなに早く年寄りにしないでよ」  
「エ、エェ~~!?  ギャッハッハ!!」

贈ったプレゼントは一年間お預けだったそうで
めでたくこの夏、本物の喜寿になって 私達がお呼ばれとなったわけです。

そこで、姉たちに手土産代わりに 手持ちの絵羽織でサブバッグを。
ついでに何枚か余分に作っておきました。

サブバッグ2

小柴漁港は 横浜南部、この頃では八景島で知られていますが
かつては シャコ、アナゴの水揚げで有名な漁港でした。
私達姉妹が育ったのは横浜でももう少し北部にある子安漁港の近くで
やはりシャコで有名で この日はシャコの話で盛り上がりました。
でも、お料理にはシャコもアナゴも出てきませんでした。   ガツカリ




>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(4)
2012/07/26

夏は熱い

花火

昨日は由比ガ浜の花火でした。
去年は中止だったので(青年部の大線香花火大会というのが代わりにありましたが)
2年振りとなり、例年では8月9日?10日?だったのですが 日程も変わりました。
巷の噂では 大スポンサーの豊島屋が下りたので 
ハトに義理立てする必要がなくなったとか。

8月10日、はちがつとおか・・・はちとお・・・・は・と・・・・・鳩サブレ~
(ちなみに8月10日は『鳩の日』で サブレ~~が10%OFF になるんですよ)

我が家は海岸から近いので 
ズドーン! ガラスがビリビリ、 ウァ~~ッ!!と臨場感たっぷりですが
・・・・見えません。
大玉さえ 2階のベランダからやっとこの程度です。

毎年、この日は夜遅くまで若い人達の声が響くのですが
昨日は静かになるのが 心持ち早かったような?
きっと 早々に帰ってサッカー観戦だったのでしょうね。


>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2012/07/23

キルティング・ビー

キルティング・ビー

10年以上前、ソウルにいたシャーリーさんのお宅に泊めていただいたとき
壁に掛けてあったクロスステッチの額を写したものです。
聞くと、オランダにいたときにキルト友からプレゼントされた物だとか。
その写真(当時はまだデジカメではなかった)を元に 2mm方眼に起こしました。
刺してみて、何箇所か修正が必要だったので 書き直しました。

「キルティング・ビー」というのは 
キルト(主にベッドカバー)のキルティングをするのは大変なので
仲間が集まっておしゃべりしながら 手助けをすることです。
アメリカのベッドは大きいし、クイーンサイズなので手でキルティングするのは大仕事。
大きなキルト台にピンとキルトを張り、 周りを囲んで針を動かします。

なぜ 「ビー (bee)」かというと 
女3人寄るとかしましいというのはどこの国でも同じようで
蜂が飛び廻っているようにかしましい・・・と。

また、この女性達の服装は「アーミッシュ」といわれるキリスト教の一派の人達を
表しています。
自由の国アメリカにオランダ、ドイツから移り 
厳しい戒律の元、今でも開拓時代のような生活を送っています。
文明を拒否し、幌つきの馬車、農耕馬での農業、ランプの生活です。
服装も男性は黒の上下、山高帽、ひげ。
女性は足首までのスカート、白いエプロン、ボンネット帽。
ただ、鎖国のような生活でも現代社会とは道で繋がっているので
情報が流入することをすべて遮断することは不可能で
若い人達は外の魅力に抗しきれず 出て行く人も多いのだとか。

この人達が作ったキルトをアーミッシュキルトといい、
服装の通り、黒を基調にした無地ばかりで構成されています。

そこで、、、、
黒い木綿の一部にアーミッシュのクロス・ステッチを入れたトートです。
アーミッシュ・トート

キルトも手でピーシング、キルティングをするのは大変ですが
クロス・ステッチは出来るものが小さい割りに 手間が掛かります。
ただ、イスに座ったまま出来るというのが魅力ですが 今回は肩が懲りました。

息抜きも針仕事 | Comments(2)
2012/07/18

眼鏡

眼鏡

少し前になりますが 眼鏡が合わなくなったと感じ新調しました。
家では裸眼ですが 免許証が眼鏡着用になっているので 外出時には遠近乱を、
針仕事、読書のときは 手元用を使います。
時々、手元用のまま車を出し、路地を出るところで 「あれ? よく見えない!」
慌てて 家に戻り眼鏡を取り替えて、、、という事も。

一番手前は今までの遠近乱、次が新しく作ったもの。
眼鏡の脇に装飾がされたり、ブランド物は苦手なので 
出来るだけシンプルな物を選ぶと いつも変わり映えがしません。
そこで今回は変化を求め。
眼鏡の「スーパー」や「市場」や「ドラッグ」をハシゴしましたが 
コレッ!と来る物がなく Z〇FFで。

奥の二つは手元用で オレンジが今まで使っていたもの。
奥から二つ目はオレンジの前に使っていたものですが
今回はこれに少し強いレンズを入れていただきました。
どれもZ〇FFで作った物だからか レンズの交換だけで ¥3000で済んでしまいました。

この頃、クロスステッチをしているうちに 眉を寄せていたり、
ミシンの針目がよく見えなかったりしたのですが もう、バッチリです。
そこでまた、、、、
クロスステッチ





針の合間に・・・ | Comments(8)
2012/07/14

かぼちゃ殺人事件

記念館1

「ねぇさん、大変です!」ではなかった、「十津川警部、事件です!」

神奈川県の西部、隣町は静岡県熱海というところに静かな温泉町、湯河原があります。
その、、、とある建物の入り口に入ると、、、、な、な、なんと!!!!
死体が~~~~~~!
点々と見える血だまりに導かれるように2階に行くと、、、、、

そこには 人気ミステリー作家の著作が500作以上。
(う~~む、印税収入も相当だろうなぁ~)
初期の頃の作品は人気野球チームがそっくり誘拐されたり、
ヨットレースの乗組員がいなくなったりといった面白い設定で
才能豊かな作家が現れた、と思ったのですが
TVドラマで 毎日のように放送されている鉄道ミステリーシリーズになると
少々 食傷気味になったのも否めません。  (あくまで個人的な感想です)

記念館2

作家の記念館というと 書斎の再現などが一般的ですが
この記念館の中央には 趣味の鉄道ジオラマが。
ジオラマの中に 4件の事件現場、5人の死体があるというのですが
どうしても 1件1死体が見つかりません。
上から見たり、横から見たり、しゃがんで下からも見たのですが・・・・・・。
まだまだ修行が足りないようです。

>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2012/07/12

節電? 漏電? 

節電1

ブログをご覧頂いている友人から 「この頃 キルトのUPがないわね」と。
家族からも、クロス・ステッチや裂き織ばかりしてキルトはもうしないの?と。
ボチボチと作っているし、ボーッとしているようで考えてもいるんですけど
まだ ご覧いただけるような段階ではないんですね。
そこで 娘には 充電というのはおこがましいから、『節電中』と。
すると、、、、、「漏電というのもあるよ」 
ウッ! ドキッ!

と言うわけで またまたクロス・ステッチです。
布の整理をしていたら 濃紺のシーチング?の端切れが出てきました。
値札がついていたので 残布ではなくて 端切れで買ったのでしょうね。
そこで、、、、
以前にポーチを作った図案から すこしアレンジを加えて、、、。

節電2

両隅にループを、底に3ヶのボタンを付けて、、、、
こうすると 底の大きさが調整できると考えたんですが。
横43、縦45と 大きなショッピングバッグになりました。

ミシンは仕立てのときだけなので 節電にはなりますが
クロス・ステッチは時間が掛かるので 時間の漏電かもしれません。 
マ、1つ形になったんだから 良し!としましょう。



息抜きも針仕事 | Comments(4)
2012/07/10

紅型

紅型1

沖縄復帰40周年記念としてサントリー美術館で開かれている「紅型」に行って来ました。
紅型は琉球王朝の時代に王族、士族の衣装に用いられた染色技法です。

沖縄県立美術館、女子美や、静岡の芹沢銈介美術館の収蔵品が主な展示品ですが
松坂屋が昭和初期に収集した紅型衣装のコレクションは戦後初の公開です。

10時半ごろだったので 来場者もまだ少なくじっくりと見ることが出来ました。
若い頃から好きで 一時期真似事をしたこともあり 色使いや図案など 興味深く
今頃になって あの頃の下手さ加減にもっと勉強すればよかったなぁ~~と。

紅型1

先週行った娘は 紅型ばかりで途中から飽きちゃった、ミンサー織とか上布も見たかったと
言っていましたが これだけ大量の紅型衣装を見たのは始めてです。
素晴らしい作品ばかりで 染めに興味のある方には お勧めです。

帰りには ミッドタウンの向かいにあるこちらでランチビュッフェを。
去年の夏から今年の暮れまでの期間限定のショールーム、カフェ、レストランです。
量が多いと聞いていたので スープセットを。
一番下は前回カフェでお茶したときのドーナツセットですが
ドーナツには この会社のマークが・・・・。
勿論、車も展示されているので 気に入ったら2,3台購入してもいいんですけど
生憎 好みの車はなかったわ。   ホッ・・・・・・・。

ランチ
針の合間に・・・ | Comments(4)
2012/07/06

サマドレ

サマードレス 1

この数日、とても蒸し暑いですね。
まるで、サウナに入っているようです。
水分を十分に取らないといけないですね。
こんなときによりにもよって 最悪の条件のクロゼットに入って 布の整理を。
去年の秋口に絹物の整理はしたのですが 腰を痛めて 途中のまま・・・・。
日頃 整理整頓好きなので 気になって (!?)
お陰で汗がダラダラ、少しは体重が減ったのではないでしょうか。

姉の家を整理したときに出てきた布のうち、少し持ってきていたので
今回は 主に木綿、麻の整理です。
整理するには 使うのが一番!
そこで 小花模様のブロードで ラップ式のサマードレスを縫いました。
姉は多分、その積りで買った布ではないかと思ったので、、、。

古い茶箱には随分前に見た記憶のあるサマードレスがあったので
それも持ってきていました。 
縫い目から切り、じかに型紙代わりにして裁断。
ラグラン袖なので製図するのは面倒ですからね。
ちゃ、ちゃ、ちゃ~~! と縫って、ハイ、出来上がりィ!

今日、湯河原の姉のところに届けてきましたが
この生地には記憶がなかったようで 首を捻っていましたが 喜んでいました。
(娘は 入院したときの服みたいといいましたが それは言わずにおきました。)

サマドレ 2


息抜きも針仕事 | Comments(0)
2012/07/05

"R" & "T"

R&T 1

イニシャルのブックカバーが気に入ったので
娘達にも 「作ったげる!」と強引に。

”R” の娘は ちょっと気乗り薄のようすだったので
「好きな図案とアレンジしてあげるから」とセールスして・・・・。
”T” の娘は 「Tって いつも余り形が良くない、Aが良かった」というので
「A でもいいよ」と妥協案を提案。
今更、名前を変えるわけにもいかず、結局、T に収まりましたが
作らせていただくのも 大変です。

R&T 2

R には灯台を、 T にはカモメを 組み合わせましたが
バックはどちらも同じヨットにしました。
ブックカバーですから 他は”H”と同じです。
3人並んで 本を読んでいたら面白いでしょうけど、そういうことはないでしょう。

息抜きも針仕事 | Comments(2)
2012/07/02

船橋へ

キルト展(船橋)

もう7月、今年も半分が過ぎてしまいました。
クリスマスまでもうすぐです、、、、イェ~~ィ!

ネット友のこの方はハワイアンキルトの先生をしていらっしゃいます。
船橋で教室展が開かれていましたので 最終日の昨日、伺いました。
先生の大作や生徒さんたちの作品が明るい部屋に飾られて 
外は蒸し暑い曇り空でしたが 中は爽やかな ”ハワイ”。
キルトを教えるという同じ立場なので 色々と話は尽きず、
あっという間に時間が過ぎてしまいました。

船橋は始めて行ったのですが
途中の電車の窓からは 今話題のツリーも見えました。
車内の人は皆、知らん顔をしているので 
私も物珍しそうな顔はしないで さりげなくちらっと見るだけにしておきました。

運針

色々と思うところがあり、10年以上続けてきたキルト教室を閉じようと考えました。
去年の秋から半年近く開店休業状態で この春に生徒さんたちにはお話をしたのですが
結局、「教室」ではなくて 「倶楽部」?  「サークル」?
名前はとも角、これからは ”針仕事の好きな仲間の集まり”ということに。

皆さんキルトに限らず、針仕事をするということで
ある方は刺繍を、ある方は未完成の作品の完成を目指して、、、と。
ある方はコタツカバーを作ると 糸巻きのブロックを作り始めました。
ナント、200枚近くのブロックを作ると言うので ベースのピースを2枚分お手伝いです。

糸巻き




キルト・よもやま話 | Comments(8)
 | HOME |