2017/08/16

磯野家と成田屋さん

磯野家

やっとお盆の喧騒が過ぎました。
といっても 例年と変わらず ほとんど家籠りでしたが。
今年は天気が悪く、関東地方では8月に入ってからずっ~っと雨とか。
夏の日差しがないと お米や農作物への影響が心配になってきます。

農家の皆さま、行楽でお出掛けの皆さま、申し訳ございません。 
この天候不順は我が家の娘のセイなんです。
この家に越してからすでに13,4年、
その内部屋が片付いていたのはイタリアに行っていた時だけ!
日々、衣類や本やその他諸々が足の踏み場もないくらいに置かれ、
何度言っても片付くということは ありませんでした。
それが どうした風の吹き回しか、この暑い夏に汗だくで整理し始めたのです。

「エ? いよいよ出て行く気になったの?」  (わくわく・・)
「違う!  断捨離!!」  (今頃? それって2,3年前に流行ったけど)

とにかく、床が見え、机の上が物置ではなくなったのです。


手拭いは浴衣と違って ほぼ90㎝の長さでデザインが完結しています。
いつもは縦だったり、横だったりをあまり気にしていませんが
この柄だけは切らず、横並びのままで使いたくて 考えました。
一枚目は下には肌襦袢の袖口に使うレースがあったので。
二枚目は肩には絵入りの般若心経を。
昔は字の読めない人のために 絵で表していたんですね。


成田屋

こちらは歌舞伎座の手ぬぐいをメインに。
さて、ひと睨みしていただきましょう。

こうして 在庫は着々と減って行くのです、多分、きっと。。。。。。
息抜きも針仕事 | Comments(0)
2017/08/12

夏の定番

夏の定番 1

♪夏がく~ると思い出すぅ~~♪
手ぬぐいの裁ち落としで作ったバイヤステープです。
手ぬぐいTシャツを作るようになって何回目の夏でしょうか?
始めの時は娘たちも「え?」という顔をしていましたが
着てみるとその涼しさを実感したのでしょう。
以来、湯上りの定番となりました。
始めの頃は 色や柄を選んでいましたが
残ったものは 「正義」とか「闘魂」「必勝」・・・・。
と言って 気に入って買った物を切る気にはなりません。
マ、徐々にですが在庫が減っているので(増えてもいますが)良しとしましょう。
上のバイヤステープは襟ぐりに利用しましたが
他にも使えそうな???

夏の定番 2

息抜きも針仕事 | Comments(2)
2017/08/06

ワイワイ・北海道 2

北海道 3

切干大根が大好きです。
味の染みた大根の煮物も好きですが 切干しには敵いません。
出先で美味しそうな切干大根を見つけるとまず買います。
右の2つは数年前に札幌に行ったときに 
札幌駅のどさんこプラザで見つけたものです。
甘くてコクがあり、生の大根とは別物でした。
その頃、ネットで探したのですが見つからず、
札幌の友人にお願いして送っていただいたこともあります。

今回、友人に久し振りに会うのも目的でしたが
密かに これを見つけるのも大きな目的でした。
札幌駅のどさんこプラザに行くと、
ほかのお土産物など目もくれずに乾物のコーナーに。
本当は駆け出したい気分でしたが そこはさりげなく・・・・。
ありました!

でも記憶にあるラベル(右)と売り場のは(左)違うのです!
あらら、、、前のは「厚岸産」だったのに・・・・。
これは見た処は同じようだけどおいしいのだろうか?
見つけたら買い占めようと企んでいたのにィ。
取り敢えず数個に留めておきました。

北海道から帰宅し、早速煮てみると 美味しい!
あ~~ぁ、やはりもっと買ってくれば良かった。
数日してキッチンの引き出しを捜すと 
出てきたラベルには「厚岸」ではなくて 「厚沢部」と。
あちゃ~~! 得意の記憶違い!
行く前にこのラベルを見つけておけば良かった。
何しろ、帰って来てからガイドブックを読むような性格なので。
でも、いいのです!
今度はサイトを見つけました♪
いつでもネット注文出来ます、 イェーイ✌
>>続きを読む
針の合間に・・・ | Comments(2)
2017/08/03

ワイワイ・北海道 Ⅰ

北海道 1

カナダから帰宅して10日あまり・・・北海道に行ってきました。
お昼頃、新潟からフェリーに乗り、小樽には翌日早朝4時半に着き、
札幌、小樽と温泉に二泊、ちょこっとWSをし、また小樽から船中泊で新潟へと
暇だけはある年金生活者でなければ取れないコースでした。

地中海クルーズとはいきませんが 3月に就航したばかりのフェリーは
中はホテルのよう、大浴場や露天風呂もあり、飽きさせない工夫も様々に。
小樽では地元の人が行く市場でまず朝食、
20年前に行ったことのある鰊大尽の別邸、水族館と行き、
札幌で友人と待ち合わせて 友人の地元の温泉に。

北海道 2

東京、新潟、札幌の友人ですが いつもネットで繋がっているので
久し振りの感じがしません。
ペンギンの遠足を見て、いくらたっぷりの小樽丼を食べ、
ブラブラ運河を歩き、遠い記憶にあったランプのカフェを見つけ。
鰊御殿のしゃちほこはしゃちではなくて船の帆なんですよ。
針の合間に・・・ | Comments(2)
2017/07/31

1day tour

暑い毎日ですね。
今日で7月が終わりますが まだ8月が、それに残暑の9月が~~。
気が遠くなり、記憶もどんどん遠ざかっています。

さて、色々とハプニングのあったカナダ旅行でしたが
ナイヤガラ瀑布の一日ツアーは圧巻でした。
滝はアメリカ側から落ちているので カナダからは正面に見ることができます。
それだけでも興奮する景色なのに、船に乗って滝の下まで・・・。
上階は暴風雨のようになると注意され、下階でも立ったところが先頭。
ポリ袋のようなポンチョが配られるのですが 十分台風中継の気分です。

    滝

涼しくなりましたか?
>>続きを読む
カナダ 2017 | Comments(0)
2017/07/27

トロントへ

トロント1

いよいよ最終目的地トロントです。
モントリオールからLCCでの移動ですが 
日本でチケットを買う時に国内線は「座席料」(約$40)が必要だとか!
飛行機はすべて座席指定じゃないの? 立ち席なんてあるの?
その上、モントリオールからPEIへの移動では荷物料として$25!
不思議なことに PEIからトロントへの移動では荷物料はなし???
とにかく 今度はアナウンスを聞き逃さないようにして無事到着。

個人旅では空港からの移動も自力、バスが待っていてはくれません。
空港から主だったホテルへのシャトルバスがありますが
安くないし、運が悪いとあちこちのホテルを廻って長い時間が掛かる。
そこでまず、ダウンタウンへ電車で行くのですがここで第一の試練。
切符を買う。 
街に着いても 今度は地下鉄の切符を買う。
これがその都市毎にシステムが違うのです。
右上はモントリオールのICカード、スイカと同じです。
下左はトロント空港からユニオンステーションまでの
Airport Expressのシニア・チケット。
地下鉄ははじめは判らずにトークンを買うのに う~~~ん、悩む。
その内に回数券が割安と判り、シニアの回数券。
なんにせよ、乗車してから現金で買うことはまず出来ません。

>>続きを読む
カナダ 2017 | Comments(4)
2017/07/26

シャーロットタウン

PEI

PEI で一番大きな町はシャーロットタウンですが 宿泊施設は多くなく
建国記念日、連休でホテルの予約で友人は苦労したそうです。
(私はいつもおんぶに抱っこ、肩車で・・・)
旅行前に予約してくれたモテルの住所をG-mapで見ると・・・
あちゃ~~! 大分離れているし、バスが近くを通るかも判らない。
マ、いつもの当たって砕けてどうにかなるさ、と行ってみると 
15分ほど歩くとバスに乗れるとか、、、、やれやれ。

週末には露店も出て 木工製品やジャムが多かったのですが
年配の女性はご自分で作られたフックドラグを売っていたり
編み物をしながら店番をしているお姉さん、
そして、街角には必須アイテム、COWSのアイスクリーム!
私が選んだのは COWNADIAN MAPLE と WOWIE COWIE のダブル !
何だか分からないでしょう? 私も判らない? 
でも メープルがとろ~~と出てきて、、めちゃめちゃ美味しかった。

お・ま・け
ナンバープレート

アメリカでもカナダでも 色々なナンバープレートを見ます。
どういう基準でナンバーが決められているのでしょうか?
いつも不思議に思っています。
カナダ 2017 | Comments(0)
2017/07/17

建国記念日

150年

7月1日はカナダの建国記念日、それも今年は150年。
その日を私達はプリンス・エドワード島(PEI)で迎えました。
愛媛県ほどの面積があるそうですが 島内に公共交通機関はありません。
最大の街、シャーロットタウンでも2路線のバスがあるだけ。
そこで アンの舞台、キャベンディッシュには一日ツアーで。
3人の乗客は誰もあの有名な本を読んでいない!
大ファンの娘1から 本もDVDもあるから予習をするように言われましたが。
なので ゆかりの地に行っても どうも盛り上がりに欠ける?

グリーン・ゲイブルズ

部屋にはそれぞれキルト、フックドラグが。
ケースのクレージー・キルトはモンゴメリーが10代の時に4年がかりで作ったそうです。
出来上がった時には すでにクレージーの流行は廃れていたとか。
余り針仕事はお好きではなかったようです。

モンゴメリー縁の地


>>続きを読む
カナダ 2017 | Comments(2)
2017/07/15

フランス語圏

モントリオール1

言っても仕方がないことですが、毎日あっつい~~っ!
気候の良かったカナダから帰宅して、
後半悩まされた咳は日本の湿度が良かったのか
あの、ケバい色のシロップが効いたのか すぐに良くなりました( ´艸`)
幸いにも 12時間という時差にも意外とすんなり元に戻ったのですが
(元々 〇〇ているから自覚がないのかも?) この暑さに何もする気が起きません。

10日以上の旅行をすると 記憶が混乱、薄まってしまうのはいつものこと。
順不同となりますが 覚えていることだけでもUPしてみようと思います。

マルシェ

私達が行くのは まず、マーケット!
モントリオールはフランス語圏なので 「マルシェ」
マルシェの中のクレープ屋さんはそば粉で作る「ガレット」
店に入れば「ボンジュール」
街の表示はフランス語の下に英語。
もちろん、街の人の会話はフランス語でとんとわっかりませ~~ん。
ホテルでもフランス語訛り?の英語がただでさえ判らないのに 聞き取り難いこと。

>>続きを読む
カナダ 2017 | Comments(0)
2017/07/07

トロント ぶらぶら

カーサロマ

どうもお金持ちは高台に住みたがるようで。
第一次大戦後の不況で投資した銀行はつぶれ、
税金は跳ね上がって滞納、屋敷は差し押さえられ 
その後は長く廃墟同然の館でした。
地下鉄もストリートカーも乗り慣れた頃は帰る頃。




重厚な州議事堂。
防弾チョッキのお巡りさんが
5分後にガイドツアーがあると教えてくれたので参加。
でないと玄関ロビーにしか入れない❗
こう言うときは判らなくても参加。

2,3日前から咳が酷くなったので
咳止めを現地調達。
色にビックリ!
カナダ 2017 | Comments(0)
« Prev | HOME | Next »