2017/04/16

グラデーション

グラデーション

いよいよ、半年分ほど溜めていたこぎん刺しのキットも先が見えてきました。
と言っても天邪鬼が出てきて 素直にレシピ通りにはなかなか作れません。
こぎん用の糸というのは以前からありますが
頒布会の趣旨はDMCが出したグラデーションの刺繍糸を使って作るということの様子。
淡色ばかりのグラデではあまり変化が判らなかったり、
逆に濃色のグラデだと 主張が強くて こぎんの柄が活きていなかったり。
この眼鏡ケースもピンク系の糸でしたが そればかりだと柄が判り難いので
手持ちの糸に替えて刺しました。
がま口って苦手。
ましてこんなに小さな口は あちこちボンドだらけになり、
やっと付けたと思ったら がま口が逆で エイヤっと外してまたボンドだらけに。
老眼鏡を作った時に眼鏡屋さんがくれたケースのファスナー、可愛い!

下は紋入り亀甲を作った時に手持ちの布を使って余った布を利用しました。
大きさが大人の休日倶楽部の手帖にぎりぎりだったので
図書館から借りた本から図案を頂きました。
やはり、濃色の生地は楽ではありません。
25番刺繍糸を6本取りで刺すので消化が早く 
古い糸の整理には最適ですが 手間が・・・・。
刺す度に 津軽や南部の女性たちの仕事に頭が下がる思いがします。

由比ガ浜 
息抜きも針仕事 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示
« ペンケース | HOME | さくら »