2017/07/27

トロントへ

トロント1

いよいよ最終目的地トロントです。
モントリオールからLCCでの移動ですが 
日本でチケットを買う時に国内線は「座席料」(約$40)が必要だとか!
飛行機はすべて座席指定じゃないの? 立ち席なんてあるの?
その上、モントリオールからPEIへの移動では荷物料として$25!
不思議なことに PEIからトロントへの移動では荷物料はなし???
とにかく 今度はアナウンスを聞き逃さないようにして無事到着。

個人旅では空港からの移動も自力、バスが待っていてはくれません。
空港から主だったホテルへのシャトルバスがありますが
安くないし、運が悪いとあちこちのホテルを廻って長い時間が掛かる。
そこでまず、ダウンタウンへ電車で行くのですがここで第一の試練。
切符を買う。 
街に着いても 今度は地下鉄の切符を買う。
これがその都市毎にシステムが違うのです。
右上はモントリオールのICカード、スイカと同じです。
下左はトロント空港からユニオンステーションまでの
Airport Expressのシニア・チケット。
地下鉄ははじめは判らずにトークンを買うのに う~~~ん、悩む。
その内に回数券が割安と判り、シニアの回数券。
なんにせよ、乗車してから現金で買うことはまず出来ません。

トロント 2
 
アメリカ・NY州に友人がいます。
彼女とは横須賀のキルトグループのお仲間でしたが 2000年に帰国し、
'02, '05にアメリカに行った時に会って以来、しばらくして音信が途絶えていました。
どうしているかと気になり、時々FBで検索したのですが 見つからず諦めていました。
それがある時、友達申請が来たのです♫
メッセージを読み、顔写真を見て(@_@) Pさんだぁ~!
20人以上の私と同姓同名の中から 見つけ出してくれたのです。
今回、旅行中にFBにUPしているのを見てくれて 急に会うことになりました。
5時間も一人で運転してトロントまで来てくれました。

その彼女とセント・ローレンス・マーケットに。
Pさんとは12年振りですがちっとも変っていません。
私達が生牡蠣を食べたいと行ったので、付き合ってくれました。
産地毎に2個づつ、一個1,90ドル、殻剥きが25セント。
ホースラディッシュを付けて食べてみましたが これがなかなかイケる。
お刺身もわさびを付けるのだから 同じようなことですね。
左下の鶏は彼女のバッグ。 ヘンリエッタと名付けたのだとか。
FBが再会を手助けしてくれました。

カナダ 2017 | Comments(4)
Comment
Mrs.moon さんへ
本当に😱😱☀
毎度これでまずアタフタね。
タクシーを使えば楽だけど 
これも個人旅行の醍醐味だと思うしかないわ。
機械に向かったら 買うぞ❗と気合いを入れるとか(^_-)✴
No title
空港へ到着してまず最初の関門がこの市内行きのチケットの購入。
この時点で海外に来たんだな!と思います。
私は一回で買えたためしがないワ。
何度も挑戦してやっと買えてヤレ、ヤレってな感じ(笑)
seabreezeさん頼みです!
慣れた頃には移動だし、現金持ち歩かずに済むのは良いけれども、異国での機械操作は単語も理解出来ず苦手だワ。
Ahra さんへ
「身が軽い」そのお言葉に敏感に反応します (´▽`)
何しろ現実は大違いですから。
勿論、フランスパンも、BAGELも。
やれやれ
やっと帰って来る(来た)か(^^;
ったく、糸の切れた何とかのようにふんわりとどこへてせも出かけてしまう、その身の軽さ、って嘆賞しておくことにしますか。
そうなんだ、カナダはフランス語圏でもあったんだよね。
で、フランスパンは健在でしたか(^^;

管理者のみに表示