2013/07/31

京都に・・・

京都美術館

イタリア旅行も行程が半分を過ぎましたので ちょっとブレイク。

昨日から京都市美術館別館で 5月に六本木であった三軌会の関西展が開かれています。
主に関西の会員さんの作品、会の重鎮の方々の作品が展示されるのですが
何故か私の作品も。
六本木では こちらの意図と違う掛けかたで
長柄のほうきを事務所でお借りして ちょん、ちょんと直しましたので
こちらでももしかして? と思い 日帰りで行って来ました。

大阪のN子さんが 暑い中ご一緒してくださって
「歌舞練場」や錦にも案内してくださったのですが
カメラのご機嫌が悪く 写ったりエラーになったり。
内心、そろそろ買い換えたいと思っていたので 気持ちが通じた?
帰宅して色々試してみましたが 結局そのメモリーカードがダメだったようで
ほかのカードなら作動しました。
何故か この画像だけが保存されました。
錦で頂いたカキ氷、とても美味しかったのですが 画像がなくて残念。
N子さん、本当にお付き合いありがとうございました。

8月5日まで 入場料500円 です。
お近くにいらっしゃることがありましたら ご覧下さい。


針の合間に・・・ | Comments(4)
2013/07/29

アルベルベッロ

アルベルベッロ 1

世界遺産のトゥルッリ群は1000戸ほどの商業地域(新しく建てられたものもある)と
500戸ほどの住居地域が二つの丘に分かれています。
これは住居地域の丘の中腹から商業地域を見た風景です。
多くがお土産屋さん、リストランテ、ワインショップで観光客で大賑わいです。

こちら側の立ち位置の左手に住居地域があり、そちらはひっそりと人通りもなく
洗濯物が干してあったり、家の前に車が置いてあったりと生活感があります。
後ろ方向は広場で二つの大戦の慰霊碑や植栽をした広場、普通の建物の靴屋、
ブティック、銀行、おもちゃ屋、薬屋、ハム屋‥とこの街のメインストリート?
通り過ぎて坂を登ると またトゥルッリの家が増え、サンティ・メディチ教会、
『我が家』、丘の頂上が司祭館となります。
何処に行くにも坂を下りたり、上ったり・・・・・。



アルベルベッロ 2

ランチは行く直前、BSの街歩き番組で紹介していたリストランテに。
パン2,3種類はどこでも必ず出てきますが こちらのフォカッチャが一番美味しかった。
ハムの盛り合わせも 「こんな美味しいサラミは食べたことない!」というもの。
トマト、バジル、モッツァレラ、リコッタチーズのオリキエッティはとても美味しかったし
ふすま粉のオリキエッティはあまり・・・これはふすまだからでしょう。

オリキエッティというのはプーリア州のパスタで
千歳飴のようにした生地を小口切りにして親指で擦るようにするとクルッと。
ただ、茹で時間が17~20分とスパゲッティに比べると とても掛かります。





>>続きを読む
イタリア 2013 | Comments(0)
2013/07/27

トゥルッリに泊まる

トゥルッリ 1

今回の一番の希望は「アルベルベッロのトゥルッリに泊まりたぁ~~い!!!」

バーリからアルベルベッロに行くには 電車なら1時間、バスなら2時間掛かります。
私達が行く日は電車が運休だったので バス乗り場に行くと、、、
日本人は40代女性3人組、同じ年代の親子3人組。
賑やかに話しているので聞くとはなしに聞いていると 親子は京都、女性組は滋賀から。
どちらもバーリに泊まっているらしく、軽装です。
親子組の父親が私達のスーツケースをちらりと見て 「日帰りで充分」と聞こえよがしに。
『勝手やんか!』と心の中だけで言い返しておきました。
スーツケースがあるので列の最後尾に並ぶと 
前のおじさんが運転手さんに大声で荷物入れを開けるように言ってくれました。

高速バスかとおもいきや、電車運休の代替なので内陸部の街では路線バスです。
アルベルベッロに着き、予約したトゥルッリへ・・・・。
上の画像の左が司祭館、右の家に2泊しました。

その内部です。
トゥルッリ 2

1LDKと言ったところでしょうか。
夫婦と子供一人なら充分生活できる空間です。
ダブルベッドと 写し忘れましたがシングルベッドがあり、はしごでロフトに登れば
もう一人は泊まれそうです。
エアコン、キッチン、冷蔵庫、鍋、食器もあり 自炊も出来ます。 
バスルームもお湯もちゃんと出るし 新しく改造されて快適に生活できそうです。
キッチンのドアは裏庭に面しています。

ただ問題は 司祭館を見学に来る人の声が、朝早く散歩する観光客の声が、
夜はイスを持ち寄っておしゃべりする近所のオジサン、オバサンたちの声が、、、、。
いやはや、我が家とあまり変わりがありませんでした・・・・・・。

ところどころには空き家があり、売り家の札が掛かっていました。
いかがですか、リタイヤ後の住まいとして。
イタリア 2013 | Comments(2)
2013/07/26

プーリアへ

カステル・デルモンテ 

娘2がイタリアに行くというので 「私も行くゥ~~~!」と。
このブログを以前からご覧頂いている方の中には
数年前、2日前のインフルエンザで中止になったのを思い出す方も
いらっしゃるかもしれませんね。

長靴の形をしたイタリアのくるぶし、かかとの部分にあるプーリア州を重点に。
コースも手配もすべて娘にお任せで とりあえず バーリ2泊、アルベルベッロ2泊、
ベネチア1泊、ローマ4泊という予定を前日に聞いただけでした。

人気の国なのでいらした事のある方も多いと思いますので サラッとUPしたいと思います。
お付き合いくださいね。

上はバーリから電車で1時間、バス30分のところにある「カステル・デルモンテ」
電車もバスも一日に数本、バス停は駅前にあるものの
切符は5分ほど歩いたタバコ屋で購入(イタリアでは普通とか)と超ローカル。
世界遺産ですが周囲オリーブ畑に囲まれた山頂にあり
バス停の前にリストランテが一軒のみ。

カステル・デルモンテ

12世紀にイタリア半島の半分以上を統治していたフェデリコⅡの城の1つで
八角形の塔が8本、中庭も八角形で 何のために作られたのかは不明とか。
後に牢獄として使われたり、近隣の農民の倉庫だったりと荒れ果て、
崩れかけていたのを修復したのだそうです。





>>続きを読む
イタリア 2013 | Comments(2)
2013/07/20

チネチッタ


ローマの太秦撮影所と思って下さい。 映画好きには楽しいです。
イタリア 2013 | Comments(4)
2013/07/13

イタリア


イタリアに来ています。かかとの所にあるバーリの駅です。帰るまでレスは出来ないとおもいます。
イタリア 2013 | Comments(2)
2013/07/09

スイカ入れ

期日前投票

梅雨が明けたと同時に酷い暑さになりましたね。
どこか涼しいところはないだろうかと 市役所に行って来ました。

という事ではなくて・・・・・・・
参院議員選挙の期日前投票に行ってきたのです。
先日、知人から当日用事がなくても期日前投票にしていると教えてもらったのです。
そうすれば 当日たとえ台風が来ても安心ですからね。
応援している党も 候補者もいないのですが 棄権もしたくないし
今後3年は 国政選挙はないだろうというので 消去法で一応書いてきました。
せめて 「この人!」「この党!」という気持ちで自分の権利を行使したいのですが。

ついでに貯まった紙袋を市役所に。
当市では チラシや窓付き封筒、DMはミックスペーパーといって 
手つきの紙袋に入れて 口をガムテームで閉じて決められた曜日に出します。
紙袋がたまる家は公共施設にあるこの箱に入れ、必要な人はここから持って帰ります。

廊下を歩いていてつい笑いそうになったこの張り紙。
「離婚届けの書き方」の中に届出用紙が入っているようですが
消えるペンで書いたら やはり無効なんでしょうね。





>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(2)
2013/07/04

法事

法事1

今日は蒸し暑い一日でしたね。
母の17回忌、次兄の13回忌が麹町の菩提寺でありました。
母と次兄の命日は一日違いなのです。
ちなみに叔母の命日は母の一週間後で 今は同じお寺に納められています。
直ぐ隣には コンビニ大手の本部ビルがそびえています。

今まで法事というと週末でしたが 今回は姉妹4人だけでしたので平日に。
麹町あたりはオフィス街なので休日に会食する処が見つからず
いつも築地から仕出しをお願いしていましたが
今回は人数も少ないし、平日だし、姉が東京駅の新しいところに行きたいというので
ネットで捜してはじめての処でした。

法事 2

この店は和歌山が本店で大阪にも何店かあるようです。
姉二人が魚好きなのでこちらにしましたが
4人だというのにお刺身は大きなお皿に大きな氷! 刺身4品が所在なげです。
イサキの煮物はとても薄味、ザル豆腐と次の天ぷらのどちらも同じ塩が出され、
せめてどちらかを抹茶塩にすれば変化があるのにと思いました。
鯛めしも少々薄味で これが関西風なのかと納得?
残った鯛めしはおにぎりにしてくれたのですが 
前に言ってもらえれば無理に食べなかったのに。
白菜の漬物も 2皿出たのですが 一方は葉ばかり、もう一方は根元ばかり。
お刺身も煮魚もお豆腐も天ぷらもそれぞれ美味しかったのですが 
何か満足感に乏しい・・・かな。
多分それは店の姿勢なのでしょうね。

あちこち新しい施設が出来ても年配の人達が食事出来るところは少なく
結局次回の法事の後もこちらになるのかもしれません。


>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(0)
2013/07/02

リメイク日傘

リメイク日傘 1  

7月になりました。
もう今年も半分過ぎてしまったということですが
相変わらすにダラダラとした毎日です。
後の半年も同じように過ぎていくのだろうという予感? 確信?

日頃愛用していた日傘、、、なぜかポツポツと穴が幾つもあいています。
雨傘ではないので雨漏りの心配はありませんが
まるで 夜空に輝く星?  廃れたプラネタリウム?
ピンポイントで日焼けしそう。
 
手作り日傘を作ってみて 意外と簡単だったのに勇気を得て 分解しました。
お気に入りで 毎日の買い物に使っていたのですが
竹の手は高いのが今回わかったので 捨てずに骨を生かそうと思ったのです。
ケチですね、いいえ ゴミを減らしてエコという事で・・・・。

リメイク日傘 2

去年ブラウスに使った浴衣生地です。
石突と止め紐を赤にして ちょっとだけ若作り?




>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(4)
 | HOME |