2012/12/30

ありがとうございました

刺繍糸

今年もあと1日となりました。
この一年 お付き合いいただきありがとうございました。
楽しんでいただけましたでしょうか、というより
私が楽しんでいたと言ったほうが良いかもしれませんね。
こんなマイペースなブログですが 来年も お付き合いのほど よろしくお願いします。

おざなりなお掃除と買出しを済ませ、
今日は一日中雨の中、針仕事をしていました。
一昨日からまた来ていた姪は昨日の夕方那須へ帰りました。
「ただいまぁ~」と言って我が家の玄関に。
「今度帰ってくるのは 4日だからネッ」には ハァ? 
4日から数日居て 我が家から成田に行くそうで・・・
どうも実家と勘違いしているようです。

ところで上の画像、これは花糸のストックです。
甘撚りのデンマークの刺繍糸で 草木染の柔らかな色合いです。
日本では Yという処が デンマーク王室工芸院(?)から専売の許可を得ています。
普通のフランス刺繍の糸に比べると割高ですが
近所の刺繍材料屋さんには 別のメーカーの同じような糸があります。
花糸が純正品なら こちらはジェネリックと言えるでしょうか?
色番号の対照表もあるし、割安なのでこの頃では主にこちらを使っています。

この糸の整理をフト思いつきました。
鉛筆
 
この間は パッチワークで鉛筆のポーチを作りましたが
今度はクロスステッチで。
図案もなく、気ままに刺してみました。
ポーチに仕立てるのは 年が明けてからにしましょう。

皆さまにとって 2013が良い年となりますよう。
息抜きも針仕事 | Comments(2)
2012/12/26

嬉しいプレゼント

皆さまは 家族や友人、コイビト?と楽しくクリスマスを過ごされましたか?
私?
私はもうすぐ80歳になる姉2を載せて もうすぐ90歳と87歳になる姉夫婦の処へ。
ジジ、ババたちとのクリスマスでした。
姉2がケーキを用意してくれたのですが、
誰とは言わないけれども 上に乗った栗の渋川煮を先に摘んでしまうし
年を取ると 我慢が効かなくなるなるのでしょうか?
それとも先が短いからせっかちになるのでしょうか?

世間では クリスマスも終わると いよいよ新年に向けての準備にスウィッチ・オン!
でも、、私は殆ど変わらない日常です。
昨日は税金の払い込みに銀行に行くと ATMは長蛇の列、カウンターも20分待ち!
そこでやっと あぁ、年末なんだわ・・・と。
かつては沢山の甥や姪たちのお年玉用に新札に両替したものですが いまはそれもないし。

そんな私にも 嬉しいプレゼントが・・・・。
いつもいい子にしていたからですねぇ~~~~ へ、へ、へ。

プレゼント

一番上のパズルのような物は実は和三盆です。
日本の良いものをモダンなデザインにして海外で売り出そうというプロジェクトの一品です。
勿体なくて 口に入れられませんね。

封を開けた途端に これは美味しいと思わせる 香り高い珈琲。
毎日ゆったりした気持ちになります。

毎年送ってくださる手作りのカレンダー
クロートがはだしで逃げ出すようなステキな画像ばかりで ため息ものです。

姪がバングラデシュで夜明けにボートで河を上ったホンの15分ほどの間の写真集。
どのページも幻想的で、心が落ち着きます。

最後は水彩画の先生がドイツに行かれて そのお土産です。
4,5cmほどの小さなピンチで それを描いてみました。
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(6)
2012/12/23

スクラップ Ⅴ

絞り木綿 1

木綿の絞り染めの端切れです。
ある布を捜して 引き出しをあちこち探っていると 
その布は見つからないのに、こんな物がポリ袋に入っているのを見つけてしまいました。
5x8.5cmに切られているもの、その前の端切れ状態の物が。。。
この布でミニタペを作って姉にプレゼントした記憶はあるのですが
それ以外には使っていないのだと思います。
何を作ろうと思っていたのでしょうか?
とりあえず、三河木綿の端切れと一緒に縫ってみました。

先週、姪が来るので ミシンは片付けたのですが
金曜日にまた泊まりに来るそうなので 久し振りに手縫いです。
ミシンなら ダッダーッと縫えるのに 面倒ですね。

絞り木綿 2

とりあえず、キルト綿に縫い付けたのですが やはりミシンがないとこれ以上は無理です。
・・・・・ということで 形になるのは年明けでしょうか。

そこで クロスステッチを始めました。
この間 逗子の刺繍材料屋さんがセールで ついまたチャートを買ってしまったのです。
刺し切れないほど持っているのに 病気も重症です。


☆ カウンターが年内にも150,000になるかもしれません。
  その数字に驚いています。
  もし、きり番を踏んでしまった方は お知らせ下さいね。
  なにかプレゼントを考えます。
  
  





ショー&テル(小物) | Comments(0)
2012/12/20

お出掛けフルコース

民芸館

バングラデシュに赴任していた姪が2年の任期を終えて一時帰国し
先週末から我が家に来ています。
両親の家は那須にあるのですが 東京で友人と会ったり用事を片付けるには
我が家のほうが 少しは便利だから・・・・という訳で 殆ど毎日出掛けてはいますが
私はやはり落ち付かず スクラップの整理も一時中止です。
とは言いながら、そんな間にサークルの忘年会も済ませ、友人とのお出掛けも。

友人と日本民芸館に行って東大構内のレストランでランチするというと
クラフト大好きな姪は
「私も行きたい! ジャマしないから、二人の後ろで大人しくしているから」
というので 昨日は一緒に駒場まで。
友人が案内してくれた東大のフレンチ、なかなかの穴場でした。

この時期、民芸館では公募展の展示があり、藍染めの先生が毎年入選されています。
水曜日は向かいにある柳宗悦氏の自邸も公開されているし、
近くにある加賀のお殿様、前田侯爵邸も見て、
帰りは横浜で買い物をしたいという姪に付き合い 盛り沢山のお出掛けとなりました。

駒場

>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2012/12/14

スクラップ Ⅳ

キッチンマット 1

10年以上前、友人が特養の入所者にキルトを作る活動をしていました。
理事長がアメリカの同様施設を視察したとき、
入所者の人達のベッドに色とりどりのキルトが掛けられて部屋が明るかったので
こちらでもそうしたいというのが発端だったようです。
10cmに切った型紙で布に印をし、鋏で切るというのもリハビリの一環として。

私がその活動に参加したときはまだ仕事もしていたし、
「三々五々集まっておしゃべりしながらチクチク」という雰囲気にも抵抗があり
カットした布を持ち帰り、仕事が空いたときにミシンで縫っていました。
友人からは施設に外部の人達が出入りするのは ”監視”という役割もあると言われ
当座はその意味が理解できず そんな役割はなおのことイヤだと思ったものです。
その後、”監視”というのは職員の入所者への各種の暴力の予防ということも判り、
またプレゼントしたキルトを持って帰ってしまう家族もいるとも聞きました。

10枚近くトップを縫った記憶がありますが 
70床余りの各部屋のベッドにカラフルなキルトが掛けられている様は壮観でした。
今回、10cmのスクラップを繋いでいるときに そんなことが思い出されました。

今回のスクラップは アメリカから10cmの布サンプルを買った時の残りや 
カットしておいた残布を合計150枚使っています。
同じ布が隣り合わないようにしただけで 後はランダムです。
キルティングもしないで 赤い毛糸で所々にノットを作りました。
アンティークキルトで時々見かける手法です。

キッチンマット 2

裏のほうがいい?
はい、はい、ワタクシもそう思うのであります。
ショー&テル(小物) | Comments(2)
2012/12/12

スクラップ Ⅲ

布袋

私が主に使っている布の袋です。
この頃のスーパーではレジ袋が有料だったり、断るとポイントが付いたり。
そこでいつもバッグに入れているのが左の袋です。
40x40cmで レジ袋のLL位の量は楽に入るし、肩からも掛けられます。
とても重宝でほぼ毎日使っています。
クルクルと巻いて ポチッと止めるようにしてあります。

中央はもう少し大きく 50x50cm。
買出しのときや絵の搬入、搬出に。
右はキルト友から10年位に頂いたもので 60x50cmと大きいです。
キルトを運ぶときにちょうどいい大きさで 作品展の時など役立っています。

今回 布の引き出しから出したのは 相当前に買ったのに使い道がなかったこの布。
量が多いのを減らすには パッチワークでは気が遠くなります。
そこで、、、、、、作ったのが エコバッグ3枚!

エコ袋

45x45cmと私のものより少し大きめです。
同じようにクルクルと巻いて ポチッ。
形になっていれば プレゼントになりますからね。
ミシンがあればどなたでも作れるので UPすることもありませんが。

さて、、、とりあえず10cmに切っておいたピースをランダムに繋ぎました。
裁ち落としもピースワークして10cmにして。
バイアスを裁つと三角に布が余るのでそれも利用して。
何を作るのか?というとキッチンマットです。
裏は古い藍染めの暖簾を。
エ? こちらのほうがいい?
そうでしょうとも・・・・・・。

マット
ショー&テル(小物) | Comments(4)
2012/12/10

スクラップ Ⅱ

スクラップ Ⅰ

スクラップで何かを作ろうと思ったら 限りなく作れそうです。
何しろ、布はうんざりするほどあるし、何かを作ればまたスクラップが。
そこで またストリップの登場です。
まるでイタチゴッコ?  

これはファスナーエンドをカバーする物を作っています。
最初はミシン糸の大きさでカットしてみましたが 大きく感じたので
今度は 今はなきモンリッキーの手縫い糸のこまで。

スクラップ Ⅱ

一つ目は全体にキルティングをして 少し深めに。
二つ目は私らしくない色目でしょうか。
好きなんですけどね、作品にはなかなか手が出し難い色なんです。
それにこのプリントは 知る人なら「あ、あの人の布ね」というものなので
どうしても彼の雰囲気になってしまうんですね。
個性の強い作家物のプリントは 作品に使うのは難しい面がありますね。

ショー&テル(小物) | Comments(0)
2012/12/06

スクラップ Ⅰ

スクラップ 1

師走に入ると何となく追いかけれているような、気ぜわしい気分になりますね。
昨日のY新聞によると、師走の「師」は先生のことではなくて 僧侶のことだとか。
では「三歩下がって 師の影踏まず」というのもお坊さんのことなのですね。
だったら先生の影は踏んでもいいのかな? なんちゃって。

昨日は気がかりだったことを片付けに横須賀まで行って来ました。
まず、「人生の特等席」を見て、タイヤ屋さんでタイヤの交換、その間に買出し・・・・。
我が町には映画館がないので 映画を観るときには横須賀か、横浜か、川崎、
一年前に出来た辻堂のショッピングセンターに行くしかありません。
せっかくシルバー料金で見られるのに これでは足が遠のいてしまいます。

タイヤは去年の夏の車検のときに言われたのですが
なにせ、年に4000キロ程度しか載らないのに いくら5年経ったといっても、、、。
でも、雨ざらしの駐車場、潮風で多分ゴムも持ち主と同じ加齢世代?
やっと決心したのです。
でも、4本替えるんだから 高い!痛い!
こんなとき、もう車はやめようかな?と思うのです。

ところで、上の画像、気になってます?
キルトを作ったときに出た小さな残布も捨てないで 4cm、5cm四方、
もう少しあれば帯状に切って残しておきます。
この間、引出しを整理した時に小さな袋に入った3cmほどの布が何枚も出てきました。
それは数年前、テッセレーションのバッグを作ったときの裁ち落とし。
こんな物まで・・・・ 我ながら少々呆れました。
でも気に入っていた色合いなので 繋ぎました。
布端ではただのゴミですけど、これならプレゼントになりますよね?

スクラップ 2

茶系のポーチは出来上がり2cmの小さなピースです。
わざわざこんな小さなピースを切って作ることはしませんが 残布ですから。
帯状の布はベビーピンクの布を上下に加えて 鉛筆に。
手順を間違えて 結局手縫いでファスナー付けをしたのですが 
久し振りの手縫いは超面倒でした。

ショー&テル(小物) | Comments(2)
2012/12/03

何が違う?

サンタ

先週末から急に寒くなりましたね。
皆さま、風邪など引いていらっしゃいませんか?
那須に住む姉の家の庭が雪景色になっているのをFBで見ました。 ブルッ!

そして、もう12月、やっと3人の出番となりました。
今年のクリスマス飾りはこれだけに。
それもいつもPCをしているビューローの上にひっそりと。
以前はX'masキルトやツリーや ありったけのグッズを出したのですが
お雛様と同じで出すのは楽しいけど 仕舞うのが暮れの忙しい時ですからね。

以前、姉に頼まれてミャンマーの織物で小物を作ったとき、
バッグ・イン・バッグを見た娘が物欲しげな哀れな目で 「これ送るのォ~~」と。
その後、近所の店に良く似たショルダーが売っていたので これで作ったげる!
ところが 当の娘はいまひとつ喜びません。

「欲しそうだったから 作ってあげようと買ってきたのよ、もっと嬉しそうにしてよ」
すると、テンションの下がった低い声で 「うれしい
ん、もう!
よくよく以前のを見返してみると 素材も違うし、織りの柄も違うけど・・・。

ポーチ

残りで 旅行用の化粧ポーチを作りました。 
化粧品、シャンプー、歯ブラシ、薬を入れるのに
ちょっと大きめであまり深くないものが欲しかったのです。
中には仕切りを沢山つけました。
エ? こっちがメインじゃないかって? 
イエ、イエ、  あくまでも残りでついでですよ。

ショー&テル(小物) | Comments(2)
2012/12/01

トリコロール

トリコロール 1

12月になってしまいましたね。
今年も何度か忘年会の予定が入り、
この頃はただでさえ忘れっぽいのに・・・・と思いながらもイソイソと予定表に記入して。

以前はベッドに入ると 枕に頭が付いたのさえ判らないほど寝つきが良かったのですが
今では つらつらと考え事をしているうちに目が冴えてしまうことが度々。
何を考えているかというと、、、来し方行く末、、、ではなくて
あの毛糸何とかしたい、あのキルト、、、あの布、、、、と在庫整理のことばかり。
ふと思いつき、残り毛糸の袋を見ると ボランティアのセーターを編んだときの残りが。
いつもは残りも一緒に送っていたのですが 忘れてしまったときがあったのですね。

そこで、、、、
トリコロール 2

フランスの水兵さんの帽子は白地にトリコロールですが
残り糸の都合で紺になってしまいました。
かっわいぃ~~~!

来年のセーター送付のときに覚えていたら送りましょう。


息抜きも針仕事 | Comments(2)
 | HOME |