2013/02/25

ヘタウマ?

ヘタウマ 1

「下手上手」という言葉があるようです。
技術面では下手だが 人の心をひきつける魅力、と辞書にはあります。

針仕事でも針目もわからないような見事なアップリケもあるかと思うと
始めて針を持ったのかな? と思うようなステッチが反って生き生きしていたりと。
そういう不ぞろいなステッチを見ると 何だか元気が出るような気がしてきます。
それに、、、、
ア、これなら私でも出来る! と誰にでも思われる効果はあるようです。

私はクロスステッチは好きですが フランス刺繍は苦手です。
なので こういうステッチは下手で 真面目に揃えようと思っても上手く行きません。
だからといって このステッチが「人をひきつける魅力」があるとは思いませんが。

教室のサンプルも出来上がったことだし またウールの残布の整理です。
この赤いフラノは先日娘にケープを作った残りです。

ヘタウマ 2
>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(6)
2013/02/22

Six Pockets

6 ポケッツ 1

高齢化、少子化といわれて久しく、
子供手当てのばら撒きも効果は余り期待できないらしく
日本の人口はとうとう毎年減少するようになりました。
遠くない将来、我らの母国は消滅の危機にさらされるということになりそうです。

子供一人に対して 両親、それぞれの祖父母と
今時の子供たちは6つの財布を握っているとも言われています。

そこで私も 6つのポケットのあるポーチを作ってみました。 
両側に2つのファスナーポケットとその間にもう1つと合計6つです。
これで孫は皆の財産を入れることが出来るでしょう。 (笑

6 ポケッツ-2

政府はこれからは孫の教育資金として 1000万円までは相続税の課税を免除するとか。
孫の顔を見る可能性は限りなくないに等しい私には縁のないことですが
コツコツと貯めた老後の安心資金をあてにするのは
オレオレ詐欺だけではなくなりましたね。

「もしもし、オバアチャン? アタシの大学の学費を振り込んでぇ~~」
そんな電話もこれからは ご用心!

ショー&テル(小物) | Comments(0)
2013/02/18

ツィード Ⅱ

ツィード Ⅱ

寒い日々ですね。
北国の方はもっと厳しい寒さの毎日でしょうが。
ヤワなワタクシは ハワイや沖縄のツアーの広告に見入ってしまいます。
やっとしもやけも回復してきたら 
今度は目が覚めると同時に クシャミ、鼻水、目のかゆみと花粉攻撃で
着実に季節は巡っているのが体で感じられます。

また懲りもせずに・・・・。
今度はもう少し暖色系を加えて。
ついでにサイズも気持ち小さくして。
前回と同様に縫ってみましたが まったく同じ物は作りたくないので 解き
ベージュの無地を捜して マチにしてみました。
ところが、可愛いくしたかったのに おばさんになってしまい これもボツ!
また解いて 同じ布でコードを包み パイピング。


ツィード Ⅱ-1


少しだけ小さくなって 少しだけカワイさも増したでしょうか。





>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(4)
2013/02/15

ツィード

ツイード

若い頃から ツィードが大好きです。
その折々に ヘリンボーンやグレンチェックなどのツィードの服を着ていました。
小学生のとき、こげ茶のヘリンボーンのオーバーコートを着ていました。
当時は既製品は豊富でななくて 
多分洋裁学校に行っていた姉が課題で縫ったものではないかと思います。

コート生地を出したときに残布が袋に入って沢山見つかりました。
この頃では あちこちの引き出しから布が湧いて出てくるようで 正直恐ろしい。
その内に うなされるかも? 
スカートには足りないけれど、捨てるには惜しい・・・
大きくてもその程度ですが まとまればそれなりの量で場所塞ぎ。

そこでまずは 基本の基。
四角つなぎで。

ツィードのトート

まず四角く切って並べてみたら暗いので 
去年のキルトウィークのときに友人から頂いたニードルポイントの毛糸でステッチを。
随分雰囲気が変わったので持ち手の布の色も初めの予定と変えて赤で。
ついでに 毛糸でフリンジも作って付けて見ました。

母は私達姉妹が着なくなった服を四角く切っては繋いでコタツ布団や 座布団にして
姉達の家に行くと どの家にもその四角つなぎの座布団があったものでした。
これも全く同じですが マチをいれずペタンコの袋なのでまるで座布団のようです。

コートもそうですが もうすぐ暖かくなるというこの時に作るというのは私の悪い癖。
季節の先取りというのが出来ません。
実際に必要な時期にならないと作る気にならないのです。
マ、「2013 秋冬物」ということにしましょう。


>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(10)
2013/02/13

錆びた杵柄

ボタンホール

今度は黒のモッサで娘1にラグラン袖のコートです。
フラノのケープは玉縁でボタンホールを作りましたが
この生地は厚いのでちょっと難しそう。
そこで昔取った杵柄で 穴糸で手作りする積りでした。
ところが、、、、、
表からは見えない打ち合わせの内側ボタンのホールを作ってみましたが
腕がさび付いてしまったらしく 綺麗に仕上がりません。
手順が違うので 今更 玉縁は出来ないし 諦めてミシンで。
上の画像は 私のミシンの「自動ボタンホール押さえ」です。
一度セットすると 同じ大きさのホールが幾つも出来るという優れもの。
というより 今時のミシンには殆ど付いていると思います。

2,5cmのボタンを買いに行きましたが 気に入ったボタンは2,9cm。
その時は 何とも考えずに買ってきましたが 
イザ、この押さえでボタンホールを作ろうとしたら なんと、最大3cm!
それ以上大きなホールは作れないことがわかりました。
ボタンの大きさに厚さの分5mm位は大きく作らないといけません。
ナ、ナ、ナント!

仕方がないので ジグザグ押さえで昔ながらのホールを作りました。
でも、何度も試し縫いをしたにも関わらず 綺麗に出来ません。
縫っては解き、縫っては解き、たった3ヶのホールを作るのに半日以上掛かりました。
最後には ボタンで見えなくなるし、私のじゃないしで 良いとしました。 
ハ、ハ、ハ・・・・・。
こういう時には 笑ってごまかすしかありません。

モッサのコート

赤もそうですが 黒も写真写りが悪いですね。
>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(2)
2013/02/09

日・イ 友好ケープ

ボタン

在庫整理も第〇弾?
「う~~ん? ワカンナァイ」と目をクリクリ、首を傾け、ほっぺを膨らませる?
私がまねても 可愛くないのは 判っていますョ、はい。

ツィードのロングベストを作るとき、
「ウール生地」と書かれた引き出し式衣装箱にコート生地がいくつか・・・・。
黒のモッサ、ワインレッドの厚手フラノ、黒カシミア、アイボリーのツィル。

カシミアは若い頃洋裁を仕事としていた姉2が縫う積りで買った物で
歳を取って 服を縫う気力はなくなり私に廻ってきました。
ツィルは姉1の家を整理したときに茶箱から出てきた物。
多少でも洋裁の出来る人はそのときは「作る積り」なんですよね。

ワインレッドの布を買ったのは20年位前になるかもしれません。
マント風のコートを作る積りでしたが 作る前に歳を取り、体型が変わり、
もし今着たら 街角のポストと間違えられそう。
そこで、、、娘2がケープを欲しいと言っていたので、、、、。
自分用の服を作ったのでは 衣装箱からクロゼットのポールに移動するだけ。
それに外出が少ないので作っても着るか判らないし。

雑誌「レディ・ブティック」に実物大型紙が付いていたので 利用して。
何しろ、ちゃんと洋裁を学んでいないので 
原型から製図なんてムリッ!  囲み製図か実物大型紙が頼りです。

ケープ

裏地の箱にちょうどいい色の裏地はあるし、ミシン糸もあるし、、、。
で、今回買ったのは 大きなボタン1ヶのみ。
大きいボタンホールをミシンや手縫いで綺麗に作る自信はないので
何十年振りかで玉縁のボタンホールを作りました。
手順に不安もあったので 試しに作ってみて・・・。
ジャンボスナップは娘のコートからファスナーと一緒に取っておいたもの。
ボタンもちょっと奮発してイタリア製。 (といっても¥570)
ボタンとスナップはイタリア製。 布、縫い手は日本製。 
着る人も純国産。

腕が悪くて 赤はリアルな色が出ませんが 想像してください。
息抜きも針仕事 | Comments(2)
2013/02/07

通販で買う

通販1

昨日の寒さが嘘のような日でしたね。
↓のロングベストにウールのショールで近所の手芸屋さんに行きましたが 寒くもなく
春が来るとこんな毎日が続くのかな? 早く来て欲しいな、と単純に。
でも春が来ると 花粉も飛んでくるんですよね。
今年は海の向こうからは 恐ろしげな物も飛んでくるようだし。

娘1は今年になって 2度も定期券を忘れています。
勤務地は竹橋なので 片道¥1,050 掛かるのだそうです。
自分の不注意とは言いながら 2日で 合計¥4,200 JRにご奉仕しているわけです。
100均にある ランドセルにつける蛇腹の定期フックをつければ?と進言すると
「あんなのイヤじゃ」と。
とりあえずは私のデジカメ入れにしていたバングラの紐付きポーチを使っていますが
ヴォーグ系の通販カタログニードルクラフトで可愛いものを見つけました。

このカタログ、ドームでもヴォーグのブースで山積みされていたので
ご存知の方もいらっしゃると思いますが 何故か毎回送られてきます。
キルト、クロスステッチ、ニット、ビーズなどのキットや材料、洋書が載っています。
いつもパラパラと眺め、クロスステッチのページで手が止り
う~~む、欲しい、沢山ある、欲しい、ある、と数日繰り返しては諦めています。


娘が注文するものは¥1,260。 送料が¥500かかります。 
それなら、、、、と私もメッシュ・ショルダーを。
でも、送料無料の金額までには少々足りず、私にと文具がプリントされた生地を。
ショルダーは茶のほうは思っていた色合いと少々違っていましたが
幅が5cmと広いので 使い易いと思います。
プリントは有輪なので 捜せばキルトショップにもあるかも?です。
でも、いいでしょ?
何を作ろうかしら? と考えている時が楽しいんですよね。

娘が注文したのはこれです。
マカロン定期入れ

丸い部分からメジャーテープのように紐が出てきて手を離すと戻ります。
随分流行ったマカロンポーチと同じように プラのクルミボタンの芯に布を被せ
その丸い部分につけるようです。
これで定期券を忘れることもなくなるでしょう、多分、きっと、おそらく。


針の合間に・・・ | Comments(0)
2013/02/04

絵手拭い

東京駅手拭い1

今日は立春。
朝方降っていた雨も止み、日が差してきたので 久し振りに八幡宮まで散歩。
途中から空は真っ暗になり、足元から冷たい空気に変わって行きました。
明後日はまた雪が降るのだとか・・・・。
まだまだ春は遠いようですね。

東京駅が改装オープンしたのが去年の10月。
その時に 駅舎をデザインした手拭いが売り出されました。
東京に通勤している娘に頼んだのですが 当初から売り切れ。
私も東京に行った時は店を覗くのですが いつも売り切れ。
諦めかけていた頃、娘が思い出して店を覗き、買ってきてくれました。

絵手拭い

これは切り刻んで Tシャツにするわけにはいきませんね。
大切なコレクションに入れておきましょう。

>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(6)
2013/02/01

編んで結んで

編んで結んで

あっという間に 2月になってしまいました。
今年こそ、時間を有効に使おうと年明けに密かに念じていたのに
お正月早々 脆くも崩れ、その後はなし崩しに今までと同じようにだらだらと。
2月は28日しかないので 少しは・・・・それ以上は言わぬが華と。

ドームに展示されていたバッグが戻ってきました。
タイトルは「編んで結んで」
エントリーするときはタイトルに悩みました。
タペはとも角、バッグを作るときは何かをイメージして作ることは殆どないからです。
エントリー用紙を前に ありきたりでない言葉をアレコレ考えて。

これは 帯状にしたものを縦糸、横糸に見立てて編んでいます。
持ち手は去年のドームで買った大きな鳩目を使って。
その時、試しに使う積りで色違いでいくつか買ったのですが
袋物に使うには4つ必要なことに気が廻りませんでした。
さて、、、、どうしたものか?
思い悩んで思いついた苦肉の策で片面に1つづつ使い、そこに結びつけることに。
そこから付いたタイトルです。

編んで結んで 2





>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(4)
 | HOME |