2017/01/11

アボリジニ

タブレット・ケース

コロンブスがアメリカを発見(?)する前に すでに原住民がいたように
イギリス海軍のクックがオーストラリア大陸を探検する前から
原住民(アボリジニ)がその地にはいました。

私が初めてアボリジニ・アートを見たのは 10年位前、サンディエゴでした。
小さなギャラリーでの個展でしたが とても印象的な作品でした。
今回、オーストラリアに行くなら何かアボリジニ柄の物を、と思っていましたが
ブーメランはいらないし、ということで
i-pad ケースを買ってみました。  (A)
私のタブレットには少々大きく、半分を眼鏡ケースにしようかと思案。

数日後、シドニーの図書館のショップで ちょうどいい大きさのポーチを発見。
ファスナー口が小さいので 駅伝を見ながらファスナーを付け替えようと
暮れのうちに買っておきました。  (B
なんて 段取りがいいんでしょう ♪

ところが、一日のこと、
娘1が スマホを買い替えにショップに行くというので ついていきました。
私のタブレットは娘1がそれまでのスマホを買ったときの抱き合わせ購入です。
名義を変えて貰おうと思ったら、 今回は抱き合わせ 0円 !!!
つい 気持が動いて 首を縦に振っていました。

そこで問題発生!
ハイ、お判りですね。
大きさが違ってしまったのです。

仕方がなく 今度のタブレットに合わせて 100均で クッションケースを購入。(C
友人が ニットで作ったケースを見せてくれたのが 暮れのこと。
私は シドニーで買ってきたアボリジニ・プリントで作ってみました。 (D
大きさに合わせて袋を作り、ファスナー部分にまつっただけです。
100均、恐るべし。

というより、自分の無計画ぶりにわれながら呆れております。
オーストラリア 2016 | Comments(2)
Comment
Mrs.moon さんへ
AとBは、、うーん、no idea.
何か考えつくまで 仕舞っておきましょうか。
友人から見せて貰うまで こう言うものがあることも知りませんでした。
大きさも色々とあるのよ。
No title
それぞれにどれも雰囲気の違うポーチが面白いですネ。
sea breezeさんはどれも無駄にする事はないのでA、Bはどんな風に変わるのかしら?

しかし100均のクッションケースは良いアイデアね!
思いつきもしないワ。

管理者のみに表示
« 向かい鶴菱 | HOME | 手芸店 »