2015/03/28

落石渋滞

Mt.Fuji

見事な姿ですねぇ~~。
昨日は近くのビュースポットでも この時期には珍しくクッキリ見えていましたが
これは ドリフト族のメッカ、箱根ターンパイクからの景色です。
良いお天気で 愉しいドライブ?
とぉ~~んでもない!

県西部の老人施設にいる姉1が 今度ケアセンター内の個室に移ることに。
今までの部屋は2LKでしたが これからはワンルームマンション並みの広さです。
当然、不要になる家財道具を引き取ることになり、
引越し業者の見積もりをお願いして 昨日の午後に約束をしていました。
部屋を少しでも片付けようといつもより早く出て 11時には十分着くはずでした。 

ところが、、、です。
途中の道で落石があったとかで 大渋滞!
1時間経っても 500mも動いていません。
目の前の交差点が青になってもびくとも動かないのです。
仕方がなく、、、Uターンして箱根ターンパイクに廻り やっと1時半到着。
引越し業者も1時間遅れて・・・・。

業者は施設の方が連絡してくれた S引越センター。
何でも5年連続業界1位なのだそうです。
PCであれこれ打ち込み、出てきた金額が○×円。
私が 「判りました」というと 意外な顔をして 「いいんですか?」と。
大抵の人はここから値切り交渉をするそうなのです。
そこで 施設の方と二人であれこれと言って 2割近い値引きに。
その間には 頭を抱えてみたり、
主任と交渉してみますと目の前で電話をしてみたりと。

この業者にとっては これは予定の内。
結局、安くしてもらったという印象を与えたいのでしょうが
私はこういうことは好きではありません。
内心、馬鹿馬鹿しくて 不快でした。
 
関西方面では値切るのが当たり前と聞いたことがありますが
純関東人というか江戸っ子と浜っ子のハーフといたしましては
初めから正直価格が一番!
これでは図太い根性のある人が得をするということになります。


ターンパイクを通ったのは 47年振り!
夏休みに九州と尾道に帰省するという友人たちと4人で。
当時は名神はありましたが 東名は多分まだなかった時代です。
台風が来るというので道路閉鎖する前の最後の一台となり
濃霧のなか、後ろからの車のライトにほのかに浮かび上がるセンターラインを辿って。
直線でやれやれと後ろを見ると なんとしんがりはパトカー!
右も左も見る余裕もなく、というか何も見えず 
私のターンパイクデビューは終わったのでした。
昨日は好天の中の運転でしたが それでもカーブと坂ばかり。
知らないとは言いながら 
若い頃の命知らずぶりを今更ながら 「よくもまぁ 無事だったこと」

針の合間に・・・ | Comments(2)
2015/03/22

カンタを見に

カンタ

お彼岸の中日の昨日、欲張ってあちこちと巡ってきました。
護国寺、麹町とお墓参りの後は 南インド料理でランチ。
10年以上前、ワシントンの姪の所に行った時に食べて以来病みつきに。
中央はドサといって 賽の目に切ったジャガイモとひき肉をカレー風味で煮て
大きなクレープに巻いた物です。

ランチの後は有楽町の MUJI にカンタの展示を見に。
カンタはインドのベンガル地方やバングラデシュの手工芸です。
着古したサリーを重ね、サリーを解いた糸で刺し子をしたもの。
展示されたものは数点でしたが どれも細かく密なステッチで
外出もままならない女性たちののびやかで豊かな表現力に感心しました。
4月22日まで。 
4月24日から6月28日までは 
インドのラジャスタン地方のブロックプリントの展示が予定されています。
下の画像は姉や姪から貰った現代のカンタです。
羽二重のような薄い絹に薄い木綿を裏打ちし、絹糸で刺してあります。

また このブログのプロフィール欄で ネブラスカ州にあるキルトスタディセンターの
コレクションを紹介していますが その中にも カンタがあります。

有楽町からは歩いて 三菱1号館に ワシントン・ナショナル・ギャラリー展を。
帰宅したら 13000歩 でした。
といっても のんびりと歩いているので カロリー消費にはなりませんね。


>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2015/03/18

念願の新潟行

塩引き鮭1

ド、ドーン!と凄い迫力でしょう?
これは新潟の北部、山形に近い村上の塩引き鮭と言います。
10年以上前だと思いますが BSの日本風土記?で見て以来
「行きたい」と切望していました。
この冬こそと秋から考えていましたが
何度も繰り返す○×低気圧に恐れをなしているうちに 雪の季節は過ぎ
強烈な花粉攻撃に晒されながら行ってきました。

一日目はもう一か所、行きたかった処へ・・・。
こちらは戦前には越後一の土地持ちだった豪農 伊藤家です。
終戦直後、軍の物資を隠蔽していると調査に来た米軍将校が
こちらの当主がアメリカ留学していた時の大学の後輩だったという縁で
集合住宅になるはずだった屋敷が戦後の財団法人第一号に。

博物館

部屋数が未公開を含めると80以上!
使用人が50人居たという桁外れの農家です。
初代は小さな農家でしたが妻の実家の藍を商い、
代々、商才に長けていたのでしょうね。
土地台帳などはまるで区役所のようです。

大呂菴

宿泊客は私たち二人だけ!


>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(6)
2015/03/13

ネックから~~

セーター 1

この数日は強風が続きました。
日本中の杉の木の花粉が吹き飛ばされ、太平洋の藻くずとなればいいのですが
そうは問屋が卸さない? 
なので 家にこもって編物を。

毎年参加しているボランティアのセーターです。
11月初旬に送るので 10月になると編んでいましたが
去年は冬の間に編むと 後が気が楽と判ったので 今年も。

去年友人から貰って 染めておいた毛糸と 微妙に違うグレーです。
染めるときに 沢山の毛糸をむらなく染めるのは難しいので
開き直って あちこちをきつく縛り、白が出るようにしました。

セーター 2

輪編み針でネックから編むと 綴じる手間がいらないと聞いて。
確かに輪だと 表目だけをひたすら編めばいいので 楽でした。
ただ、子供用なので 袖は輪針だと反って編みにくく 
4本針で編むことになりました。 
今回は本を観ながら ラグラン袖のように編みましたが
そのうち 丸ヨークのように編んでみようかと思います。

参考にした本
やさしく編めるニット 秋冬      NHK出版 昭和61年
ネックから編むセーター       日本ヴォーグ社 2011年



>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(2)
2015/03/08

ファスナー

ファスナー1

3月に入ってもまだまだ寒いですね。
今日も昨日も一日外に出ず、籠っていました。

↑の画像は言わずと知れたファスナーです。
この頃では色々とあり、左はポーチなどに使う玉つきファスナー
その隣も同じですが左右で色が違っています。
数年前からドームやキルトウィークで売られ 
初めて見た時には嬉しくなって色々の組み合わせを求めました。
ただ、18㎝以下か30㎝程度の物しかなくて ちょっと不満でした。
その隣は ジャンボファスナーです。
これはシンガポールで見つけたもので
ファスナーとスライダーは別売りです。
1m買ったのですが 翌日も行って数メートル追加で買ってしまいました。
白と黒とあったので、いまでは白も買っておけばよかったと思っています。
一番右は この頃売られているフリースタイルファスナーというもので
40色から選んで組み合わせることが出来ます。
1,2m単位なので 好きな長さや色の組み合わせのファスナーが作れます。
やっと、やっと、私が永年望んでいた物が現れました。

その下はネット友が持っていたので 私も真似して買ってきました。
スライダーは江ノ電の可愛い車両になっているネックホルダーです。
これを使って何か作りたいと思ったのですが 
ファスナーに余裕がなく 今の所 いいアイディアが浮かびません。

そこで・・・・
夕食後に炬燵でちょこっと作れるものを、と小銭入れを作ってみよう・・・と。

小銭入れ

旅行に行った時に クレジットカードと小銭を入れるための財布です。
初めにあまり考えもせず適当に作ったら カードがぎりぎりのサイズ!
これでは ファスナーを開けたらカードが出てしまいそうなので
大きく作り直しました。
ファスナーはフリーススタイルファスナーを利用しました。
これで二つ折り財布の大きさと同じくらいです。

炬燵で作るということは 手縫いということで
久し振りにすべて手縫いで作りましたが あ~~~! 面倒だった!

>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(6)
2015/03/02

残布処理

残布

もう3月!
早いですねぇ~
そして またひとつ歳を重ねることになりそうです。
今更 何歳になるかなんて どうでもいいことで
取りあえずは 肺炎ワクチンは無料ではないし、
後期高齢者の括りにはいましばらくの猶予がある、という状態でしょう。

前回の赤いボタンを付けたトートのピースを繋げた時
何故か? ピースが沢山余ってしまいました。
そこで 考えることもせずに 得意の 「マ、イイカ!」
生徒さん達はしっかり考えて繋げて来て 「余らなかったわよ」

このまま残すと まさに 「不良在庫」
そこで 裁ち落としも大きさを揃え・・・・・

残布でショルダー

背面も作り、刺繍糸でザクザクとキルティングして ショルダーにしました。
出来上がるまで まったく寸法も測らずに 超テキトー
後ろにファスナーポケット、中にも付けて 使い勝手よく。
大きさもちょうど使いやすい大きさになったし
満足、満足。

>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(2)
 | HOME |