2013/08/29

水彩画展

水彩画展

この数日、やっと凌ぎやすくなってきましたね。
これからは熱帯性気候になって 秋は来ないのかとオバサンは心配していました。 
ホッッ
私的希望をいえば 一年中秋~~~!というのが理想なんですけど、
それならどこかに移住しなさいと言われそうですね。  

地元のシニアの水彩画グループに入れていただいて 1年余り。
休むことが何度もあったので 実質は数回参加?
その会が どういういきさつか判りませんが (どうも休んでいたときらしい?)
先日紹介した病院のギャラリーで一ヶ月も展示することになりました。

今までは地元の商店街のぼんぼり祭りや駅地下道の展示スペース、
利用している会館のロビーなどに定例で展示する機会があったので
もう1つ増えたことになります。
先生は張り切っていらっしゃいますが 私は制作が追いつかない!
忙しいというより 暑くてなにもする気がなく毎日読書三昧。
涼しくなったら 疲れが出て毎日ボ~~~っと。

その上、先生が 「ハガキを作って!」と。
以前、画像を印刷した私製はがきで手紙を出したのを覚えていらしたようです。
グループの中には 最近PCを覚えてやる気マンマンの男性がいるので
私としては手を出したくはなかったのですが・・・・。

案の定、その方からは「オレは何もしなくていいんだね?」と電話が。
「イエ、イエ、、私はハガキを作るだけです。」と強調。
年配の男性がおへそを曲げると これから色々と差し障りが出てきそうですからね。

先生は張り切る、代表の方は病院側と打ち合わせが出来ない、
関わっている数人の間で何度も電話やFaxが飛び交い、何が最終決定なのか?
という事をこの数日過ごして やっと案内ハガキの印刷にこぎつけました。

今、私のプリンター君がせっせと働いています。
これをメンバーに送ったら 私の仕事は終わり!!!
ア、 搬入の日に何人かをピックアップして行くんだった!

ハガキの絵は最高齢(86歳)の方の作品です。
針の合間に・・・ | Comments(2)
2013/08/24

暮らしに力を

Tシャツ 1

天気予報では雨となっていた昨夜ですが
ぱらぱらと降っただけで、打ち水にも負ける程度のお湿りでした。
「今までにない雨量」で被害の出ている所もあるのに
もっと平均的に降ってくれれば 良いと思うのですが・・・・。

またまたあきもせずに手拭いのおでましです。
せっせと作った甲斐があり、在庫も大分減ってきましたが
それに伴って 組み合わせが難しくなってきました。
今回は嫁入り先が決まっているので その方の出身地の住所の物を入れて。

Tシャツ 2

気に入っていただけるといいのですが。。。。。





>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(2)
2013/08/19

ラベンダーの丘

ラベンダー1

お盆休みも終わり、少し日常が戻ったようですね。
朝晩の風も少し 涼しくなったような? 気のせいかも?

先週のTVで 北海道美瑛の丘での 地元農家の人達の困惑・怒りが報じられていました。
CMで取り上げられた丘の樹を見に来た観光客が 私有地に入り、畑を荒らし
農道に駐車をし、怒った農家が樹の幹に赤いペンキで大きく×を描いたとか。
今年は東南アジアからの観光客が激増し、注意しても言葉が通じないので
英語、韓国語、中国語の看板を立てたが 改まらないのだそうです。
これではまるで東南アジアの人達のマナーが悪いと暗に言っているようです。

観光地に住んでいる一人として この報道の仕方には大いに疑問を感じました。
我が家の隣地は時間貸しの駐車場です。
GWやお盆休みには毎年、驚くほど遠方のナンバーの車が停められています。
夜通し運転したのでしょうか 明け方からの賑やかな声、精算機のレシートの散乱、
カラのペットボトル、お弁当のパック、使用済みの紙おむつ、車中のゴミ、
車で連れてきたのかペットの糞まで 放置されています。
これらは東南アジアからの観光客の仕業ではないようで、、、、、。
我らが同胞、日本人のマナーも年々、悪くなっているのです。


さて、国際線に乗るときにはいつも小さなクロス・ステッチを持って行きます。
搭乗するまでや機内での時間つぶしです。
今回用意したのは ↑ですが 出発前に少し刺してみたらとても機内では無理!
そこで 別の物を用意して行きましたが すでに手元にはありません。
帰国してから続きを刺しましたが これが大変面倒!

ラベンダー 2

10年以上前にこの図案が気に入って買った本でしたが 
毎日、せっせと刺してやっと出来上がりました。

良い子のみなさん、美瑛の丘のラベンダーも遠くから見て楽しむことにしましょうね。


息抜きも針仕事 | Comments(6)
2013/08/15

対暑法

病院

毎日暑いですね。
ネット友のブログやFBを拝見していると 
皆さん、いつもと変わらずお出掛けしたり、ジムに行ったりとお元気な様子です。

新聞やTVでは 「高齢者はエアコンを点けて!」と繰り返し言っています。
私も今年からは 立派な高齢者。
家にいる時はエアコンのお世話になりますが 
一人で毎日エアコンを点けているのは 省エネと逆行だし、外気温を上げているし、
いいのかなぁ~と。
そこで、、、クール・シェアなんて言われていることだし、
近くの図書館で過ごすことに。
でも、徒歩5分とは行っても 往復は暑いし、
イスはパイプイスで 長居は出来そうもないしで 一回で降参。

娘1が検査を受けに行くというので 親切ごかしに「送ってあげる」
ここは市内の総合病院ですが我が家からは車で30分位。
数年前に新築移転し ロビーはホテルのよう・・・というのはちょっと褒めすぎ。
ただこちらはイスが殺風景なビニールレザーの長いすではなく 心地良いのです。

病院2

読んでいた本は・・・・・

本

上2冊は TBS系で月曜日に放送されているドラマの原作です。
とかく、原作物を映像化するとがっかりすることが多いのですが
これは殆どと言ってもいいくらい原作に忠実です。
今週から新しいシリーズになり、これから段々とこわ~~くなっていきます。
お勧めですよ。

針の合間に・・・ | Comments(4)
2013/08/12

バチカン

バチカン 1

泊まっていた宿が バチカンの最寄りの地下鉄駅からバチカンに行く途上にありました。
8時を過ぎると 駅からぞろぞろとバチカンに向かう大勢の人達の流れが見えるので
近いのを幸い、7時に起きて朝食前に行ってきました。 
ご覧のように殆ど人は見えません。

バチカン

始めてこの宿に来た時、車道にテントを張って安物の服を売っていたり、
歩道ではインチキブランドのバッグや財布を並べていたり、、、
はたまた、失った腕や足の患部をむき出しにして歩道に寝そべる若者の物乞い、
小さな子連れの母子の物乞いなどが目に入り、治安が悪い地域なのかと思いましたが
ほかの通りでは殆ど見かけなかったので
どうも バチカンに来る敬虔なクリスチャンのお財布が目当てのようです。

実は地下鉄の中で危うくスリにあう経験をしました。
夕方、混んだ地下鉄に新生児を抱いた女性が乗って私の傍に立ちました。
私は向き合って赤ちゃんが潰されないように立ち、
前にかけていたショルダーの金具が当たらないかと手をやると、、
赤ちゃんを抱いている母親の手と当たりました。
バッグを少しずらし、すこししてまた気になったので手をやると、、、
また母親の手と当たりました。
その内、ターミナル駅に着き 近くに居た若者3人組が何か言いながら降りていきました。
私はその人達を怪しく思っていたのですが 
降りる気配のなかったその母親が 急に何か彼らに文句を言いながら
追いかけるように降りていきました。
いくつか駅を過ぎて降りたとき、バッグのファスナーが半分ほど開いているのです。
あれ? と思いましたが まだ気が付きません。
その内、もしや? と思いましたが財布は無事でした。
ファスナーを全開にしないと出せない場所だったし、その上にショールを載せていたので
取れないうちに電車がすいてしまったのですね。
その若いお母さんの手がとても冷たかったのが 印象に残っています。

>>続きを読む
イタリア 2013 | Comments(6)
2013/08/07

焼け石に・・・・

カート 1

在庫整理第〇弾! (もうわっかりませ~ん)

以前は車で出掛けたついでに 大型ショッピングセンターで買い物をしていましたが
この頃では車での外出がとんとなくなり、買い物も近所が多くなりました。
今までの習慣で つい重さも考えずに安いとあれこれ買ってしまい、帰り道はフ~フ~。

ショッピングカートを買おうとサイトで検索すると 以外とお安い。
でも、スケッチにも使いたい、保冷機能も欲しい、軽いのがいいとなると
なかなかピタッと来る物が見つかりません。

重いものやミシンを運ぶ為にすでにカートは持っているし、保冷バッグもある。
その上、ショッピングカートを買うと似た機能のものがダブル。
エ、エェ~~イ! 布は沢山あることだし、作ってしまえ~~~!!!

ということで。。。。。。
カート 2

15年以上前に刺したクロスステッチのログキャビン、どこかの販促で貰ったベルト、
在庫の厚手デニム等を使って作りました。
といっても ちょっと深めのトートに蓋を付けたような物です。
スケッチブックも入り、一応ポケットも付け、
カートにしっくりするように背側に当て布も付け、出来上がりました。
保冷バックを横にして底にすっぽり入る大きさです。

>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(6)
2013/08/05

ベネチア

ベネチア 1

8月になりましたね。
今週は厳しい暑さになるとか。
あとどれほど耐えねばいけないのでしょうかね。  
皆さま、夏ばてになりませんよう ご自愛くださいね。

娘2とのイタリア旅行も半分が過ぎ、ローマに戻り 娘の都合で一泊だけして
荷物を宿に預かってもらい、一泊分の荷物だけを持ってベネチアへ。
上は空からのベネチアです。
色が良くありませんが 外に出て窓を拭くわけにも行きませんので お許しを。

本土から橋で繋がっているのがベネチア本島ですが 
周りが干潟のようになっているのが よく判ります。
こんなところによく街を作ったものだと 感心したり、呆れたり。

私の希望の2は ベネチアのブラーノ島に行きたぁ~~い!
ムラーノ島はベネチアングラスの島ですが ブラーノ島はレースの島です。
漁に出ている夫や息子が戻るときに 我が家がすぐ判るようにどの家もカラフルです。

船着場に着くと そこはまるで江ノ島の参道のように 
細い路地の両側にはレース製品の土産物やが並んでいます。
そこを無事に抜けると 運河があり広場がありますが
どこも観光客向けのレース屋さん、リストランテ、土産物屋で 興ざめの感が。
レース製品も元町のレース屋さんやベトナムで見たものと似ているものが多く
この土地のレースは何処にあるの?という感じです。

がっかりし、ぶらぶらしているとかつてのレース学校を使った博物館が。
こちらでは 作る手順を判りやすく解説したり、
貴重なアンティークのレースが 大量に展示され見ごたえがありました。
もう、80歳は過ぎているだろうと思われる女性が 実演。
観ている人にも 座って針を持たせてくれます。
おばあさんは 素人に汚くされたくないのでしょう、針を持つポーズだけです。

ベネチア 1

ムラーノ島では船着場にいたおじさんが 「ムゼオ(博物館)はこっち」というので
廻ってみるとなかなか見つかりません・・・・。
諦めようと思っていた頃にやっと発見。 
発掘されたガラス製品や若手の作品が展示されています。
逆方向に行くと じきに船着場に・・・・。
道すがらあちこちの工房に寄らせようと言うおじさんの魂胆だったようで。

翌日は美術館に行く積りでしたが 何処も大変な人出で 美術館も行列です。
娘はベネチアは3回目だというし、混雑、行列が大嫌いな私は 
炎天下に並ぶくらいなら一生に一度の機会でもパス!
と言うわけで あまり混んでいそうもないグッケンハイム美術館へ。
こちらはNYのグッケンハイ美術館と同じ財団が運営しているモダンアートの美術館です。

ベネチアでは運河を巡る船かゴンドラ・水上タクシー以外には 
徒歩で移動するしかありません。
2日間、これまた自前の動力で・・・・。

>>続きを読む
イタリア 2013 | Comments(0)
 | HOME |