2014/12/27

年の瀬

年の瀬 2

靴下が編みあがりました。
そこで買ったのが・・・・ソックブロッカーという板!
まず、20分ほど水に浸して揉んで、タオルで水分を取り、 板を入れて干します。
水に入れて少しつまらせて 板で型を整える・・・と思ったのですが
毛糸がナイロン混の靴下用の毛糸なので つまりません。
一枚売りだったのですが 片足づつでは面倒と1足分買ったのですが
結果を言えば 無駄遣い?

クリスマス前に出来上がったので 
サンタさんがプレゼントを入れてくれるのではと期待したのですが・・・
(私は大きなものは望みません、小さくて光るものでも良かったのですが)

下は施設にいる姉1が 何もすることがないというので
以前、編物でもするかな?と毛糸と編み棒を持っていきました。
色々と忘れる状態なのに 昔の手は覚えているのですね。
ガーター編みのマフラーです。
一緒に行った姉2が 「私に頂戴!」と。
何しろ ちゃっかり者なのです。
「私が毛糸を買ったのよ」というと
「お姉さん、編んでくれてありがとう。 ○○ちゃん、毛糸を買ってくれてありがとう」
ったく!
その上、「今度は私に編んでね」というと 「○○ちゃんは注文がうるさいわよ」


>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(6)
2014/12/21

靴下を編む

くつした

今年もあと10日となりましたね。
今日は暖かく 大掃除日和とか。
とはいっても、、、いたしません。

少し前、友人から「編むと縞模様になる靴下用の毛糸がある」と聞いていましたが
面白そうと思うだけで 編んでみようとは思いませんでした。
なぜなら、、、、
かかとが編めないのです。
娘時代、スキーの前には靴下は編みましたが
かかとの部分になると母に編んで貰っていました。
あの頃、教えてもらっておけば良かったと思っても 後の祭りです。

偶然、毛糸屋さんのサイトでその毛糸を見つけ、
送料無料に惹かれて、ついポチッと。
その店のロゴの入った飴が嬉しいおまけ。
ちょっと細めな糸なので少々やる気が減退でしたが 編んでみました。

今は便利な世の中で ネットで検索すると色々とかかとの編み方が紹介されています。
その中から一番簡単そうなもので・・・・。
片足だけ出来ました。
50gを2玉買いましたが 片足で30gも使っていません。
ということは・・・・・
残りで帽子? 手袋?  



ウォーマー色々

11月のキルトウィークのボランティア仲間に編み物の達者な方がいます。
毎日違う編み込み模様のセーターを着てこられるので秘かな楽しみです。
毎年残り毛糸でネックウォーマーやレッグウォーマーを編んできてくれます。

今年は例年より1週間早かったし、ブースの中だったので暑いくらいでしたが 
いつもの年だと 前は大きな開口でとても寒く有難いプレゼントです。
数日前の寒波の時には 足首、手首、首につけてとても重宝しました。
「首」を温めると セーター一枚分と言いますからね。
簡単に出来るとはいいながら 自分ではなかなか作らない物です。
息抜きも針仕事 | Comments(2)
2014/12/14

ハッキリ、クッキリ

文さん

やっと文さんの完成です。
いやぁ~~、図案が可愛いので 後先考えずにポチしてしまいましたが
布が刺しにくいアイーダ、 身長計がずれていると山あり、山ありで。
中断したり、夕飯の後に少しづつ刺したりで随分と時間が掛かりました。

最後にバックステッチで輪郭を刺すのですが
輪郭をはっきりさせると 塗り絵のように感じてしまい
私はこれが好きではありません。
今回も やめようか、指定の黒ではなくグレーにしてみようか、
それとも1本どりで刺そうかと迷いましたが
まず 指示通りに刺してみようと。
結果は輪郭がはっきりすると 全体に締まった感じになりましたね。
サイズは31x83cm
手拭い位の大きさでしょうか?

今日は選挙です。 
12月14日は討ち入りの日ですね。
でも関係はありません。

糸が14カウント2本どりならもう一枚刺せるほど余っています。
刺してみようと思われる方はご連絡ください。 差し上げます。

息抜きも針仕事 | Comments(2)
2014/12/05

ギブ・アップ

本

12月になったら途端に将軍様がやって来て・・・
いいえ、超刈り上げのあの将軍様ではございませんよ、念のため。
師走というだけに 先生方はお忙しいのかもしれませんが
私は日々なんの変化もなく、だらだらと過ごしております。

本が好きですが 主にミステリーで他のジャンルはあまり読みません。
それなのに、、、
ふと解説に興味を持って図書館で待って、待って、やっと借りたのに
肌が合わなくて 途中でお手上げになるときがあります。

上のスティーブン・キングの本は 
過去にタイムトラベルして ケネディ暗殺を止め、
ロバートもキング牧師の暗殺もなかったことにしようとする話です。
そうなったら歴史はどうなるのか? 
いくら過去に戻って事態を替えても 現代に戻れば同じこと?
などと考えながら読んでいくうちに混乱してきて ギブ・アップ!
ただでさえこの所 深く考えられなくなっているというのに 無理でした。
いえ、訂正します。
以前からそうでしたが 輪をかけて考えられなくなっているのです。

もう一冊は 上野の西洋美術館に収蔵されている松方コレクションにまつわる話です。
彼は美術を志しても簡単にはヨーロッパに学びに行かれない若者たちのために
第二次大戦前夜、ヨーロッパで20世紀の芸術家の作品を買い集め
ナチスからそれらを守り 戦後、フランス政府に没収されていたそれらは
松方コレクションを収蔵するために作られた西洋美術館の完成によって
日本に返還されたのです。
とても興味深い内容なのですが 文体が気になり ピッチが上がらずに
こちらもついに ギブ・アップしました。


>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(4)
 | HOME |