2017/04/27

ペンケース

ペンケース

一番初めに送られてきて ギブアップしたペンケースです。
単純な柄のようで 微妙にずれていてリズムが掴みにくく
覚えたと思って刺していくと 次の段に来て間違いに気付くという難物でした。
溜まっていた物の中の最後なので 今回はレシピ通りに作ろうと決心。
でも、細かい柄に何度も簡単にしてしまおうかと 悪魔のささやきが。
何日もかかってやっと刺し終わりましたが
ここでまた難物のがま口!
12点のうち、3点ががま口で ファスナー口は1点もありません。
ファスナーの方が簡単と思うのは 私だけなのでしょうか?
ペンケースといっても大きいです。 
こんなに筆記具を入れて持ち歩くだろうか?と疑問ですが 
この大きさ、ほかに使い道が思いつきません。
フ~~ッ、月が替わればまた送られてきますが 
これからは簡単な物が来る予感? 期待?
>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(4)
2017/04/16

グラデーション

グラデーション

いよいよ、半年分ほど溜めていたこぎん刺しのキットも先が見えてきました。
と言っても天邪鬼が出てきて 素直にレシピ通りにはなかなか作れません。
こぎん用の糸というのは以前からありますが
頒布会の趣旨はDMCが出したグラデーションの刺繍糸を使って作るということの様子。
淡色ばかりのグラデではあまり変化が判らなかったり、
逆に濃色のグラデだと 主張が強くて こぎんの柄が活きていなかったり。
この眼鏡ケースもピンク系の糸でしたが そればかりだと柄が判り難いので
手持ちの糸に替えて刺しました。
がま口って苦手。
ましてこんなに小さな口は あちこちボンドだらけになり、
やっと付けたと思ったら がま口が逆で エイヤっと外してまたボンドだらけに。
老眼鏡を作った時に眼鏡屋さんがくれたケースのファスナー、可愛い!

下は紋入り亀甲を作った時に手持ちの布を使って余った布を利用しました。
大きさが大人の休日倶楽部の手帖にぎりぎりだったので
図書館から借りた本から図案を頂きました。
やはり、濃色の生地は楽ではありません。
25番刺繍糸を6本取りで刺すので消化が早く 
古い糸の整理には最適ですが 手間が・・・・。
刺す度に 津軽や南部の女性たちの仕事に頭が下がる思いがします。

>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(0)
2017/04/06

さくら

さくら

あちこちで桜の便りを聞かれるようになりましたね。
今日は千鳥ヶ淵は満開とか・・・。
そこで 昨日、段葛の桜の様子を見に行ってきましたが
去年植え替えられた若木はまだまだ。
近くにいくと ちらほらと咲いているだけで 遠目ではまるで竹箒を逆さにしたよう。
見事な桜並木になるには まだ何年もかかるのでしょうね。
そこで、花より団子と こちらの「さくら」を買って帰ってきました。

頑張って在庫整理しているこぎん刺しは
テーブルセンター、、、だったのですが 1/3を使ってブックカバーに。
やはり、紺地が一番しっくりとしますが 刺すのは大変。
生地が足りずに裏布でやりくりしたり、それでもこれは薄い本専用。

この頃は 昔読んだ本を読みたくなり、この本を。
何度目かで ストーリーも結末も、いくつかの場面も覚えていますが
それでも 時々読みたくなります。
息抜きも針仕事 | Comments(4)
2017/03/28

三拍子

こぎん 手鏡

苦戦したこぎん刺しのコースターで 気が付いたこと。
濃色は辛いお年頃、針が太くて長い。
今度は淡色💛 使い慣れたクロスステッチ針、指貫と条件を改善。
順調に進められました。
手鏡とケースです。

手鏡

手鏡は付属の厚紙をぐし縫いした布で包み、ボンドで貼るだけ。
ケースの一面に刺した部分はほとんど後ろ側になるので
かぶせを大きくしてみました。

(鏡を持って歩く習慣がないので このままお蔵入りかな?)



>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(2)
2017/03/24

コースター

コースター 1

こぎん刺しの頒布会は毎月キチンと送られてきます。
ということで どんどんと溜まってしまうので 
多分、第一回配布と思われる、一番簡単そうなコースターから刺し始めてみました。
ところが、、、、
簡単そうと思ったのは大違いで
織り目を数えて針を入れていくのは クロスステッチと同じなのに 
このややこしさは何?
何度も間違えては解き、それも次の段に行かないと気が付かない。
ということで 始めの一枚が出来上がる頃には 眉間にもしわが完成!
それに こぎん用の針は太くて長いので 案外と親指が疲れる。
3枚目くらいになって、フト、クロスステッチ用の針で刺してみると 
こちらの方が楽と気が付きました。

コースター 2

4枚刺し終わり、アイロンを掛けて仕立てると
う~~ん、なかなか良いではあ~りませんか。 (自画自賛)
生成りとパープルのグラデーションの糸は刺していた時は 
まるで汚れのようでしたが 『プラチナの輝きのよう』  ブィ✌
苦労したのは 生地が濃色だったことにも原因があるような気がします。
>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(4)
2017/03/20

食べ合わせは?

お彼岸

この3連休は毎日好天気であちこち花は咲き、お出掛けには最良の日でした。
今日も日中は18℃と コートも暑いくらい。
娘たちと護国寺、麹町とお墓参りのハシゴをして、楽しみはその後の食事!
今日は四谷三丁目の鰻屋さんへ~
ここはいつも法事の時に仕出しを頼む店なのですが 店には初めて。
子供の頃は 道の反対側にあった鰻屋さんに行ったのですが
先日の法事の時にご住職に伺うともうないとか。
ウフフ… 美味しかったでぇ~~す。

その後はすぐ近くのたい焼き屋さんへ。
行きに路地を覗いたときも行列でしたが 食事の後に行っても やはり行列!
1時間近く並んだでしょうか?
一つは店であつあつをいただき、あとは持ち帰り~。
皮がとても薄くて香ばしく、しつこくない餡が尾まで 『びっしり!』
並んだ甲斐がありました。
マ、おはぎの代わり?
針の合間に・・・ | Comments(2)
2017/03/15

二枚目

セーター

今年のボラン・セーターの二枚目です。
これも2玉づつの残り毛糸の活用ですが
少し大きめに作ったら糸が足りなくなってしまいました。
そこで同じシリーズのブルーが一つだけあったので
もう少し渋いブルーがあればいいのにと思いながら編んでいると
娘が 「それ、合わない。 もらった子が可愛そうだ」とブーイング。
私も合うとは思っていないけど・・・・
得意の寝ながら考えていたら よく似た在庫があるのを思い出し
編みなおしました。
よく見ないと違いが判らないくらいです。
実はクリーム色も2種類の毛糸です。
とりあえず これで今年のセーターはおしまいです。

FB友が以前草木染めをしていた時の毛糸を大量に送ってくださいました。
使われた植物と媒染の札が付いていて ワクワク。
来年のボラン・セーターに使わせていただこうと思います。 (人''▽`)ありがとう☆
息抜きも針仕事 | Comments(0)
2017/03/13

はとバスに乗って

はとバス 1

袋田の滝です。
素晴らしいですね、マイナスイオンがたっぷりですね。
ゴーッという音が聞こえてきそうですね。
でも、これはネットから借用した画像で・・・・・昨日はこんな感じでした。

はとバス 2

素晴らしいですね、謙虚で奥ゆかしくて、チョロチョロという音が聞こえてきそうですね。
嫌じゃ、いやじゃ、こんなの嫌じゃ! と言ったところで 
このところ続いている乾燥注意報では仕方がありません。
雪解け水も期待するほどではなかったのでしょう。 
こんなお姿が見られて ラッキーと思うことにしましょう。

例年、この時期は逼塞状態なのですが
今年は1月中頃から外出を控えていたので 点眼薬が朝晩だけになったのを幸い、
ムズムズとして 娘を誘ってはとバスに。
45年振りでしたが 期待していたバスは黄色ではなく、がっかり。
8時に池袋を出発して最初に着いたのがこの滝。
日本三名瀑の一つで 冬には氷瀑も有名です。


>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2017/03/11

油壷へ

横須賀駅

久し振りの横須賀駅です。
駅舎は立派ですが ホームは1本、それも片側は車止めがあり、
上下線とも片側で併用と、立派なローカル駅です。
どこにも階段がなく、ホームの柱はレールで珍しいのだとか。
20年以上前に姉1が来た時、「昔(戦前のこと)と変わらないわ」と言いましたが
今もあまり変わっていません。
駅舎を出るとすぐ脇が海で 左は自衛隊総監部、右は米軍基地で
右も左も見えるのは 灰色の軍艦、潜水艦です。

どうしてここに来たのかというと・・・
友人とのランチにお迎えを頼んだのです。
手術後の点眼薬もやっと朝晩だけになり、外出もできるようになりました。
でも、視力が落ち着くまで新しい眼鏡を作ることも出来ないので
運転ができないのです。

油壷

マリーナが目の前の絶好のロケーションです。
レストランのほか、陶芸、吹きガラス、染色の工房もあり
それらの展示即売もされています。
三浦半島は右も左もキャベツ畑。
即売所でキャベツを買って また横須賀駅まで送ってもらおうと思ったら
なんと家まで送り届けていただきました。 
暖かい日差しの中で 久しぶりに思い切りお喋りをして 楽しい一日でした。
その上、手術のお見舞いと「ゴチ」になってしまいました。


>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2017/03/05

輪編み針

輪針

去年の秋に迷いに迷って輪編み針のセットを買いました。
迷ったのは すでにいつも使う輪編み針は持っているのに 今更?
メーカーがいくつかあるけれどもどれが使いやすいか、という点です。

数年前から ボラン・セーターは輪針で編んでいます。
首周りの作り目をして、 1:2:1:2 の割合で分け、
ひたすら増やし目をしていくと 脇まで出来上がるという簡単さ。
そこから 見ごろ、袖とそれぞれ輪編みしていくと ハイ出来上がり!
綴じる手間もないし、糸の始末も少なくて済みます。
なんと私向きなのでしょうか!

すでにバラでいくつかを買い、自分なりのセットを作ろうと思っていた K社製は
詳しく聞くと すこし難点が、、、それに私の手には針が短いのも気になるし。
去年の秋に横浜であったクラフト・フェアに毛糸を持参し、
T社のブースで試し編み、色々と伺ってこのメーカーに決めました。

下の編み込みのセーターから使い始めました。
慣れたら 40年以上前に買った棒針のセットはいらないかも?
でも、、、さっさと捨てるのはちょっと待って。
実は以前、もう使わないだろうと思ってかせ繰り器を捨ててしまい
今では時々友人から借りることに。 
捨てなければよかったと後悔しています。

ということで、2玉づつの残り毛糸がもう一枚分くらいあるので2枚目を。
>>続きを読む
息抜きも針仕事 | Comments(0)
« Prev | HOME | Next »