2017/02/07

二度・・・目

二度目

先週 右目の手術が済みました。
白内障の手術をしたというと ほとんどの方が
「綺麗に見えるようになったでしょう?」
経験をされた方からは
「顔のシミやしわがよく見えて すぐにパックを買いに行ったわ」とか
「家の汚れがよく見える」とか聞きました。
でも、、、幸いにも手術後もシミ、しわはよく見えないし、家も。。。(^_-)-☆

手術前の医師の説明によると・・・
白内障は50代から始まるが 目の周りから白濁していく人は
自覚するまでに長い年月が掛かり、気が付いた時には進んでいる。
そういう人は 手術後は著しい変化があるが
瞳から白濁していく人は 早い段階で自覚し、
その時期に手術をすると あまり変化は感じられない、とのことです。
私は後者の方なので 今急いで手術をする必要もないが
延ばしたからと言って好転することはない と言われました。

1年ほど前から 煩わしく、視力が急に落ちたことから 眼科に行ったので
それを改善するために手術に踏み切りました。
そういえば、母は「文庫本が読めるようになった」と喜んでいましたが
姉1は「あまり変わらないわ~」と首を捻っていました。
そういうことだったのかと 医師の説明で納得しました。
 
手術前に 靴下を編み始めたのですが
苦手な踵で躓いてしまい、中断です。
去年、友人から輪針で 両方一緒に編めると聞いて 一度試してみようと。

このところ、時代小説を読んでいましたが 佐伯様も、上田様もほとんど読んで
じっくりともう一度読んでみたいとこの本を読みました。
学生時代 この方の作品ばかり読んで 
もちろんこれも読んで一番印象に残った作品です。
作品に登場する少女の名前が気に入って 
『将来結婚して女の子が生まれたら この名前にしよう』と。
10年程経ち、女児を授かって 夫に「この名前を」と言いましたが 即、拒否!
今となれば
「名は体を表す」というか、「この親にして・・・」というか 付けなくてよかった。




針の合間に・・・ | Comments(8)
 | HOME |