2017/03/05

輪編み針

輪針

去年の秋に迷いに迷って輪編み針のセットを買いました。
迷ったのは すでにいつも使う輪編み針は持っているのに 今更?
メーカーがいくつかあるけれどもどれが使いやすいか、という点です。

数年前から ボラン・セーターは輪針で編んでいます。
首周りの作り目をして、 1:2:1:2 の割合で分け、
ひたすら増やし目をしていくと 脇まで出来上がるという簡単さ。
そこから 見ごろ、袖とそれぞれ輪編みしていくと ハイ出来上がり!
綴じる手間もないし、糸の始末も少なくて済みます。
なんと私向きなのでしょうか!

すでにバラでいくつかを買い、自分なりのセットを作ろうと思っていた K社製は
詳しく聞くと すこし難点が、、、それに私の手には針が短いのも気になるし。
去年の秋に横浜であったクラフト・フェアに毛糸を持参し、
T社のブースで試し編み、色々と伺ってこのメーカーに決めました。

下の編み込みのセーターから使い始めました。
慣れたら 40年以上前に買った棒針のセットはいらないかも?
でも、、、さっさと捨てるのはちょっと待って。
実は以前、もう使わないだろうと思ってかせ繰り器を捨ててしまい
今では時々友人から借りることに。 
捨てなければよかったと後悔しています。

ということで、2玉づつの残り毛糸がもう一枚分くらいあるので2枚目を。
朗読CD

図書館であるシリーズ本を借りると、それは2,3,4で 1がありません。
検索してもないので カウンターで聞くと 「廃棄処分」
県の図書館から借りるか、大活字本になると聞き 在架の大活字本を借りてみました。
文庫本との比較でわかるように、活字が大きいのはもちろん、行間もゆったり。
眼鏡なしで楽に読めます。

朗読CDも見つけたので こちらも借りてみました。
本を読む、手仕事をするというのはどちらか一方しか出来ませんが
この頃では「ながらニット」という言葉もあるらしく
朗読を聞きながら 手仕事をするというのは 実に私向き!

家で仕事をしていた頃は いつもMカセットやFMを聞いていたので 同じですね。
静かな部屋で朗読を聞きながら編み物をしていると とても捗ります。

ただ、大活字本も朗読CDも 量としてはあまり充実していないこと、
CDは60分前後と 聞き入っているとすぐに終わってしまうことが難点でしょうか。
3,4時間のCDがあるといいのに。
息抜きも針仕事 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示
« 油壷へ | HOME | 為せば成る »