2016/03/30

骨董市

骨董市 1

数日前、北区にお住まいの友人のご案内で 
赤羽近辺、浦和の骨董市を探索してきました。
若い頃、品川まで通勤するのに京浜東北線を利用していましたが
その終点が 赤羽、浦和、大宮・・・。
なので とても遠い印象を持っていましたが 
今では 湘南新宿ラインで1時間強の日帰り旅行気分?

赤羽のイタリアンでランチ、ぶらぶら散歩のあと
浦和の調(つきのみや)神社境内で開かれていた骨董市へ。
日の出から開かれているので ランチ後にのんびり行ったのでは
店じまいの時間帯!

地元の龍口寺でも毎月骨董市がありますが
在庫整理の毎日では 目の毒。
ということで ここしばらくはご無沙汰でした。

今回も イカン、イカンと思いながら 買ったのは上の3点。

骨董市 2

半幅の帯がまだ何本もあるというのに、、、、。
さて、この片口は何をいれましょうか?    ワクワク
ショー&テル(小物) | Comments(2)
2016/03/25

アラナイ

映画

何度か書いていますが わが町には映画館がありません。
が、映画を上映する団体があります。
一つは新作ではないけど 話題になった作品を
もう一つは 商業的な映画館では上映されない ドキュメンタリーを
シニア料金よりもお安く上映しています。

今月はその二つの映画会がどちらも面白そうで 先週、今週と行ってきました。
「ジャージーボーイズ」は去年(?)封切られた話題作。
フォーシーズンズの結成からの話ですが 彼らの曲が全編に流れて 
オールデイ好きには堪らなく楽しい映画でした。

今日は 「シャーリーとヒンダ」
92歳と86歳のシアトルに住むアラナイ(アラウンド・ナインティ)の二人が
「経済の発展」に疑問を持ち、ワシントン大学の聴講生になって追い出され、
経済学者や物理学者の話を聞きに行き、
ついにはNYに行き、ウォール街のディナー・ミーティングに潜入、
大手証券会社のCEOに突撃質問しようとしてつまみ出されるという
これがドキュメンタリーかと疑いたくなるストーリーです。
電動車いすや歩行器を押しながら 体は衰えても
衰えない知的好奇心、行動力に敬服!

キルトの先生だったシャーリーは シアトルの南、ポートランドにお住まいですが
まさにこの二人のように バイタリティのある人で彼女を見ているようでした。

アラフォーやアラカンは聞いたことがありますが アラナイはお初。
アラコキ(70歳前後)やアラハン(100歳前後)というのもあるのだそうです。

この頃ではあちこちの痛みや物忘れに年齢を感じることもしばしば。
昨日も 上映会場に行って人の気配がないので 間違えたことに気が付きました。
冷蔵庫には買ったのを忘れてまた買ってしまい 人参が2袋!
同年輩の友人たちも 「ある、ある!」
めげずに余生を楽しまねば!!



>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2016/03/22

春分旅行

高雄

連休を利用して娘たちと台湾・高雄に行きました。

え? 何か? ご不審な点でも?

それでは エジプトにしましょうか?

エジプト

まだお疑いなら パンテオンでもピサの斜塔でも ご用意できますよ。

何しろ、浅草から2時間強で テロの心配も、言葉の不安もなく
お安く 世界の建造物が観られるのですから。

旧帝国ホテルは 明治村に正面部分だけは保存されていますが
全容を見られるのは ここだけかもしれません。

旧帝国ホテル

保養所というところは ほとんどというか一度しか泊まったことがありません。
若い頃勤めていた会社は 慰安旅行(今や死語!)は職場ごとで
日帰りなら ○千円、宿泊なら▽千円の補助が出るというシステムでした。
子供が小さい頃、ママ友がご主人の名前で勤務先の保養所を予約してくれたのですが
何だか、他人様の家に勝手に入ったようで、、、オチツカナイ。

今回は 娘の勤め先がある区の保養所で
区内に在住、在勤の人が格安で泊まれます。
在住の方が優先でしたが 予約出来て ”ラッキー♫”と思っていたら
なんと 大きな施設に 宿泊は私たちを含めて 2組12名のみでした。 (笑

1日目は日光東照宮に行き、二日目に鬼怒川の東武ワールドスクエアです。
すべてが 25分の1の縮尺で作られているので 
大きさが比較でき、現地では見ることの出来ない方角からも見られるし
なかなか楽しめます。

スペーシアで浅草に戻り、夕飯には天丼で先日のリベンジ!
でも、昔の懐かしい天丼はこんなお味だったのかしら?
ちょっと 😞でした。

天丼
針の合間に・・・ | Comments(4)
2016/03/18

花粉攻撃

仮囲い

改修工事で長い間覆われていた段蔓の仮囲いが外され始めました。
石積みも積みなおし、以前の桜は全部抜かれ、新しい桜に植え替えられました
石灯籠が沢山並び、石材屋さんの営業攻勢が強かったのかと想像してしまいます。
発泡スチロールみたいというと 友人は排気ガスですぐ黒くなるわよ。
右手奥に本殿の屋根が見えますね。
桜は僅かにつぼみが膨らんではいますが 数年は期待できそうもありませんね。
4月から通れるようになるようです。

数日前、東京に行き、あれこれ、あちこちと用事を済ませました。
まず、ちょっと早かったのですが 四谷の菩提寺に墓参。
お寺から徒歩で市ヶ谷の防衛省の斜め向かいにある毛糸屋さんへ。
来月から浅草橋に引っ越すので ついでに行かれるのは今回限りです。
毛糸は買いません! でも ちょっとかわいい物に手が伸びて・・・。

東京駅に出て、三菱一号館で開かれていた「オートクチュール展」に。
この頃ではどこの美術館に行っても シニアの方を大勢見かけるのですが
今回は客層がちょっと違って おしゃれな女性が多かった。
イブニング・ドレスやアフタヌーン・ドレスのどれも 手間の掛かった手仕事が。
刺繍、ビーズ、ブレード、レース、ニット・・・・。
イギリスの伯爵家を舞台にしたドラマに出てくるようなドレスが並んでいます。

その後は東京駅地下のショップへ。
ネットで買いたい物があったのですが 実店舗で色を確かめたかったのです。

三菱一号館で

順調にすべての予定をこなして 満足して帰宅したまでは良かったのですが
その夜から大変です。
薬を飲んだのに 鼻水タラ~~リ、くしゃみは連発、目はショボショボ。
翌日も一日中薬の効果もなく 鼻にティッシュを詰めて 本を読んでいました。
都会の花粉は強烈です。
参りました。

針の合間に・・・ | Comments(3)
2016/03/10

帯でトート

帯でトート 1

去年の秋、母の博多帯でトートを作りました。
それを見たキルトの先輩のKさんが「もっと簡単に作れるわよ」と。
それは パッチワークでは四角繋ぎを斜めにしたバッグのバリエーション。
ふ~~む、これなら作れるかな?

半幅の帯が沢山あるので 試してみました。
つまりこれは まねっこバッグとでもいいましょうか?

帯でトート 2

左の2点はポケットを付けましたが 
グレーの博多帯のバッグは 残布でポーチを作りました。
どれも 帯1本を使い切り、 すっきり ♬
まだ 独鈷の帯が何本かあるので そのうちに・・・・。
そんなに作ってどうするの? 


>>続きを読む
ショー&テル(小物) | Comments(2)
2016/03/05

永久保存版?

本

すぐ近くに図書館があるので この頃ではめっきり本を買わなくなり
興味のある本はまず 図書館で借りて、
手元に置きたい、何度も見たいと思うものだけ購入するようになりました。
先日も キルト関係の洋書を段ボール2箱 ある団体に贈りました。
スペースが空いたからという訳ではありませんが この頃購入した本を紹介させて下さい。

「物には心がある」
 先日浅草のミュージアムに行ったときに買った 田中忠三郎さんの著書です。
 下北で生まれ、育った氏の生い立ち、縄文土器発掘のいきさつ、「BORO]との出会いなど
 その情熱、愛情が伝わってきます。
 本自体も今時の立派なハードカバーではなく、その上のカバーもなく、裏表紙はクラフト紙、
 中はわら半紙と 氏の思想を体現しています。
 ISBNはないので 流通はしていないのかもしれません。

「かまくらパン」
 鎌倉はパン屋さんの激戦地のようで 駅周辺の24店が紹介されています。
 多くがハード系のパン屋さんで 酵母は○○、粉は▽▽産の××とこだわりの店です。
 半分位の店は購入したことのある店ですが 
 こちらに紹介されていない好みの店もあります。
 本を見ながら ぼちぼちと踏破していきたいと思いますが 
 あまりこだわられると門外漢の私は 「あ~~さようでぇ~~」と後ずさり?

「世界の手芸店」
 この本は夢をバキュ~~ン!と大きく膨らませてくれます。
 NY、ロンドン、パリ、ミラノ、ストックホルムの手芸店が紹介されています。
 あ、この店行ったことがある! なんていうのもありますが
 この本を持って ロンドンにも、パリにも、ミラノにも行きた~~い!
 好きなことが共通していれば 言葉なんて判らなくても大丈夫 (^_^)v

>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(4)
 | HOME |