2017/05/28

肩こり

グラニーバッグ

細かい針仕事をしていると しばしば「肩凝らないの?」と聞かれます。
「いつも肩凝り状態で 凝っていない状態が判らない」と答えることが多いです。
それでもさらにひどい状態になるのは
肩ひものあるエプロン、ジャンバースカート、前あきベスト等を身に着けた時、
鈎編みでレース糸、夏糸を編んだ時なので 避けています。

上の糸は20年位前にサマーセーターを編んだ残り糸で
裂き織りの経糸にしようと残しておいた糸ですが
友人にニットの本を貰ったので つい編んでみました。
ストールを編み始めたのですが ストールには太いし、
バッグには細いし、足りるかも分からなかったので 麻糸と2本にしてみました。
これで 古い糸と古い持ち手が使えれば こんな嬉しいことはないと。
でも底の細編みで すでに肩凝り!
台湾で買った簡単な器具で肩をもみもみ。
これでだめなら 電動バイブレータの出番でしたが 何とか編みあがりました。

白の麻糸を加えたことで 何となくぼんやりしてしまったので
編んだことのないコサージュを。
マ、この季節、アジサイだと思っていただければ 幸いでございます。

娘 「かわいいね」
母 「使う? あげてもいいわよ」
娘 「う~~ん、歯医者さんに行くときに借りる」
ビミョウ・・・・・・・・。




>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(2)
2017/05/23

あ~~ぁ

こぎんブックカバー2

今月の頒布会はブックカバーでした。
赤地にチェック柄だったのですが 伝統柄が魅力だったので
適当に変更しました。
こうして刺していくと母の古い刺繍糸は減るのですが 
キットに入ってくる糸が残るので 総量は変わりません ⤵⤵ ⤵⤵
思ったより派手で手が進みませんでしたが 何とか終了 (やれやれ・・・)
最後の柄を刺すとき、仕立ての時、しっかり上下、左右を確かめたはずなのに
柄もネームも逆さまに出来上がりました。
マ、見た限りでは判らないから いいかっ!
>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(2)
2017/05/19

お土産

ベトナム・バッグ

アメリカを拠点にして仕事をしている姪が東京出張だったので 先週末に会いました。
先日作ったこぎんのペンケースを渡し 彼女からはベトナムのお土産を受け取ることに。
まるで お土産交換会?
上がそのお土産ですが 仕立ての丁寧さに驚きました。
外の布は持ち手でも分かるように目の粗い木綿ですが 中袋は帆布でしっかりしています。
それだけではなく、 ファスナーの付け方です。
ポーチのように付けると バッグの口にファスナー金具が見えてしまいますが
これは少し下にファスナーを付け、
むき出しになるファスナー布部分は綿テープで押さえ、隠してあります。
認識不足かもしれませんが このように仕立ててあるものを見たことがなく 感心しました。

アジアのお土産というとちょっと粗雑?なものが多いようなイメージですが
中々どうして。

お土産2

土曜日は雨の中、銀座であちこちとショッピング。
街はとある国の方々の多いこと!
爆買いは収まったと聞いていましたが 聞こえてくるのは〇国語ばかり。
ゆりかもめで豊洲まで足を延ばしましたが 目的の物はなくこの日の予定は終了。
翌日は六本木方面!
またあっち・こっちと歩き廻り、 食べて、飲んで、買い物をして
一日目は15,000歩、二日目は12,000歩でした。
月曜日はもちろん、グッタリでした。

画像はアメリカのアーティストが作ったブロンズのシンブル。
姪は私の好みを良く知っているので つい「おばちゃんに・・」と思ってしまうのだとか。
いい傾向です (^_-)-☆
六本木でエネルギー補給をしたあれこれ。
針の合間に・・・ | Comments(2)
2017/05/07

古作こぎん

そらとぶ

やっとGWも最終日となりました。
天気が崩れることもなく、行楽日和の毎日でしたね。
皆さまはどのように過ごされたのでしょうか。
わたくし? 聞きますか?
毎度のことですが 半径500mの範囲でうろうろと生活しておりました。

4月25日にこぎん関係の雑誌が創刊されました。
FBで仙台の友人がUPしていて知りました。
通販大手Aでも扱っていると聞き、さっそく検索しましたが すでに「在庫切れ」
近所の書店に行きましたが 「扱っていません」
と、くだんの友人がわざわざ送ってくださいました。
A5版で50ページ足らず、小冊子と言ってもいいような本ですが
内容は十分に充実しています。
これからが楽しみですが 次号は来年だとか。
月刊誌ではなくて 年刊誌? 
こんな処も 何だか津軽のこつこつ仕事に共通しているようで 好感が持てます。

中に コレクターが保存していた「古作こぎん」(明治20年代以前)のチャートがあり、
早速刺してみました。
布はなぜか刺繍糸の箱に入っていたコングレス。
今回測ってみると、なんと 1㎝に7目とお誂え向きです。
母の遺した刺繍糸を減らすのにいい機会と刺したのですが
地布の色、たくさん残っていた糸の色と折り合いが悪く、よくありません。
あ~~ぁ。  この頃こういうことが多いのよね。  (ブツブツ・・・)

そこでリベンジと
古作こぎん 2

濃紺に淡いピンクの糸です。
この糸も沢山あり、束の両端が変色しています。
刺し難かった濃色も慣れたせいか 針先の感覚で分かるようになり 随分と楽に。
手持ちのキルト額に入れてみました。
やはり、こちらの方がいいですね。

この「海ごはん」も本と一緒に送られたふりかけです。
もちろん、ふりかけでも美味しかったのですが
いたずらしてご飯に炊き込んでみました。
蓋を開けたときは一面のわかめで ギョッ!
でも 磯の香りがして 中々にいいアイデアと自分を褒めてあげたい。

ということで 私のGWは 読書、こぎん、草取りの日々でした。

息抜きも針仕事 | Comments(4)
 | HOME |