2016/02/29

三回忌

自由学園1

昨日は義兄の三回忌で池袋まで行ってきました。
これが無事に終われば とりあえず一段落と思ったら・・・

本堂で読経の時、 ふと見ると 卒塔婆の名前が違っているではありませんか!
私の姉妹ならともかく、義兄の妹さんお二人の苗字と名前が入れ違っているのです。
このお寺は我が家の菩提寺と違い、何かと厳しく言われ
卒塔婆も 10日前までに 名前、振り仮名をファックスするのです。
読経の間中、私がファックスするときに間違えたのかしら、妹さん達に謝らなければとか、
これから直していただけるのかしらと思うと気が気ではありませんでした。
本堂での法要の後、事務の方に恐る恐る話すと すんなりと「後で書き直します」
この方、いつも愛想の一つもない人なんです。
マ、これで一件落着、ホッ。

お天気もいいし、皆と別れた後、 娘と寄り道をしました。
フランク・ロイド・ライトが設計し、重要文化財となっている自由学園 明日館です。
私は以前にも来た事があり、UPしたかも知れませんが
内部をくまなく歩くのは初めてなので もう一度。

自由学園2

大正10年に建てられましたが 予算が僅かだったので安い木材と大谷石を多用しています。
窓のデザインなどはとてもモダンですが 
学校なので昼間だけの使用ということで 照明はなかったそうです。
マリオネットはライトが80歳の時をモデルに作られたのだとか。

針の合間に・・・ | Comments(2)
2016/02/24

BORO

BORO 1

寒い毎日ですね。  風邪など引いていらっしゃいませんか?
花粉症のご同輩、つらい毎日ですが まだまだ先は長いですね。

昨日は年に一度の健康診断を終えて、ヘヤーカットに行き、
普段ならこれで家に帰るのですが 脚を伸ばして浅草まで行ってきました。
(どこまで伸ばすんじゃ~と言わないで)
身長も体重も去年と全く変わらず、、、ということは IBM じゃなくて BMI ?も相変わらず。
ま、悪くなっていないということで よし!
ここしばらく 天丼が食べたぁ~~い!と思っていましたが じっと我慢の日々でした。
さぁ~解禁!

浅草に東北地方の民具のコレクションを展示しているミュージアムがあり、
以前から行きたいと思っていたので 天丼食べに・・あれ? どっちがメイン?

BORO 2

一寸の切れ端も捨ててはいけないと言われ、何重にも縫い重ねられて
刺し子はとても細かく、これを囲炉裏端で夜なべ仕事にしたのかと想像すると
女性たちの辛抱強さがしのばれます。
鮭の皮で作ったブーツは靴底にはエラを滑り止めに利用しています。

この頃では 海外でこれらの「ボロ」が "BORO"として注目されています。
こんなボロ、こんな汚いものとたぶんほとんどが捨てられていたと思います。
よくぞ 収集してくださったという思いです。
私たちは「おしん」でしか このような世界を知らず、
多分、いまでは体験した人もいなくなってきたことでしょう。
もしいらしても 恥ずかしいことと思われていたと思います。
でも、これも日本の文化、歴史の一部ですよね。


>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(4)
2016/02/20

ニットカフェ

ニットカフェ

東海道線の藤沢と辻堂の中間の工場跡地に複合商業施設が出来たのは数年前?
2階建て3棟の1階部分はほとんどが 蔦屋。
料理本のコーナーには 調理道具や食材、近くにはショップがあり、
アウトドアのコーナーには ザックやシューズが雰囲気を盛り上げ、
ショップも近くに、と店舗ごとに仕切られていない面白い空間です。
スタバのお茶を飲みながら ゆったりしたソファで本を読んだりと
近くにあったら毎日でも通いそうな危険地域?

そこの2階で 東京や京都の毛糸屋さんが集まって ニットカフェが開かれました。
土曜日は天気が崩れる予報だったので 急遽午後から行ってきました。
市ヶ谷のKも 丸の内のMも参加しています。
WSは私が知ったときは予約でほとんどが埋まっていました。

珈琲やパンを口にしながら 編み物をする。
なんとゆったり楽しい時間なんでしょうね。
キルトでもこんなイベントがあるのでしょうか?
手縫いならできるでしょうが、キルトは編み物に比べて道具がいろいろと必要ですからね。

アメリカではキルティング・ビーと言って 
一枚のキルトを皆でキルティングするというしきたりがありますが
日本では 「自分の作品」という意識が強いのでしょうか?
なんでも真似をしたがる割には 根付きませんね。


キルティング・ビー
(FBで紹介されていたアメリカのキルティング雑誌の画像)



針の合間に・・・ | Comments(6)
2016/02/16

確定申告

クリスマスローズ

昨年の工事で地植えから鉢に植え替えていたクリスマスローズが
おとといの暖かさで花が開きました。
花丈が低いので 地植えだったら気が付かなかったかもしれません。
今年こんなに健気に頑張ってくれたら 来年は??

今日から確定申告が始まりました。 
年金以外に僅かですが収入があるのですが
ざっと計算すると・・・申告はいいかなぁ~~と。
すると、長年会計事務所にいた友人が
「ダメ! 結果、納税額がゼロでも申告しておかないとあとが面倒になる」

去年申告する分は 整理して記入するだけだったので 楽でしたが
今年の分は 証明書も資料も中を確認しないまま、引き出しに入れたまま。
なんと医療費の領収書の多いことか!
義兄の申告をしていた頃は なんて多いのと内心呆れていましたが 負けてはいません。

昨日、税務署に用紙をもらいに行き、今朝 2年分を提出してきました。
今までは プレハブの建物があったのですが 今年はありません。
ん?ん?  申告する人が減ったのかしら?
いいえ、PCでオンラインで申告も出来るし、
PCで記入、計算もしてプリントアウトして郵送という方法もあるのですね。
私はアナログ派!
手書きで記入し、歩いて提出!

すっきりして 駅前でパンを買って帰りました。
確定申告

去年?だったか 駅前のこの店がパンの販売を始めました。
二の鳥居の脇にあった鰻屋さんが閉店するとすぐに新しいビルを建て
そこは洋菓子の店にするし、経営者が若返りしたのかしら?
英語、中国語で応対する店員さんもいて
旧正月の休みの時はこのパン売り場は行列!
今日は空いていたので 初めて買ってみました。
駅の周りにはパン屋さんがたくさん!
ここは場所は抜群ですが さて・・・競争激化でみなさん大変でしょう。

野沢菜のおやき、ドライトマトのゴルゴンゾーラのせ、
期間限定梅餡のキューブパン、なんたらレザン。
針の合間に・・・ | Comments(2)
2016/02/12

姉の卒寿

姉の卒寿

今日は老人施設にいる姉の90歳の誕生日です。
時折、霧雨の寒い日でしたが 施設入り口にある桜はすでに散り始めています。
去年の今日はちょうど満開だったので 今年は早いようです。
途中の道でもみかんが実り、白梅、紅梅が見事に山を彩っていました。

昼食に行くのは大体真鶴駅前のお寿司屋か、湯河原温泉入り口にある磯料理屋。
今日はちょっと冒険してほかの店に行ってみました。
真鶴漁港の奥の磯料理です。
選んだのは「朝漁れ刺身定食」
これが大当たり大当たり!
これに茶碗蒸しが付きますが サザエの刺身の美味しいこと、イカは甘いし、満足満足。
姉はごはんとみそ汁は手を付けませんでしたが あとはつまもすべて完食。
相変わらず、見事な健啖ぶりです。
リピーターになりそうな予感。

姉の部屋の脇にある白木蓮の大木はもう綻びはじめていました。


針の合間に・・・ | Comments(2)
2016/02/08

帽子を編む

帽子 ’16

凍えるような寒さ、なんていうと北国の方に笑われてしまいそうですが
今朝はキーボードを打つ手がかじかんで
外では 寒修行の雲水さんの声も聞こえます。

去年、今年と靴下を編みました。
今年は子供の頃から出来なかった三角まちをマスターしたので これで靴下は終わり!
と思っていたら あちらから、こちらからと靴下用の毛糸が送られてきました。
私は完成品の方がうれしいんですけどね。   ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

ネット友から聞いた「つま先から編む」や「左右同時に編む」に興味をもって
図書館で借りてきて 研究です。
ふ~む、80㎝の輪針がいるのね、とポチ!
どれも編みたい作品ばかりですが ここで現実に戻りました。
とりあえず靴下は来年に回して、、、、、
セーターの残り毛糸でベトナムの子供たちに帽子を編もう!

帽子’16-2

残り毛糸はごくごく僅か、使い切ったと言えるでしょう。
ボンボンがちょっと大きいので 送る前にもう少し小さくしようと思います。




>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(2)
2016/02/02

お雛様

お雛様

2月に入り、本格的な寒さになりました。
1月に出していた羽子板を片づけたついでにお雛様を出しました。
え? 早い?
いいのです。
私も考えました。
我が家の娘たちがいつまでも家にいるのは・・・・・
毎年 ぎりぎりまでお雛様を出さず、仕舞うのはぐずぐずするのが原因ではないかと。
初詣の時には神頼みをし、今度は言い伝えにも頼り、願っているのです。
はよ 出て行ってくだされと。

寒いと朝こたつに入ったが最後、一日動かずに済むことをしたくなります。
その結果、細かい用事がたまってしまい、今日は朝から外出。
久しぶりに映画を見ようと辻堂まで行ったのですが
改札を出たところで眼鏡をしていないことに気が付きました。
家の中ではしていないので さほどの不自由はないのですが
見ようと思っていたのはトム・ハンクスの「ブリッジ・オブ・スパイ」
字幕が読めないといけないので 邦画にしようかとも思ったのですが
定年間近のお巡りさんのアクションも痛々しいし、サユリストでもないし、
多少字幕がボケていても やはり・・・・。

米ソ冷戦時の東ベルリンでのスパイ交換交渉の話です。
民間の敏腕弁護士がソビエト、東ドイツ政府と交渉し、
ソ連スパイ一人とアメリカ軍パイロット、アメリカ人学生と交換する実話です。
こういうストーリーが大好きです。

お雛様の後ろに金屏風があるといいのだけど・・・・見つかりません。


針の合間に・・・ | Comments(6)
 | HOME |